通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カンバン仕事術 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: *Amazon配送センター商品*《即日発送/在庫切れなし/安心保証》 【商品状態】 中古品ですが、傷みや汚れも少なく、とても良好な状態です。 ◇カバー:あり ◇帯:なし ◇書き込み等:なし ◇本文の折れ:なし ◇ヤケ・色褪せ:なし ◇傷み等:ほとんどなし ◇汚れ等:ほとんどなし 【発送】 ◇クリーニング後、Amazon配送センターより、安全・迅速・丁寧にお届けしますので、ご安心ください。 【返品】 ◇こちらに不備がある場合は、ご返品後、全額返金させて頂きますので、その際はAmazon返品ページより処理をお願い致します。 【その他】 ◇商品によっては希少な為、定価より高い価格になっている場合がございます。 ◇質問などが御座いましたら、いつでもメッセージ下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
26点すべてのイメージを見る

カンバン仕事術 単行本(ソフトカバー) – 2016/3/26

5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 2,500

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カンバン仕事術
  • +
  • マイクロサービスアーキテクチャ
総額: ¥7,560
ポイントの合計: 296pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

チームの仕事や課題を見える化する手法「カンバン」について、その導入から実践までをイラストでわかりやすく解説する書籍です。
カンバンの原則や流れの管理などの入門的な事柄から、サービスクラス、メトリクスの使用、プロセスの改善など、一歩進んだ応用的な話題までを網羅的に解説します。
カンバンを一から学びたい、組織で使ってみたい方に最適な一冊です。

内容(「BOOK」データベースより)

チームの仕事や課題を見える化する手法「カンバン」について、その導入から実践までをイラストでわかりやすく解説する書籍です。カンバンの原則や流れの管理などの入門的な事柄から、サービスクラス、メトリクスの使用、プロセスの改善など、一歩進んだ応用的な話題までを網羅的に解説します。カンバンを一から学びたい、組織で使ってみたい方に最適な一冊です。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 364ページ
  • 出版社: オライリージャパン (2016/3/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 487311764X
  • ISBN-13: 978-4873117645
  • 発売日: 2016/3/26
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 69,158位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これからカンバンを使おうと思ってる方は必読の一冊だと思います。
ポイントが分かりやすくまとまっています。
既にカンバンを使っている人も何らかの気付きがあると思います!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
素晴らしい書籍でした。
訳者から期待も大きかったのですが、それでも素晴らしいと思いました。

懐疑的な人は、1章を読むだけでも、価値があるように思います。

実践している時に、迷いそうな内容も、かなり記載があります。
タスクボードの歩き方については、なるほどと思いました。
早速実践しています。

始めるのをやめよう!
終わらせることを始めよう!
も実践していますが、改善されてきていることを実感しています。
現在の状況から、すぐに始めることができるという部分も、
対象者を増やしてくれることでしょう。

文体自体も非常に読みやすいため、ソフト開発にかぎらず
多くの人の助けになると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 本書は、読み手に「あ、これなら自分たちのチームでもできそうだ」と思わせてくれるような「お仕事カイゼン本」である。
 対象読者の範囲は広く、「業務の見える化」「継続的な業務カイゼン」と言った言葉に興味がある人から、はたまた「日々の業務に振り回されている人」「常に仕事に追われているのに成果が出せていないと感じる人」まで、とにかく「今の自分たちの仕事を何とか良い方向に向かわせたい」と感じている人であれば、必ず何らかの気付きが得られる書籍だと感じた。
 本書で取り扱われる「カンバン」という開発手法がどのようなものであるかは、驚くことに第一章(たった40ページ程。「ザ・ゴール」のような小説仕立て)を読めばほぼすべて理解できてしまう。
 そして更に驚くことに、第一章を読んだだけでも「あ、これなら自分たちのチームでも明日から取り組めそうだ」と何となく思わせてくれる内容なのである。
 「スクラム」のような開発手法は、ある程度のフレームワーク(役割、イベント、成果物の定義)が存在しているため、「とりあえず明日から取り入れてみよう」といった軽量さは持ち合わせていない(とは言え、もし導入出来るならば非常に強力な推進力を持つだろう)。しかしながら、「カンバン」は「今、自分たちがおこなっている仕事の進め方そのもの」から出発していくため、非常に導入のハードルが低い手法
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書の対象読者は主にソフトウェア開発に従事する人である。
ソフトウェアの開発に携わっている人であれば得られるものはあると思う。
なぜならばこの本はソフトウェアの開発に必要な「作業の流れ」に着目した本だからだ。
普段の開発のプロセスをもっとうまくやるために本書は大きな助力となる。

■ 構成

カンバンについての解説から入って、
作業の見える化、WIPへの理解、WIPの制限、
ソフトウェア開発への応用と話が進んでいく。

それぞれの章で、
なぜ見える化が必要なのか?
なぜWIPを制限する必要があるのか?
といったところを丁寧に掘り下げて解説している。

そしてカンバンだけではなく計画づくりや改善についてもアドバイスしている。

■ ソフトウェア開発の現場でよくある光景

新しいタスクに着手するべきか?それとも他の人のタスクを手伝うべきか?
「今からその作業を始めてもキリが悪いからやめよう」
という判断をエラい人に仰がなくてもチーム内で自己完結して進められるべきである。
そのためのツールとしてもカンバンを有効に使える。

全体の最適化のため
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
課題管理ツールやタスクボードがあって、手段の一部は活用しててもうまくいっていない人は多いと思う。読んでみて、うまくいってなかった理由(タスク大き過ぎ、終了条件が不明瞭など)に改めて気付けたのはよかった。ボードを歩いてなかったな・・というのも気づきの一つ。(←詳しくは、本を読んでね)
なぜか協力的でないと感じる周りのあの人への説明材料も盛り沢山だし(カンバンを利用する根拠は、いくつかの章をまとめて<部>としてまとまっている)、いま全然やれてなかったとしても、始める勇気ももらえそう。(文章が軽妙で、深刻になりすぎずによい!)
他にも「見積もらない」というムーブメントに興味が湧いたし、私はあまり興味はなかったけど、カンバンを体験するゲームの紹介が多いのは嬉しい人が多いのでは?と感じた。特定の企業やプラクティス礼賛、という感じでもないので、仕事の進め方/スピード/質に不満・疑問を持つ人には、とりあえず手に取っていただきたい本。私も明日からがんばろう。
.。o(そして、個人的には、前からときどき試した7回読みがうまくできてよかった。個々の内容は、難しいことを言ってないので、全体見通しつつ、気になることもしっかりおさえられたと思う。)
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー