ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DV... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD]

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,990
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,010 (25%)
ポイント: 1pt  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、JRY★ENTERTAINMENTが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でガチ☆ボーイを今すぐ観る ¥ 400 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ガチ☆ボーイ【スタンダード・エディション】 [DVD]
  • +
  • 最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]
総額: ¥4,198
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 佐藤隆太, サエコ, 向井 理, 仲 里依紗, 宮川 大輔
  • 監督: 小泉徳宏
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2008/09/17
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001BAODY2
  • JAN: 4988632502146
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 91,389位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

★青春ガチンコ☆グラフィティー、見参!★
笑って泣いて、青春満喫。この感動は“予想以上”!

[内容解説]
~「僕にはこの厚い日記の分だけ生きてきた時間と仲間がいる。僕は、幸せだ」~

主人公の五十嵐良一は、“天才”と言われながらも事故で頭を打って以来、記憶が一日しかもたな
い障害を負ってしまった大学生。昨日のことすら覚えていられない自分に、五十嵐は日々、生きる実
感を失いつつあった。
「今を生きていることを、実感したい。」
そんな思いを強くした彼が選んだのは、サッカーや野球などのメジャースポーツ部に入る事や、音
楽バンドを結成することではなかった。
「体のアザは次の日も残っている。痛みは昨日を思い出せる!」五十嵐は、大学の構内でたまたま
試合を目にしたプロレス研究会の扉を叩いたのだった。そこで出会った個性豊かでにぎやかな仲間た
ち。気になる可愛いマネジャーもいる。彼らに囲まれ、日々の練習を日記とポラロイド写真に刻みな
がら、楽しい学生生活を送るかのように思えた五十嵐だった。
デビュー戦当日。学生プロレスはガチンコ勝負(=真剣勝負)でないことを分かりつつも、試合の
途中で段取りを忘れてしまった五十嵐だったが、観客は大ウケ。仲間たちは思いのほか盛り上がり、
それ以降彼はガチンコでプロレスに臨んでいき、五十嵐扮するマリリン仮面は一躍人気プロレスラー
になっていく。しかし、温かく見守る妹・茜と父・恒雄の心配の中、学園祭当日、事件は起こったの
だった…。

[特殊内容/特典]
【映像特典】劇場予告編集/TVスポット

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

佐藤隆太主演による青春グラフィティ。事故により、記憶が1日しか持たないという障害を負ってしまった大学生・五十嵐良一。生きる意味を見失いつつある彼だったが、ある日出会った学生プロレスに打ち込むことで、生きる喜びを取り戻していく。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
私は交通事故による軽い記憶障害(高次脳機能障害)に陥り、
それもあって母から本作を観るよう勧められた。

観終わった後、「パッケージデザインが惜しいな」と思った。
パッケージからはドタバタコメディを思わせるが、意外と
シリアスな内容だからだ。

まず主人公が記憶障害で、1日毎に前の日の記憶が消えると
いう設定。そんな主人公がプロレス同好会に参加し、日々の
日常をカメラで写真に収めながら、記憶の維持を図っていく。

2つ目は最後の試合で、主人公が向井理とタッグを組んで
戦うが、相手2人は筋肉隆々の実力者で、次々にプロレス技
をかけられる主人公は「これって、死ぬんじゃないか」と
思わせたからだ。

作品を観た感想は、「記憶障害でもやり方次第で楽しい
人生を送れるのだな」と、一障害者の視点で思った。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
青春のにおいと 息子が父親に対する思いが伝わる映画。
期待しないで観ていたが 意外とおまけつきだった。
五十嵐(佐藤隆太)は 大学三年生。司法試験の1次試験を受かった秀才である。
学生プロレス団体HWAは北海道学院大学のプロレス研究会。
五十嵐は プロレスの勧誘のショーを見て 入部を希望する。
五十嵐は カメラとメモは欠かせない生活を送っていた。なかなか段取りが覚えられない。
大学のプロレスにいるのは 体力や筋力ではない。あくまでも 演技力だ と先輩たちに教えられる。
ショービジネスのプロレスであり、奥寺 レッドタイフーン(向井理)は 
『安全第一』 を基本としている。レッドタイフーンは 熱血漢である。
商店街の試合で 五十嵐は マリリン仮面として始めて登場。ガチ勝負をしてしまう。
それで、マリリン仮面に人気が出て プロレス連合の加入をみとめられる。
ところが、五十嵐は 自転車事故をして 一晩眠ると 記憶がなくなってしまうという 
脳障害を持っていた。五十嵐は 朝起きると 必死に 日記を読んで記憶を取り戻すのである。
それを妹から 麻子(サエコ)とデビルドクロは聞かされる。
五十嵐は みんなに黙っていてくれと頼む。
プロレス連合の代表
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 りえ 投稿日 2017/3/28
形式: Amazonビデオ
あまり世間に知られていません
佐藤隆太の代表作にもあげられていないでしょう
でも、間違いなく名作です
ひたむきに頑張る主人公にぐっときますし、日々記憶が無くなる虚しさに心が辛くなります
最後のプロレスシーンは涙なしに見られません
最初に観たのは映画館のレイトショーだったので、たいして人数もいなかったのですが、しかし全員が顔ぐちゃぐちゃに泣いてたのが印象に残ってます
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 aki 投稿日 2008/12/1
形式: DVD
記憶喪失。
一回寝ると、それまでの記憶を忘れてしまう。
本来は深刻な話だけど、それを深刻と受け止めず
むしろ一緒に付き合っていくことを、
そして大きな声で応援している映画。
家族の支えと仲間の応援。
そんなことを学生プロレスの仲間が教えてくれる。
病気は治らない。
そのつらさを前向きに笑って生きる姿がほほえましい。
佐藤隆太の最後の「NO.1」の誇らしい姿に共感を覚えました。
ストーリー展開は想像がつくものの、いい映画でした。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/6/25
形式: DVD
『高次脳機能障害』というのは、「メメント」「50回目のファースト・キス」「博士の愛した数式」と同じネタですね。最初青春コメディかと思いましたが、実際、前半はそんな感じで進みます。ところがそれは後半への伏線で、後半から終盤は感動ドラマとプロレス(学生プロレスですが)の迫力でグイグイ押します。

正直「お笑い部分」は笑えないのもありましたが、「高次脳機能障害」になってしまった主人公の心の叫び、彼を支える周囲の家族模様を丁寧に描いているのがいい。
例えば主人公の本音や葛藤を、本人が泣き叫びながら語るという「泣かせ演出」があったりすると、少々鼻白むものですが、彼の書いた日記を父親が読む事で観客も知る、というヒネリも上手い。それに主人公の父親を演じた泉谷しげるが素晴らしかった。ちょっとホロリとさせられましたよ。(苦笑)
また、序盤の展開はスベッていたので心配したけれど、プロレス研究会の他の部員も個性的で面白いです。

スタントなしで役者さんが全部演じたというプロレスシーン、クライマックスの試合シーンは本当に手に汗握る迫力と臨場感がありました。そして、試合の組み立ては、それまであちこちに張られた伏線が、試合の中で次々に回収され、大いに盛り上がります。敵役のシーラカンズの1人は本物のプロレスラーらしいですが、主演の佐藤隆太も頑張ってましたよ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ネコ 撃退

関連商品を探す