通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ガラパゴス 上 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
中古品: 良い | 詳細
発売元 くまねこ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版。帯付きです。古本としては比較的きれいです、よろしくお願いいたします。★amazon配送センターから迅速に発送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガラパゴス 上 単行本 – 2016/1/26

5つ星のうち 3.9 19件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 244

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガラパゴス 上
  • +
  • ガラパゴス 下
  • +
  • 震える牛 (小学館文庫)
総額: ¥3,903
ポイントの合計: 119pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

現代の黙示録『震える牛』続編!

警視庁捜査一課継続捜査担当の田川信一は、身元不明のままとなっている死者のリストから殺人事件の痕跡を発見する。不明者リスト902の男は、自殺に見せかけて都内竹の塚の団地で殺害されていた。
遺体が発見された現場を訪れた田川は、浴槽と受け皿のわすかな隙間から『新城 も』『780816』と書かれたメモを発見する。竹の塚で田川が行った入念な聞き込みとメモから、不明者リスト902の男は沖縄県出身の派遣労働者・仲野定文と判明した。田川は、仲野の遺骨を届けるため、犯人逮捕の手掛かりを得るため、沖縄に飛ぶ。
仲野は福岡の高専を優秀な成績で卒業しながら派遣労働者となり、日本中を転々としていた。田川は仲野殺害の実行犯を追いながら、コスト削減に走り非正規の人材を部品扱いする大企業、人材派遣会社の欺瞞に切り込んでいく。

【編集担当からのおすすめ情報】
ハイブリッドカーは、本当にエコカーなのか?
日本の家電メーカーはなぜ凋落したのか?
ガラパゴス化した現代日本の矛盾をえぐり出す、
危険きわまりないミステリ-!

内容(「BOOK」データベースより)

ハイブリッドカーは、本当にエコカーなのか?日本の家電メーカーは、なぜ凋落したのか?メモ魔の窓際刑事、再臨場!警察小説史上、最も最酷で哀しい殺人動機。ガラパゴス化した日本社会の矛盾を暴露する、危険極まりないミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 270ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/1/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093864322
  • ISBN-13: 978-4093864329
  • 発売日: 2016/1/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 98,910位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2016/2/7
形式: 単行本 Amazonで購入
 あえて誤解を招くような言い方をすれば、本書は、非正規労働者問題、シャープの経営再建問題、自動車部品メーカーの品質管理問題など、最近の社会問題を取り上げてミックスして、ひとつの話にまとめ上げたような小説です。(こう書くとお手軽で陳腐なように聞こえますが)
ただ、私のような政治・経済問題に疎い人間は、新聞やニュースなどでの報道は、その時その時の「点」としか捉えることしかできず、その問題がいつ端を発したか、その影響がどのように他に波及していったのかが、理解できていないことが多いのです。
 本書では、殺人事件とその捜査を軸に、現代の日本が抱える諸問題をひとつの物語として描き、「点」と「点」を「線」で繋いで図解説明してもらった感があり、私にとってはとても有意義な小説でした。

 故郷の有志の援助を受け、高専に進学して勉学に励みながらも、ある事情から新卒採用を逃したばかりに、非正規労働者としてしか生きる道のなかった被害者。
 ちょうど本書を読んでいる時、朝日新聞(2月4日)に、非正規から抜け出せない40歳前後の人達に関する記事が掲載されました。その中で、私大に進学するも学費のためのアルバイトが忙しくなりすぎて中退し、それ以降35歳の現在も派遣のまま、という男性の例が紹介され、その人のお母さんの、「新卒一括採用の日本では大学を中退させてしまった
...続きを読む ›
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
「震える牛」の続編であることはあまり意識せずに読み進めることができます。
いつもの相場さんタッチのごとく、冒頭から前半部分は”散らばっている点”からスタートするのでとっつきにくさがあります。
それを読み進めるうちに、点と点が集まりだしていきます。
下巻のほうでは、点と点の集まりが線となり、線と線が集まり面となって、問題提起されることと思います。
まさしく現代社会にはびこる、コスパに優れたものづくり手法による盲点を描こうとしています。
コストダウンのためのモジュール化は労働者に至るまで押し寄せているのです。
今まさしく、燃費の問題で世間を騒がしているように、あたかも「すぐれもの」といった表示はみせかけであること。
最新鋭でありつつ過剰なコストダウンを要求されることにより、そのギャップは安全性を脅かすまでに至ること。
隠し続け、必死に抵抗する企業。
労働者は使い捨てのもの管理になっていること。
これらの社会問題を痛烈に風刺しています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
派遣社員という名の下の使い捨て労働者問題を扱った作品は
数多くありますが、
作者曰く
「取材するうちに『ここまでひどいことになっているのか』と。思っていたよりもはるかに、日本の産業は傷んでいました」
『こんなにひどいことに?』と驚いてくれる人もいるでしょうが、『こんな甘いもんじゃねえよ!』という人もいるはず。働いている人の4割がすでに非正規雇用ですからね」
というくらいに、非正規雇用が当たり前になってきた日本
ということはモラルもレベルも下がるのは必然ですよね
そして、家電メーカーならまだしも
命を預かる自動車メーカーの品質管理のモラルとレベルが
下がるというのはもう命より金という
情けないを通り越して恐ろしい世の中になったものだと
実名はあげられませんが
ハイブリッドカーの例の車
実は買おうか?と思ったことあるんですよ
そうしたら保険会社の方にとめられました
低燃費のためにとにかく車体を軽くするために
安全性をまったく無視している
事故による死亡率軽自動車どころじゃないからって
まさしくそのことが書かれてました
知っている人は知っている、公然の秘密なんでしょうか?

『震える牛』もそうですが自分を守るのは自分だけなんだと
つくづく思いました
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
「震える牛」を予習として読んだ上で、本書も読んでみました。

前作に続き、現代日本の社会的な問題をミステリーのテーマに置くのはよいのですが、少し説教臭すぎませんか。
主人公に非正規労働者の問題をレクチャーしてくれる、投資顧問の登場も唐突で、なんでここまで親切に解説してくれるのか
動機がよく分からない。
読者に背景を説明するための、便利な「解説くん」のようで、小説としてはノイズに思えました。

ミステリー小説として楽しみながら、時事問題の勉強もできる啓蒙書としての意義もわかるのですが、少しそのウェイトが重すぎて
ミステリー作品としての評価はもう一つと個人的には点をつけます。

メモ魔の中年刑事、しかも体を壊して禁酒中というキャラクターには魅力がありますし、警察組織内の権力闘争も警察小説では定番のテーマながら
面白く読めました。

次作では、もう少し肩の力の抜けたテーマで読んでみたいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー