カンフーハッスル コレクターズ・エディション [D... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カンフーハッスル コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.0 127件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 3,000 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,104 (27%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Media Huntingが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でカンフーハッスル (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カンフーハッスル コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • 少林サッカー [DVD]
総額: ¥3,989
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャウ・シンチー, ユン・ワー, ブルース・リャン
  • 監督: チャウ・シンチー
  • 製作者: チャウ・シンチー
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 広東語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • 発売日 2005/07/16
  • 時間: 99 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 127件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001M3XGK
  • JAN: 4547462019677
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 53,916位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

      文化革命前の混沌とした中国。本当のワルに憧れるチンピラのシンが、恐喝しようとしたオンボロアパーには、なんとカンフーの使い手がゴロゴロ! やがて彼はこのカンフーの使い手たちと街を牛耳る斧頭会の戦いに巻き込まれていくことに…。
 『少林サッカー』では劇場を笑いの渦に叩き込んだチャウ・シンチーだが、本作はあのノリとは違う“本気のカンフー映画with笑い”。ブルース・リーを少年時代から敬愛するシンチーが、マジでカンフー映画を作ったけれど、笑いも加味しました!という感じなのだ。そのカンフー映画愛炸裂ぶりは、70年代のカンフー映画スターを銀幕にカムバックさせたり、ブルース・リーが出した技をその順番通りに繰り出したりすることからもわかるはず。カンフー映画好きには涙モノの作品だ。(横森 文)

内容(「Oricon」データベースより)

ギャング団“斧頭会”に入ることを目標にしていた主人公が、ギャング団と住民との抗争に巻き込まれていく様を描いた、チャウ・シンチー監督・主演で贈るギャグ・カンフー・アクション。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
今年の初めに映画を見に行きましたが序盤から驚きと笑いの連続!この映画の面白いところは主人公だけがカッコ良いという単純な内容ではなく、オッサンやオバサンも強くてカッコ良いのです(笑)アクションと笑いが両方あるのを苦手な方もいると思いますが、この映画は別だと思います!まさに笑いとアクションの「融合」です!純粋に楽しめます。監督としてのチャウ・シンチーに対する尊敬も一層増すと思います。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
久しぶりに笑える映画に出会えました!特にナイフを投げるシーンは爆笑ものです。えっ!あなた そんな重要な人物だったのね。と脇役だろうと思っていた人が実は強かったりして面白かったです。さすがチャウ・シンチー!でも最初の方はグロテスクなシーンがあるので苦手な人にはオススメしません。KILL BILLのようなレベルではありませんが。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
周星馳が自分を育んだ映画的な思い出を総て詰め込んだ、渾身の一作。
何も考えず、笑って楽しむのも良いですが、様々な背景を知るとなお面白く見られます。
後半にかけて表現がエスカレートして行くのは、「武侠映画」の呼吸です。
中華世界における超常的な武侠の力の表現は、唐代の伝奇小説より今日に至る歴史的産物なので、「ありえねー」というのは実は間違い。そういう世界観だと思って見れば、冒頭の強烈な殺戮、キャラの濃い登場人物の活躍、主人公の死を潜っての完全覚醒、美しいものへの憧憬など、英雄梟雄侠客剣客の活躍する江湖の物語と非常に近い事が分ります。
大家さん夫妻の名前が現代武侠小説の巨匠、金庸先生の「神雕侠侶」から引用されているのも、そうですね。
冒頭の暴力から出でて、キャンディストアの邂逅、その店の前を行き交う人々の幸せそうな表情に着地する、実に正統派ストロングタイプのヒーローの物語でもあります。
「何も考えずに笑える馬鹿映画」という先入観を捨てて、その細部までを楽しんで欲しい映画です。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
ワイヤーもCGも使いまくりのありえねーアクションばかりですが、
普通の貧乏人や変人が実はメチャクチャ強かったとか、
突然最強の奥義を会得して急に強くなるとか、
で、その奥義がありえないとんでもない技だとか、
その精神において、まぎれもなく正しきカンフー映画。もしくは正しい少年マンガ。
ストーリーはあちこち跳び、いまいちまとまらず。
それでもついつい引き込まれます。
その理由はすごく長廻しの流麗なカメラワーク。
同じカット内でどんどん細かい出来事が起こっていき、スキがなく、
繰り返し観れば観るほど、どう撮ってるんだろう、と驚嘆します。
また、BGMのセンスがいいです。場面にぴったりでテンポがいい上、
ちょっと中国・香港の武侠映画をかじった人にはたまらない名曲ぞろい。
(十面埋伏とか、将軍令とか...)。
特に豚小屋砦の夜中のバトルシーンは雰囲気も迫力も最高。
琴の音を武器にした発想は素晴らしいと思います。
カンフー自体も、本当に出来る俳優さんが多く、ワイヤーで吊られていても身体の動きが全然違う。見事な動きを充分見せてくれます。
ギャグ映画というより、むしろ真面目で本格的なアクション映画ではないでしょうか。
観る人を選
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
主人公の少年時代のエピソードがこの映画のすべてなのだと僕は思っている。いじめられていた少女を勇敢にも救おうとするが、いじめっこの逆襲に遭い、無惨に敗れてしまう。それがトラウマになり、悪に憧れるようになってしまった。しかし彼女との再会によってそんな自分を恥じるようになり、やがて自身の才に覚醒していく。この展開の中で肝になっているのは、彼女が生まれつき話せないということ。言葉がないだけに一層胸に迫ってくる。それだけで観るたびに泣かされてしまう。この映画はアクションではない。極上のラブストーリーなのだ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nt1 投稿日 2005/7/15
形式: DVD
「少林サッカー」がエンターテイメントに徹していたために、同じ物を求めてこの映画を鑑賞しようと思う方も多いだろうが、それは止めておいた方が賢明といえる。
本作は、チャウ・シンチー特有のコメディタッチと宣伝の「ありえね~」というキャッチコピーから、誤解を受けやすいが、実際には骨太の「カンフーオマージュ」映画である。
まず、俳優陣が、往年のカンフー映画ファンならば感涙間違いなしなキャスティングになっている。中には、日本人にはなじみの薄い俳優もいるが、そういった予備知識をもってから観ると、また違った感慨が得られる。
数々の超人武術は、実際の武術と中国お得意の武侠小説(超人格闘家同士が戦うエンターテイメント)へのオマージュがふんだんに含まれており、やはり元ネタが分る人間にとっては興奮を禁じえない。
以上のように、ある程度予備知識がないと、CGを駆使したコメディタッチのカンフーアクション映画、位にしか思えず、その点では残念な作品だったと言えるかもしれない。実際、劇場公開時には、イマイチ感をぬぐえない感想が多く観られた。
が、そういった方々も、今度は是非「カンフー映画へのオマージュ」として本作を見直してもらいたい。
きっと、新たな面白さを発見するはず。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー