日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

カンフーハッスル (字幕版)

 (2,092)7.71時間39分2005G
悪の横行する時代、強さに憧れるチンピラが一人。その男の名はシン。彼の夢は冷酷無情なギャング団"斧頭会"に入ること。ある日、悪事を働こうと"豚小屋砦"なるアパートに目をつけるが、なんと住人はカンフーの達人だった!?戦う三職人に奏でる刺客、無敵の大家夫婦、遂には宇宙最強の殺し屋火雲邪神が…。その時、シンの身体に刻まれた伝説の技が甦る!!
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると3日でレンタルが終了します。
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
チャン・クォックワンDanny Chanユン・チウSheng Yi Huang
プロデューサー
Bo-Chu ChuiStephen ChowJeffrey Lau
提供
Sony Pictures Classics
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.5

2092件のグローバルレーティング

  1. 70%のレビュー結果:星5つ
  2. 19%のレビュー結果:星4つ
  3. 9%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 2%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

タダコフ2018/03/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
三位一体の最高傑作
確認済みの購入
愛と笑いとカンフー三位一体のチャウ・シンチー 監督の最高傑作にてカンフー映画の頂点を極める傑作コメディ。
名作へのパロディ、カンフー映画及び往年のスターへの限りないリスペクト。
下品でおバカで涙を誘う純愛映画。
未だこれを超えるカンフー映画はない。
八方スキなし、そして何度でも楽しめる栄養ドリンク映画。
どなたかも仰ってるが、一年に一度は観てます。
映画の中で一番作るのが難しい映画はコメディ映画です。
日本の映画のように大根役者は出てません。
45人のお客様がこれが役に立ったと考えています
もん2019/09/09に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
カンフー映画で一番おもしろい!!
確認済みの購入
現時点で、新旧、東西ぜんぶ関係なく、
マトリックスとか、
ミュータントタートルズとかまで含めて、
カンフーを描いた映画で一番おもしろい!

少々残酷な表現があるので、
子供には過激かもしれませんが、

大人が観るなら、これが一番です!

ギャグ満載で、マンガみたいなのに、
ちゃんとストーリーを楽しめますし。

タイトルも最高ですよね。
『カンフーハッスル』て(笑)

内容もタイトルも、
シンプルで馬鹿みたいなのに、
みどころいっぱいで最高です。

あと、
ほんとに少ししか出てこないですが、
幼なじみの娘が、
めちゃんこカワイイです。

口のきけない設定なのですが、
頑張って一人で生きていて、
なんか、健気で泣けてきます。

少林サッカーのヒロインもでしたが、
チャウ・シンチーさんは、
ヒロインの描きかたが、
抜群にうまいですね。

ぼくは最近、
『マッハ!!!!!』
も購入したのですが、
あっちは、
思い出補正がかかっていたらしく、
昔観たときのような感動は、
残念ながら、ありませんでした。

でもこっちは逆に、
昔観たときよりも、
今回の方が楽しめました。

しかも、少林サッカーは高いのに、
これはなぜか廉価版でお買い得です。

もし、ぼくのように、
昔観たんだけど、面白かったっけ?
と思っているかたは、
試してみてください。

もしかしたら、ぼくのように、
今観たらスゲーおもしろいじゃん!!
と、
予想外の喜びがあるかもしれませんよ♪

オススメです!!
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
けろちゃん882021/03/24に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
「学びたければ教える」という言葉に私も「参りました」
確認済みの購入
BSで「少林サッカー」を見て、一本の映画に多様な要素が入っていてギャグ満載で無茶苦茶な展開で素敵なラブストーリーでハッピーエンドでかつアジア的深さも感じさせるチャウシンチーさんの魅力に突如はまりさらなるヒット作であったという「カンフーハッスル」を見てみました。こちらも一言では言い表せない多様な魅力にすっかりはまりました。巷には「悪者を殺してヒーロー達が笑顔のハッピーエンド」という作品も多い中で、「学びたければ教える」という決め台詞にアジアの知と徳を感じて圧倒されました。当然、飴屋さんの前の路上で見つめ合い少年と少女にかえるシーンにはホロッときて、最後にとどめの少年と教本売りの再登場で笑わせる緩急にはもうただただ素晴らしいと思うほかありません。サントラも買っちゃいました。この監督の映画もっと見ようとしています。本作のオーディオコメンタリーはまだちょっとしか見ていませんが、こちらもとぼけていて楽しそうです。
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2020/09/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
うどん店主の棒術。沈黙と音の間。
確認済みの購入
ほかの方と同様、定期的に観てはレベルの高さに唸っております。
武術的にうどん屋のおじさんが大好きで、格闘中の形相がいい。振付も美しい。
挿入されているオーケストラ曲も絶妙。
音の当て方・間のとり方と画のコンビネーションがたまりません。
琴で攻撃する場面が特に秀逸で、2回目はそこまでしか見なかったりしてます。
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ゆうくん2021/06/15に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
邦画には無い本格アクション・コメディの至宝
確認済みの購入
2001年の「少林サッカー」の続編カンフー版として4年後に公開され、米国をはじめ世界的ヒットを記録した笑いのお手本映画。

