中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d7061a_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カレとカノジョと召喚魔法 (電撃文庫) 文庫 – 2004/10

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

カレ:水瀬遊矢。私立風見野高校一年生。頭脳すこぶる明晰。緊張感なし。恐怖心なし。巨乳興味あり。カノジョ:白銀雪子。私立風見野高校一年生。容姿端麗。過去の“治療”の影響で運動能力抜群。性格乱暴、通称“荒雪姫”。胸囲なし!召喚魔法:八年前、カノジョが大怪我をした際、カレがカノジョを救うために行ったモノ。召喚された悪魔はリールゥ。カレが契約によって失ったモノは緊張と恐怖。カレとカノジョと召喚魔法:カレとカノジョが、失われた感覚を取り戻すため、契約に従ってリールゥを見つけ出そうとする物語…なのだが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上月/司
1982年生まれ。横浜市在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 373ページ
  • 出版社: メディアワークス (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840228299
  • ISBN-13: 978-4840228299
  • 発売日: 2004/10
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,373,286位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
カレ:水瀬遊矢。私立風見野高校一年生。頭脳すこぶる明晰。緊張感なし。恐怖心なし。巨乳興味あり。
カノジョ:白銀雪子。私立風見野高校一年生。容姿端麗。過去の“治療”の影響で運動能力抜群。性格乱暴、通称“荒雪姫”。胸囲なし!
召喚魔法:八年前、カノジョが大怪我をした際、カレがカノジョを救うために行ったモノ。召喚された悪魔はリールゥ。カレが契約によって失ったモノは緊張と恐怖。
カレとカノジョと召喚魔法:カレとカノジョが、失われた感覚を取り戻すため、契約に従ってリールゥを見つけ出そうとする物語…なのだが…。

作品としての完成度がとくかく高いです。
人物設定の揺らぎのなさや物語の展開の強弱、特に冒頭のシーンはラストでその真の意味に気づけるので、かなり構想の段階からしっかりしたものが作られていたんだと感じた。
それだけでなく、単純に作品として楽しめたことが星五つの最も大きな理由。
伏線を張りつつ、ラストまでに回収していくさまはある意味でミステリーのような領域。
なにより、物語がカレとカノジョの思い遣りによって成り立っているので読んでいて清々しい。

「カレ」こと水瀬遊矢と「カノジョ」こと”荒雪姫”たる白銀雪子の二人の活躍に要チェック!!
オススメできます、『れでぃ×ばと!』と一緒に買っても損はさせないはず。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 題名にある「カレ」は水瀬遊矢くん、「カノジョ」は白銀雪子さんの二人のことを指し示しています。そして「召喚魔法」はこのお話の主軸となっております。これのおかげで小さいときに大怪我をおった雪子さんを遊矢くんは治すのに成功したのですが、召喚した悪魔に代償を遊矢くんは払わなければいけなかったのです。その代償を取り戻すために、二人の(奇妙?)な関係がこのときからスタートした。
 設定やキャラクターがとてもわかりやすかったです。また、読みやすく最後まで飽きがこなかったのが良いと思いました。それで2巻目が近々発売されるのでそこにどのように繋がっていくかに期待したい、その点も含めて☆4つにしました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 cossintan 投稿日 2006/4/9
形式: 文庫
 主人公の水瀬遊矢は、幼い頃の悪魔との契約によって緊張感と恐怖感を失ってしまっている。そこで、主人公は幼馴染の白銀雪子と共にその悪魔・リールゥを捜して契約を解除してもらうことにするのだが…。

 簡潔に書くとありふれた話のように思えるかもしれないが、この話は一味違う。まず、この作品ではヒーローとヒロインの関係が入れ替わっている。つまり、雪子がヒーローで遊矢がヒロインのような関係が成り立っているのだ。また、遊矢を狙う井沢玲、雪子の友人で引っ込み思案の高嶺美樹、演劇部の部長の西苑まどか、新聞部の武藤アキなどのアクの強いキャラクターが出てくるのも見所です。さらに「カレ」が頭脳労働、「カノジョ」が肉体労働を担当するところも変わっています。

 まあ、迷ったら一読することをオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告