ガマの油 プレミアム・エディション [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: 万福堂ブックストア
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガマの油 プレミアム・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,076 (61%)
残り6点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、オンラインDVD/CD通販ショップ 【夢の王国】 送料無料&コンビニ決済/代引き利用可能が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 1,980より 中古品の出品:12¥ 614より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 役所広司, 瑛太, 澤屋敷純一, 二階堂ふみ, 八千草薫(特別出演)
  • 監督: 役所広司
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ジェネオン・ユニバーサル
  • 発売日 2009/11/26
  • 時間: 131 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002PF3258
  • JAN: 4988102770532
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,739位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

役所広司第一回監督作品!
豪華キャストで贈るハートウォーミングな人間讃歌!

僕がいなくなった 親父が大人になった

【商品仕様】
●DVD2枚組(本編ディスク+特典ディスク)

【本編ディスク特典】
●予告編

【特典ディスク内容】
●メイキング
●インタビュー
●舞台挨拶
ほか

【スタッフ】
監督:役所広司
製作:小西啓介、高橋増夫、橋荘一郎、熊澤芳紀、久松猛朗、木村研二/プロデューサー:小西啓介、原田雅弘/原案:役所広司、中田琇子/脚本:うらら/音楽:タブラトゥーラ つのだたかし、田崎瑞博、江崎浩司、近藤邦夫、山崎まさし/撮影監督:栗田豊通/美術監督:稲垣尚夫/照明:鈴木秀幸/装飾:山田好男/録音:鶴巻仁/編集:上野総一/記録:福田花子/音響効果:柴崎憲治/VFX:長谷川靖/衣装:宮本まさ江/ヘアメイク:葉山三紀子

【キャスト】
役所広司 瑛太 澤屋敷純一 二階堂ふみ 八千草薫(特別出演) 益岡徹 小林聡美

【ストーリー】
矢沢家は大豪邸に暮らす幸せ3人家族。1日に何億も稼ぐと豪語するデイトレーダーの親父・拓郎。そんな夫を優しく見守る妻・輝美。父親に似ずまじめな息子・拓也。ところがある日、拓也は幼なじみのサブローが少年院から出所する日、恋人とのデートを切り上げて迎えに走るが交通事故にあってしまう。病院のベッドで意識不明のまま眠り続ける拓也をただ見守る拓郎と輝美。するとそこへ、拓也の携帯電話に恋人の光から連絡が。とっさに出た拓郎は、光に本当のことが伝えられず、拓也のふりをしてしまうが─?

【劇場情報】
2009年6月6日より丸の内東映2ほか全国公開

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

俳優・役所広司が監督・主演を務めたハートウォーミングドラマ。親友・サブローを迎えに行く途中で交通事故に遭い、目を覚まさない拓也。そんな時、拓也の恋人からの電話に出てしまった父の拓郎は、息子の振りをしてしまう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
役所広司さんの大ファンとしては、はずせない作品です。どんなに役所さんが頑張って愛情込めて作った映画かを知っているから。脚本家うららさん(中田秀子)の「監督をやってみたら?」という言葉から始まった『ガマの油』は何度も何度も改変を重ね、役所さんの子どもの頃の思い出とも重なっています。お祭りにきたガマの油売りが「仏壇をきれいにするといいことがあるぞ。」と話して帰って綺麗にしたというエピソード。映画でもそのまま出てきます。インタビューでも語っておられるように「宗教映画ではなく、亡くなった人々が今も見守ってくれているんだ・・と思う」という温かな映画となっています。初監督ということで不器用で洗練されてはいませんが、俳優としてのこだわりがわかる演出もあります。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
不思議な感覚の作品です。
役所広司さんは、やっぱり素晴らしい俳優ですね!!シリアスも情けない役もコメディもなんでもこなしてしまう。

携帯の声でいくらなんでもわかるでしょって突っ込みたいけど、不思議に最後は気にならなくなりました。

コメディ調が主ですが息子を亡くした役所さんの痛みが、むしろ笑ってるときに伝わってきました。陰で泣いていたので…

ガマの油っていうタイトルがもっとはっきりテーマ性があればなぁと感じました。かなり薄い気がします。

何度も見たいわけじゃないけど、落ち込んで前を向きたいときにいいかもしれません。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2009/10/3
伝えたい、温かいテーマも素晴らしく、またキャストも良い。登場人物たちのキャラクターも、それぞれを象徴するアイコンやシーンもまずまず面白い。それなのに、最後までちゃんと観客を誘えない。コメディ部分での笑いもスベッている。監督が伝えたかったこと、描きたかった世界観は、伝わってはきますが、丁寧ではないので、不親切さを感じます。分割画面を多用するが、あまり意味がないし...。

それでもこの作品を完全に否定できないのは、実直なほどの不器用さがあるから。努力をしていないのではなく、不器用に訴えてこられると、これは受け手も、それなりに受けてあげなくちゃ、と思ってしまう。(笑)
そう思うと、光が、拓郎を拓也だと思いこんでしまうのに違和感を覚えたのだけれど、これは、ケータイがある種の「人格」になっている今の若い世代の話としては面白いのかもと、好意的に捉えることも出来ます。また、光を演じる二階堂ふみは、本作が映画デヴューとのことですが、顔は宮崎あおい風で古風なのに、やること、言うことは不思議な娘。この娘に違和感を感じつつもなんだか可愛く思えてきます。

本作は、ロードムービーでもあります。富士山へ、そして恐山へ、瑛太の幼馴染みと役所広司は長い旅に出かける。その面白さもあります。悪い映画ではない。ただ、131分は長く感じられたし、最後に、キッチュに描か
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aki 投稿日 2009/12/27
ちょっと 観念的な映画。
最愛の人の死を
どう受け止めるか?
そして、死とはどんなもの??

そんなことを いろいろな出来事を通して考えて行く。

感情が爆発する 役所広司演じる父親を
たんたんと受け流している
小林聡美の役が・・・
いつも 超熟のパンを 食べているようで
面白い!!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
お気に入りの名優・役所広司が初監督ということで、
楽しみにしながら鑑賞した作品ではあったが、
そのメッセージが深いというか曖昧というか、
なかなか解釈が難しかった。

多額の金を動かす株式を生業にする父とその亡くなった子、
家族、子供の親友、孫とおばあちゃん、少年院上がりの青年、
そういった社会にみられる人と人間関係のすばらしさと
わずらわしさを描写することで、
人と人とのつながりは決して金銭で測れはしない
尊いものであるということを伝えたかったのかもしれない。

はたまた我々がこうして今生きているという事実の背景には、
多くの、本当に多くの祖先の苦しみと喜びのうえに
成り立っているという仏教的な教訓を伝えたかったのかもしれない。

いずれにせよ、作品の冒頭から中盤までは内容が掴みづらいものの、
終盤にかけて、メッセージがクリアになって行く気がした。
役所さんの演技は相変わらず好感は持てたが、
作品に込められたメッセージに曖昧さがあったことが、
少し残念ともいえる。

「人は2回死ぬ」という台詞があった。1回目は肉体が死んだ時、
2回目は死んだ人を誰も思い
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す