この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

NEW ラミィキューブ

5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 3,000より 中古品の出品:2¥ 4,240より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now
お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



商品の情報

詳細情報
発売日:2009/3/7
最大プレイヤー数4人
対象性別男女共用
  
登録情報
ASINB001RB1XBQ
おすすめ度 5つ星のうち 4.7 10件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 193,574位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.1 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2007/11/21
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

手持ちのタイルをいかに早く無くすかを競う頭脳戦ゲーム。プレイ人数は2-4人、1ゲーム20分程度。
1970年代にイスラエル人が発明したゲームで、1980年ドイツ年間ゲーム大賞を受賞。
3年に1度世界大会も開催されている。日本頭脳スポーツ協会公認協議。

4色(赤、青、黒、オレンジ)で数字(1-13)が描かれたタイルを2セット使用。
山からタイルを引いていき、14枚の手持ちからスタートする。
日本で行われている公式ルールでは、1ターンの持ち時間は1分。
その手番の間に、場に出ているタイルと手持ちのタイルを組み合わせて、「ラン」(色が同じで続き数字が3枚以上)もしくは「グループ」(色がすべて異なり、同じ数字が3枚以上)の役を作らなければならない。

山からタイルを引き、手持ちのタイルを見極め、場のタイルで作れる組み合わせを考える…をずっと行う、頭脳を酷使するゲームだが、知らない人もすぐルールを理解して一緒に参加できるのがポイント。

スコア表入り


類似商品と比較


この商品 NEW ラミィキューブ
カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる カートに入れる
カスタマーレビュー 4(星5つ中) (10) 4(星5つ中) (88) 4(星5つ中) (284) 5(星5つ中) (16) 4(星5つ中) (5) 4(星5つ中) (39)
価格 ¥ 3,000より ¥ 2,406 ¥ 2,130 ¥ 4,484 ¥ 3,571 ¥ 2,641
配送 通常配送無料 通常配送無料 通常配送無料 通常配送無料 通常配送無料
販売 出品者からお求めいただけます Amazon.co.jp Amazon.co.jp デコショップ Duelist'sGuild Duelist'sGuild
この商品は電池で動きますか。 いいえ いいえ いいえ いいえ いいえ
推奨最小年齢 96 84 84 96 84 120

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 モトヨシ VINE メンバー 投稿日 2009/11/24
なぜかボードゲームがやりたくて購入。
麻雀のようなトランプのような不思議なゲームで
最初はちょっと戸惑いましたが、やってみると簡単!
予想もしなかったような方法であっという間に場がひっくり返されたり
大逆転したりととても面白いです!
子供から大人まで楽しめるでしょう

ただ、キューブが薄く滑りやすいため、最初に並べるのが大変!
やる時は袋に入れてキューブを引いています。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ラミーというと日本のトランプのゲームセブンブリッジを思いつくのですが、このラミーはそれとはまた違った面白さがあります。

ラン(同じマークで連続する数)やグループ(同じ数字でマークが異なるもの)を作ってフィールドに出し、既に場に出ているランやグループを変形させてさらに手札のカードを出すことを考えるゲームです。
とくに場の組み合わせをどう変えてもいい(最終的に3枚以上のものばかりにはしなければならない)というのが問題になっており、多くのラン、グループが出ている状況ではありとあらゆる変形ができてとにかく考えさせられます。
麻雀並みにはまるゲームとはよく言ったものです。

説明書では特に扱っていませんが、かつてはジョーカーを使った組み合わせに関して、
「その代わりになっているカードを出さない限りジョーカーを含んだランやグループは加えることはできても切り離すことができない。」
等のルールがあったようですが、現在はジョーカーを50点扱いするなど、どう変形してもいいようになっています。

役があるわけではないのでルールは非常に単純。
1、出すカードがないなら1枚ドローでターン終了
2、一番最初だけ合計で30以上になるランやグループを出す必要がある(11,12,13ならこれだけ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
某マンガの中で扱われていたのを見て、購入してみました。

良く理解しないままにやり始めましたが、非常に簡単なルールで
覚えるのには、それほど苦労はありません。
ルールは簡単ですが、いざプレイしてみると、これが奥が深い。
「タイル」と呼ばれる数字の入った物を使いますが、プレイが進む
うちに、頭の中で、あれこれ組み替えるのが、非常に面白いです。

「上がり」が見ていた状態で、自分の直前の人の番で、あっと言う
間に「上がり目」が無くなったり、その逆に、予期せぬ上がり目が
見えてきたりと、大きく状況が動くのが、また面白いのです。

普段使っていない脳みそを使う様で、何度かプレイしていると
頭が痛くなってきたりして、「頭を使っているぞ〜」という感覚が
実感出来るのではないかと思います。

ただ、惜しむらくは、「説明書」が不十分という事でしょうか。
細かいルールが分からずに、ローカルルールで楽しむ・・・なんて
事が多々あるのでは、と感じてしまいます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このゲームは面白い!!

毎月仲間内でゲーム会を開いていますが、おそらく一番遊ばれてるのはこのゲーム。
ゲーム初めての友達もこのゲームでゲームの世界にはまりました。

このゲームの醍醐味は場に出たタイルの組み換え。
慣れないうちは普段と違う頭の使いかたをするので結構疲れるだろうと思います。
実際私の友人は「スポーツした後みたい。あの日は寝れなかった。」と言ってました。
うまく組み替え、あがれた時の快感はたまりませんよ。

ゲームとしてのよさは百点満点。
長く遊べる一品だと思います。
二人から一応遊べますが、どうしてもテンポが悪くなりがちです。
四人で遊ぶのが一番です。

このゲームの難点。
ゲーム自体ではなく、説明書の記載が若干あいまいです。
幸いネットで検索すると細かいルールをまとめてあるサイトがあったので、そこで捕捉できました。
あと、少々値が張ってもタイルを置く台がもう少ししっかりしたものであればよかったかなぁと感じます。

これからゲームに手を出してみようという方には、僕から自信を持って薦められる最高のゲームです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す