作風はジャッキー・チェンと同じく、怠惰な木偶の坊が、マウントしてくる相手に発奮し、努力で覚醒するお馴染みのコミカル路線でストーリーは定番中の定番だが、風刺やオマージュ、虐げられた下層民と裕福な市民、下品でえげつない悪人達と意外にも高潔で変わり者な師匠達が痛快だ。
馬鹿馬鹿しいのに、愛あり、汚さあり、勇気あり、感謝への敵討ちありと、本当に中身が詰まっているし、役者も個性的で貫禄もの。
また、ワイヤーアクションとCGを組み合わせた奇想天外なアクションシーンは素晴らしく、実写ならではのシニカルな表現は既にアニメを超えていて笑える。殆ど下ネタがないのも好感だ。唯一、小便を使うシーンが無ければ言うことないが…。

全編が監督の敬愛する香港が生んだ世界的スターのブルース・リーへのオマージュだが、他にも「トムとジェリー」「マトリックス」「バットマン」「シャイニング」等のパロディがてんこ盛りで飽きさせない。

自分は実写のナンセンス・コメディ映画として、ハリウッドでは「ホットショット」「裸のガンを持つ男」「フライング・ハイ」の各シリーズ、香港映画ではこの“チャウ・シンチー監督の2作品”だけを傑作として認めている。最近はお行儀の良いコメディばかりなので、貴重なお馬鹿作品と言えよう。
邦画で一人気を吐く福田雄一監督ですら足下にも及ばない、世界に通用するエンタメ映画とは、かくも希少なのだ。
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazon カスタマー2018/11/17に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
素晴らしい映画です
確認済みの購入
少林サッカーより、こちらの方が好きです。ワイヤーアクションはもちろん、スローモーション、ストップモーション、早回しも有り、闘う場面は圧巻です。全然さえないオヤジが、実は拳法の達人、のギャップも楽しい映画です。
13人のお客様がこれが役に立ったと考えています
TEN2020/10/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
久しぶりにシネスコサイズで観たわ……
確認済みの購入
TV放映ではスクリーンサイズがトリミングされており 何度か地上波・BSで観ましたがやはり……落胆。
邦画と異なり殆どシネマスコープサイズの香港映画(最近は邦画もシネスコサイズになってきましたが……)
映画は劇場で観るものなのでしょう。 音響は日本語も5.1chで音楽は広がっています。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amaちゃん2021/09/26に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
チャウ・シンチー監督らしい作品
確認済みの購入
監督兼主演務めたチャウ・シンチー(周星馳)氏の映画といえば「少林サッカー」や「人魚姫」が有名。どれも“チャウ・シンチーらしさ”が光る作品である。

“彼らしさ”というのは、漫画チックなシーンを大真面目で撮るということ。聞けばチャウ氏「ドラゴンボール」から多大な影響を受けているとのこと。納得だ。

本作では、ものすごい速さで走っているシーンを漫画のように足が車輪のよう回っていて見えなかったり、大空高く舞い上がって鷹のように(実際鷹も登場)攻撃したり、そんなバカなと思いつつも見入ってしまう。
バカバカしさも突き詰めれば一種の様式美が生まれるという好例だ。

監督が影響を受けたのは漫画だけではない。冒頭とある町のギャングのボス達の前に斧頭会というチャイニーズマフィアの集団が現れ街を乗っ取る。彼らが踊るシーンなど「ウエストサイドストーリー」を彷彿。とはいえ見た目をちょこっと真似ただけで、深みに手を出さないあたり潔い。
また、斧頭界のならず者達が豚小屋砦という貧困地区に現れ、そこに住むカンフーの達人に撃退される流れなど、銃撃戦ではないが西部劇っぽい。いわば“カンフー・ウェスタン”、いや、東洋なので、カンフー・イースタンか。

またキャスティングの見事さ特筆に値する。主人公のチンピラ、シンを演じるチャン監督はそこそこのイケメンで、ヘタレに見えて実はカンフーの天才的使い手という役にぴったりだが、後のキャストは冴えない。その冴えなさが実にいい。
実はカンフーの達人だった三人はともかく、一見普通のおばさんの大家の妻が、小龍女で獅咆哮(叫び声でものを破壊し相手を吹き飛ばす)の使い手で、そのヒモのような飲んだくれの女好きの夫が楊過で太極拳の名手。ちなみに、楊過も小龍女中国の有名な武侠小説の主人公とのこと。

そしてベストオブ“冴えない”のはラスボスの火雲邪神。女性物のサンダルを引っ掛けただらしない下着姿で、年の功は初老と中年の境目。その正体は史上最強の殺し屋。

勿論、勧善懲悪で安心して見ていられる。

最後に付け加えたいのは、チャウ監督作品における恋愛要素について。
本作のヒロインはろう者。「少林サッカー」のでは顔に吹き出物があるため引っ込み思案の女の子。「人魚姫」は可愛いがずっこけた感じ。
いずれも美人なのだが各々コンプレックスを持っている。そんなヒロイン像にするあたり、監督の人間を見る目の優しさを感じる。
本作の恋愛要素もベタベタに甘くなく、バトルものの隠し味となっていて、爽やか余韻を残す。
すべてのレビューを表示