通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ガパパ! 〜AKB48でパッとしなかった私が海を... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
10点すべてのイメージを見る

ガパパ! 〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで 単行本 – 2016/12/20

5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2016/12/20
"もう一度試してください。"
¥ 1,490
¥ 1,490 ¥ 983

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ガパパ!  〜AKB48でパッとしなかった私が海を渡りインドネシアでもっとも有名な日本人になるまで
  • +
  • 日経エンタテインメント!  HKT48 5周年Special (日経BPムック)
総額: ¥3,110
ポイントの合計: 77pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



レビュー100件以上ストア開設!
レビュー件数が100件以上で、★★★★以上の自己啓発・英語・レシピ本などが探せます。 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

<秋元康 推薦! >
「数年前まで、AKB48の選抜に入れなかった仲川遥香が、なぜ、インドネシアの国民的アイドルになれたか? 陽が当たらないと嘆くより、陽が当たる場所へ動け! 彼女の生き方は、多くのひとに勇気を与えるだろう」

仲川遥香は、柏木由紀や渡辺麻友など豪華メンバーとともに3期生としてAKB48に入った。
だが2010年の総選挙以降、20位、24位、44位と年々順位が下がり、仕事も少なく、毎日同じことを繰り返す日々に、悶々としていた。そんなパッとしない自分の人生を変えるべく、JKT48の発足とともに刺激を求めて日本を飛び出しジャカルタへ。ここから仲川の運命が一気に動き出した…。
そんな仲川を、異国の地で予想だにしない展開が待ち受けていた。アメーバ赤痢、チフス、デング熱で幾度となく入院、国民性の違いからJKTメンバーがまさかのボイコット、そして爆弾テロも発生…。だが、物怖じしない性格と、持ち前のど根性で、幾多の苦難を乗り越え、JKT48移籍から4年が経過したいま、仲川はインドネシアの国民的アイドルにまでのぼりつめた。
ボカリスエットやポッキーなど、出演するCMは20以上で指原莉乃に「ジェラっちゃいますね」とまで言わしめ、ツイッターのフォロワー数も120万人以上で同期の柏木由紀や渡辺麻友を抜き去った仲川。今年限りでの卒業を発表した彼女には、ある伝えたい想いがある。

「多くの女性たちがいて、でも誰もが前田敦子や大島優子、渡辺麻友になれるわけじゃない。でもきっと、私にはなれる。輝ける場所を見つけて、勇気を出して一歩踏み出せば、今より素敵なミライが待ち構えている」

インドネシア語をわずか半年で言葉をマスターした秘訣、現地人のハートをわしづかみにしたコミュニケーション術、などなど海外で成功するノウハウも満載。日本でくすぶってる、今の生活にしっくり来てない、そんなあなたへ…。
世界に飛び出す勇気が欲しい日本人すべてに役立つ『インドネシアでもっとも有名な日本人』仲川遥香が贈る、涙と笑いのサクセスストーリー。

内容(「BOOK」データベースより)

数年前まで、AKB48の選抜に入れなかった仲川遥香が、なぜ、インドネシアの国民的アイドルになれたか?

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 235ページ
  • 出版社: ミライカナイ (2016/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4907333145
  • ISBN-13: 978-4907333140
  • 発売日: 2016/12/20
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 109,100位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
7
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(7)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
10年以上前、インドネシアへ進出した工場の駐在員(2期生)として海外赴任し、30歳から6年間暮らしたインドネシア。
私の居た地域では、ガパパはカッポーポーと言っていました。

それまで平社員だった30歳の若造が、インドネシアでは部下800人。
チフス、アメーバー赤痢、ボイコット事件、従業員の集団食中毒、毎年の爆弾テロ、火災・・・。
ここには書けない事も含めて、書ききれないぐらい色々ありました。

それでも、日本に出張で行くとお腹を壊し、インドネシアに着くと地元に帰ってきたとホッとする自分がいました。
日本へ本帰国した時の夜のフライト、肩の荷が下りた安堵感とインドネシアの友人と離れる事で気持ちが抑えられなく、
人知れずに男泣きしたものでした。

当時の私よりも10歳も若い女性が、本当によくぞここまで!変な表現ですが「漢(おとこ)」です。
舞台は異なっていても、全く同じ経験をしたのですね。

懐かしい、カングン、愛すべきインドネシア、自分を成長させてくれた素晴らしき思い出。

「そうそう!」「そうだったな。」「その通り!」と共感しながら読みました。
これからインドネシアで働く全ての人にこの本を読むことをお勧めします。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
20代前半の女性がまとめたインドネシア奮闘記です。
大変わかりやすく、自分含めインドネシアで仕事している人・していた人も共感できる部分もあって、
なかなかオモシロイです。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
JKT48に移籍してからの彼女しか知らない。
インドネシアで出演したトークショー、卒業発表のコンサート、
自転車のチャレンジ、卒業コンサート、みんなYouTubeで追いかけた。
この本を読んで、あのとき彼女がどう思っていたのか、どう感じていたのかがわかった。

秋元康総合プロデューサーに直訴し、インドネシアに渡った彼女は、その2か月後、
正月休みで日本に帰省する。こたつでテレビを見ていて、ふと自分が何も変わっていないことに気づき、
即刻インドネシアに舞い戻る。そして、帰国を知ったメンバーから、運命のお泊まり会の誘いが・・・
インドネシアでも日本食ばかり食べていた彼女が、お泊まり会の夕食で、
ディープなインドネシア家庭料理を手づかみでむさぼり食べ始める・・・
運命が大きく転換する場面の描写は鮮烈だ。

ハルカは言う、「自分と勝負」しなきゃだめだ!
生き方に迷う人が読んで損のない一冊だと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
仲川遥香という、
現状には満足していないがあと一歩が踏み出せないでいる一人の日本人女子が、
親友である前田敦子のAKB48卒業をきっかけに自らも現在の居場所を飛び出す決断をし、
4年間のジャカルタでの芸能活動を通して、
大人の女性に成長していく物語です。
そして同時にインドネシアという国・国民・文化を若者目線で紹介している本でもあります。

失礼ですが、作文力はそれほど期待しておりませんでしたが、いい意味で裏切られました。
基本的な文体はtwitterのそれを彷彿とさせますが、ありのままの自分を一生懸命に書いていることが感じられ、読み手を清々しい気持ちにさせてくれます。
文章は軽快で読みやすく、また私自身は行ったことのないジャカルタの街の描写では、現地の人々の生活の活気や気候・街の様子が十分に感じられました。台本のないTVのトークショーのアドリブで培われた思われる、はっとさせられる描写や痛快な心の声などがところどころに散りばめられ、文章全体を軽妙にしているようです。
「ハル~カ」としての物語も、最初の約半年は幾多の苦難に遭遇し、我々の想像を超える苦悩の日々を過ごすお話なのですが、そこは「ガパパ」の精神で面白おかしくさらりと話を進め、汗をかいたあとの心地良い風として読み手に届けてくれま
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告