Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540

¥ 76の割引 (12%)

(税込)
ポイント : 5pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[中島らも]のガダラの豚 II (集英社文庫)
Kindle App Ad

ガダラの豚 II (集英社文庫) Kindle版

5つ星のうち 4.6 27件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] ガダラの豚(集英社文庫)の3の第2巻

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 616 ¥ 5


商品の説明

内容紹介

研究助手、スプーン曲げの青年、大生部の長男、そしてテレビ局のスタッフ6名を引き連れて、大生部はアフリカへと旅立つ。目指すはスワヒリ語で「13」を表わすケニアとウガンダの国境近くの町クミナタトゥ。そこで大魔術師バキリの面会に成功するが、最大のタブーを犯してしまう。バキリの呪具(キジーツ)である少女を攫ったのだ。バキリの手下たちに追われ、危機一髪、ケニアを後にするのだ。

内容(「BOOK」データベースより)

大生部一家はテレビ局の特番取材で再びアフリカへ旅立つ。研究助手の道満、スプーン曲げ青年の清川、大生部の長男納、テレビのスタッフ6名。一行はケニアとウガンダの国境沿いを北上してスワヒリ語で「13」という意味の不吉な村、クミナタトゥに着いた。村民に怖れられる大呪術師バキリの面会に成功した一行は最大の禁忌を犯す。バキリのキジーツの少女を攫ったのだ。危機一髪。ケニアを後にする。日本推理作家協会賞受賞作。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 386 KB
  • 紙の本の長さ: 351 ページ
  • 出版社: 集英社 (1996/5/17)
  • 販売: 株式会社 集英社
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00E4KX1TE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 4,452位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
大生部一家はテレビ局の特番取材で再びアフリカへ旅立つ。研究助手の道満、スプーン曲げ青年の清川、大生部の長男納、テレビのスタッフ6名。一行はケニアとウガンダの国境沿いを北上してスワヒリ語で「13」という意味の不吉な村、クミナタトゥに着いた。村民に怖れられる大呪術師バキリの面会に成功した一行は最大の禁忌を犯す。バキリのキジーツの少女を攫ったのだ。危機一髪。ケニアを後にする。日本推理作家協会賞受賞作。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
どうも、自分の中では中島らもさんはイロモノというか 読まず嫌いの中にいた作家さんでした。周りからは「面白いよ」とすすめられていながら 読まずに そのうち中島さんが亡くなり、、
いや、本当に面白い。一流のエンターテイメント小説だった。
「トリック」にも似ている。
とにかく面白い。
おすすめです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かった。
テレビか映画か映像を観てるようだ。
何せ舞台がアフリカなので、話が奇抜です。
予想しない事が次々出てきます。
一気に読んでしまいますよ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ふつう本を読むときは「さあ、これはこういうジャンルのお話だぞ、さあ読むぞ」とココロを決めてからかかるもの。だがガダラの豚はそういう予定調和的な姿勢を許してくれないのだ。一巻で超常現象トリックあばきモノを鮮やかにキメてみせたのが、突然アフリカ旅行のエキゾチックな世界へ。それでいて一巻のテーマが失せたわけではないのだ。楽園のようなアフリカの世界はいつしか光差さぬ恐るべき呪いの監獄へ。その重苦しさは、一巻の軽快なトリック暴きを経たがゆえに、一層のリアリティをもって大生部一行にのしかかるのである。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/12/3
形式: 文庫
3巻完結の中の2巻というのは、たいていダレる。
しかしこの本は違った。3巻の中で一番確信と関連、謎に触れる瞬間を味あわせてくれるのが、この第2巻。
タブーだった地に再び足を入れることになる大生部家。そしてそこで巻き起こる絶体絶命のピンチと多くの謎。
呪術や呪い、そういったものを徹底的に調べ尽くして書かれているだけあってその明瞭さや理解のし易さもさることながら、そういうものにぶつかったときの人間のもろさというものもよく洞察され表現されて、
ストーリーに奥の深さを作り出している。
読んでいくうちに、必ず引き込まれていくストーリーと世界観が
中島らもの絶妙な文体と表現でつむがれていく、絶対おすすめの第2巻!!
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
三巻もあるからちょっと読む前は手に取りにくかったのですが、読み始めると、ノンストップ。もう止まらない。あっという間に全部読みました。ネタ満載で、小説のエンターテインメント性をサイコーに出した快作。くだらん映画を三本見るくらいなら、これを三冊読んで楽しみましょう。マジ最高に満足できますよ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 第2巻の本著を要約するなら『アフリカ危機一髪』。新興宗教の一番厄介な洗脳からは逃れられたものの、アフリカの呪術者バキリという巨大な敵を前にして、一家は敵の本拠地であるアフリカはケニアに飛び込みます。このケニヤという土地の異質で魅力的なことときたら! 熱烈に行きたくてたまらない、化と言って素敵に描写されているわけでもない見知らぬ土地にわくわくしながら恐怖の呪術者を前に無力な一家の奮戦ときたらたまらない。
 危機また危機をどうかいくぐるのか。少しは頼もしくなった主人公の大学教授や、少しは応援したくなった家族たちを前に手に汗握る伝奇的冒険談。
 とにかく中島らもの立て板に水の知識に圧倒されつつ、シナリオの面白いことときたら。お勧め以外の言葉が出てきません。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 第一章で焦らされ焦らされ、ようやくアフリカ入りします。ストーリー、キャラクター、第一章で整えた準備は万端。アフリカでの旅は、もうとにかくページをめくる手を止められません。

 アフリカの大地と人の描写はリアルで、実際私はアフリカに行ったことはありませんが、ちょっとした旅行に行ってきたような気分にさせてくれます。また、物語のテーマでもある「呪術」に対しての考え方も、なるほどなぁと思わせる視点で表現されていて面白いです。呪術というテーマが、超能力・手品・トリック・・・などと微妙なバランスで絡み合っていきます。

 そして大呪術師・バキリの登場です。果たしてバキリは本物の呪術師なのか、それともペテン師か・・・!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover