通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに使用感があります。カバーに傷みがあります。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ガラスの動物園 (新潮文庫) 文庫 – 1988/3

5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 233
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 529
¥ 529 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガラスの動物園 (新潮文庫)
  • +
  • 欲望という名の電車 (新潮文庫)
  • +
  • アーサー・ミラー〈1〉セールスマンの死 (ハヤカワ演劇文庫)
総額: ¥1,955
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

不況時代のセント・ルイスの裏街を舞台に、生活に疲れ果てて、昔の夢を追い、はかない幸せを夢見る母親、脚が悪く、極度に内気な、婚期の遅れた姉、青年らしい夢とみじめな現実に追われて家出する文学青年の弟の三人が展開する抒情的な追憶の劇。作者の激しいヒューマニズムが全編に脈うつ名編で、この戯曲によって、ウィリアムズは、戦後アメリカ劇壇第一の有望な新人と認められた。

内容(「BOOK」データベースより)

不況時代のセント・ルイスの裏街を舞台に、生活に疲れ果てて、昔の夢を追い、はかない幸せを夢見る母親、脚が悪く、極度に内気な、婚期の遅れた姉、青年らしい夢とみじめな現実に追われて家出する文学青年の弟の三人が展開する抒情的な追憶の劇作者の激しいヒューマニズムが全編に脈うつ名編で、この戯曲によってウィリアムズは、戦後アメリカ劇壇第一の有望な新人と認められた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 191ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1988/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102109072
  • ISBN-13: 978-4102109076
  • 発売日: 1988/03
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 73,438位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Tranquility トップ500レビュアー 投稿日 2006/2/23
形式: 文庫
 テネシー・ウィリアムズほど米南部の伝統と悲しみを切実に描き出した劇作家はいないように思う。南北戦争に敗れた「負け組」の南部の出身であることに彼は生涯こだわり続けた。
 彼の名声を一挙に高めた本作がいまだに世界各地で上演され、愛されているのはやはり登場人物たちの魅力によるものだろう。特にアマンダとローラは彼の母と姉がモデルであるだけに、鮮やかな実在感に満ちていていつまでも読者の心に生き続ける。
 南部婦人の誇りと生活力を備えたアマンダと、ガラスのように繊細で現実に適応できないローラ。そして二人を愛しながらも批判的に見るトム。トムの最後の独白が感動的なのは、生きてゆくためにはある意味非情さが必要だと知りながら、デリケートな姉に深く共感せざるを得ない作者のジレンマと悲しみが私達の問題でもあるからだろう。どこにでもあるような家族の物語が、セリフの一つ一つによって静かな光を放ち、普遍性を帯びる。テネシー・ウィリアムズの原点というべき作品だ。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
テネシー・ウィリアムズの作品に登場する女性たちはいつも同じ。あまりに繊細すぎるがゆえに、現実に適応する能力を持たない女たちだ。

ガラス細工のように繊細で不器用なローラは、テネシー自身の姉(実際に精神異常者となる)をモデルにしたものだ。

テネシーは姉を見捨てた自分を生涯、悔やんでいたと聞く。叙情的な美しさ哀しさが、全編にみなぎっている名作である。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 いままで、食わず嫌いで、戯曲を読んだことがなかった。
ある時、本作品が原作の映画(ポール・ニューマン監督)をたまたま観た。
感動してしまい、早速、本書を購入して読んだ。原作も素晴らしかった。
 登場人物はみな、身近な人を思いやり、それぞれの理想や拠り所を持っている。
しかし、その一方で、登場人物それぞれの、事情や、自分にとってであれ、身近な人にとってであれ、よかれと思うことにずれがあり、
そこから悲劇が生まれる。
 内容はもちろん、本作品で素晴らしいのは、登場人物が生きていて、身近に存在する人のように思われ、
そのやさしさ、苦しみが直に伝わってくることだ。
テネシー・ウィリアムズの作品の登場人物ほど命を吹き込まれた作中の人物を、寡聞にして私は!!知らない。
本当に出会えてよかったと思える一冊。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
舞台はセント・ルイス、時は1930年代にまでさかのぼる。
下層中産階級が群れをなすアパートの一隅でウィングフィールド家がつつましやかに暮らしている。
過去のモテっぷりにしがみつきながらも、やけに現実的で計算高く、躁のごとくしゃべり倒す母アマンダ。
極度に内向的で蒐集しているガラス細工のように精神がもろく、不自由な脚がインフェリオリティ・コンプレックスを
助長し、ほとんど身動きがとれない状態の姉ローラ。
製靴会社の倉庫に勤務しながらも、単調な仕事に不平をいだき、ひそかに詩作に励みつつ、いつかは泥沼から
ぬけだそうとする弟トム。

トムはテネシー・ウィリアムズの写し絵だから、彼に少なくとも姉より生命力も生活力もあった。
よって、ここで描かれるトムの苦悩は、本当の意味で追憶であり、ローラの煩悶の比ではなかろう。
しかも彼は、本作を皮切りに劇作家として大成するのだ。
深刻なのはローラである。
このキャラクターは、内向、劣等というキーワードのほかに、消極的、待つことしかできない女性である。
ジムは、登場人物のなかでもっともシンボリックに機能しており、はじめ "希望" という記号であらわれる。
劇の進行により、突如それが "幻影&#
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
テネシー・ウイリアムズを一躍有名にした本作は色々な劇団によって演じられているそうですが劇という演出家の観念で作った物を見る前に是非とも原作を読んでイマジネーションを広げて欲しいと思いました。
語り手であるトム、過去の栄光が忘れられない母アマンダ、ガラスのように繊細な心の持ち主である姉ローラ。
作者が一番訴えたかったのはローラの人生なんだと思います。
繊細すぎ、傷つきやすいがために人生とうまく折り合いをつけられない姉。
姉の日常においてできることは彼女のコレクションのガラスの動物たちを世話することと、古い1枚のレコードを聞くこと。
ガラスの動物たちは彼女の心の反映であり、小さくて壊れやすいのです。
それは作者の実在する姉であるローズがモデルであることは明かです。
両親にロボトミー手術を受けさせられ、廃人になってしまった姉。
それを止められなかった作者は終生悔恨の情に溺れ、名声とは裏腹に私生活は荒れていたと言います。
そんな作者の魂の吐露が切実なまでに我々に訴えてきます。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック