この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガメラ 大怪獣空中決戦 [DVD]

5つ星のうち 4.3 66件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でガメラ 大怪獣空中決戦を今すぐ観る ¥ 216 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック



登録情報

  • 出演: 伊原剛志, 小野寺昭, 中山忍
  • 監督: 金子修介
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 大映
  • 発売日 2001/02/21
  • 時間: 95 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 66件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HTZ1
  • EAN: 4988111280060
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 82,933位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

 「怪獣映画大好き」を公言する金子修介が監督を務め、伊藤和典(脚本)、樋口真嗣(特技監督)といった怪獣映画育ちのスタッフが大挙参加したことで、ゴジラの一人勝ちであった我が国の特撮映画の新しい希望となった3部作の第1弾。
   とりわけこの「ガメラ」は、ち密に練られた脚本、報道映像を使用してリアリティを出した演出が見事な成果を上げており、「実際に怪獣が日本に上陸したらどうなるか?」(金子監督談)というシミュレーション・ドラマとしても、ファミリー向けのエンタテインメントとしても楽しめる。
   特筆すべきは、アニメや画コンテ等の演出をしていた樋口真嗣と若いスタッフの手による特技演出の数々だ。ステージに広大なジオラマ・セットを組み、自由なポジションにカメラを設置する東宝のゴジラ映画に対して、「ガメラ」のそれはあらかじめ構図を決めてカメラの周囲に必要なセットを建て込むという方式をとった。このため民家の瓦一枚に至るまで細かなディテイルの描写と、スタイリッシュな映像表現の追求が可能となった。加えてデジタル技術を取り入れた合成カットの数々が、リアルな世界観の構築に大きく貢献した。(斉藤守彦)

内容(「Oricon」データベースより)

1995年3月に劇場公開された“平成ガメラシリーズ”第一弾が遂にDVD化。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
昭和の「ガメラ対ギャオス」は怪獣映画の傑作のひとつです。
吸血鬼の習性に似たギャオスの能力とその造形はショッキングで、少年だったボクは大興奮したものです。

それから年月が経ち、ボクも人の親になり、息子と映画に行く年代になりました。「ガメラ」のリメイクと聞いて、
正直なところ期待と不安が半分半分といったところでした。

劇場鑑賞してびっくり!あまりの出来に息子よりもボクの方が拍手喝采の大感激!もちろん息子も親の喜び
ようをみて「こういうのがいい映画だ」と幼いながらに認識してくれたようです。

作品の詳細や、技術的なことは他の皆さんがコメントしてくださっているので省略しますが、「一所懸命に創った」
「真面目に創った」ことは作品を観れば明らかです。ボクはこうした「子供向け」と思われがちな映画を、手抜き
せずに創ったことに心から敬意を表します。

東京タワーに卵を産み落として、羽をたたんでいるギャオスを遠景でとらえたショット等は鳥肌が立ちました。

そして、シリーズは、あの「レギオン襲来」に飛翔していくのです!
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
1954(昭和29)年に公開された「ゴジラ」を見ればわかる通り、怪獣映画は元々、社会派やホラー、戦争映画の要素をも併せ持った、大人のためのものだった。
しかし、続編の「ゴジラの逆襲」で、対アンギラスという形で先鞭がつけられた「怪獣プロレス」の要素が、第三作「キングコング対ゴジラ」でストーリーの主軸に据えられるに至り、怪獣映画からは、自衛隊による国土防衛の描写や人間の敵としての怪獣(これは人類の生存に関わる事象の具現化でもある)の恐怖などの「非現実の中のリアリティ」が消失してしまった。
そうして30年以上、子供向けにばかり作られ続けてきた怪獣映画を、ついに大人の手に取り返したのが金子修介監督と、特技監督の樋口真嗣、脚本の伊藤和典である。
怪獣視点ばかりだったカメラアングルを、人間の視点から見上げた革命的なアングル、火薬をふんだんに使った派手な爆発、ミサイル誤射により倒壊した東京タワーに巣を作るギャオスなど、怪獣の画を芸術美にまで高めた印象的な各シーン、整合性があり、怪獣の日本上陸を想定し、真剣に練られた脚本、そして映画を終幕に至るまで引き締め、盛り上げ続ける大谷幸の音楽。どれをとっても文句のつけようがない。
全日本国民必見の一作。いまの間に、三作まとめて買ってしまおう。金子ガメラ復活を願って。
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
子供心に「ゴジラ」と「ガメラ」はときめいたものだ。放射能とか、街の破壊で出る死傷者とかはお構いなし(笑)。満員の東宝や大映の映画館は、本当にオアシスだった。時はたち、大映もゴジラに負けじと、平成版ガメラを送り出してきた。これは相当な出来でないと、多くの昭和カツドウファンが納得しない。日本人のみならず、スピルバーグやルーカスも心待ちにする映画っていうのも少ないしね(笑)。金子修介監督はヘンなギミックを使わず、ダイナミックにガメラ対ギャオスを描いた。このことが平成ガメラシリーズ成功の要因だろう。唯一、読売ヴェルディを前面に押し出したことが、時代性を感じさせてマイナスだけど、新宿でのドッグファイトなど見せ場はテンコ盛りだ。空中戦はゴジラが出来ない「技」である。金子監督もその最大の差別化をヤマ場に持ってくるとは。ちょっとギャオスが弱かったのが残念だけど(笑)、怪獣映画ファンには堪らない作品です。デジタルマスタリングされた画質も上々である。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
本編95分ほとんど無駄なシーンがなく、物語が停滞しない構成、脚本が見事。
今の日本に怪獣が飛来するという設定にも高いリアリティが感じられます。
(命令系統に縛られる自衛隊や、直接表に出て来ない国会審議、首都戦闘状態のために暴落する株価、円等)
ギャオスの造形(中に入っているのが女性なので、翼をたたんで飛行するシーンのシルエットには流線型のなめらかさを感じます。)、
逃げ惑う群衆の上に落下する電車、有名な夕陽を背景とした東京タワー、人間の目線で見上げるギャオスの飛行シーン等
監督金子修介と特技監督樋口真嗣のカット割り、アングル構成は何度見ても感心してしまいます。
怪獣世代の大人には懐かしくもあり、かつ現代でも十二分に通用するエンターテイメント作品です。
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック