中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カレとカノジョと召喚魔法〈4〉 (電撃文庫) 文庫 – 2005/7

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

カレ:水瀬遊矢。頭脳すこぶる明晰。緊張感・恐怖心の欠落はいよいよ限界を迎え…?カノジョ:白銀雪子。容姿端麗。通称“荒雪姫”。二泊三日に決意を以て臨む。二泊三日:カノジョが文化祭特別執行委員として活躍した報酬に、生徒会から渡された温泉旅行無料チケットの日程。オリジナル:6人しかいない、すべての悪魔・天使の祖。強大な能力を持つ。ゼルフィ:玲の「妹」。玲のことを「姉様」と呼んでいるが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上月/司
1982年生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 278ページ
  • 出版社: メディアワークス (2005/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4840230854
  • ISBN-13: 978-4840230858
  • 発売日: 2005/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,466,179位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
1巻で微妙な違和感が隠しきれず、この新人さんは正直どうなのだろう、と思っていたのですが、これは面白い。
前巻の3巻は思いっきり”ラブコメ”といった感じで、召喚魔法の方がちょっと置いてけぼりを食らってた感じでしたが、今回はどちらも均等に。
ラブコメには必須(?)なお泊りイベントの話です。
勿論普通のお泊り・・・だったはずなのに、玲とバッタリ出くわしたり、玲のことを「お姉さま」と呼ぶ意味深な少女が出てきたり、”オリジナル”の悪魔も出てきます。
勿論召喚魔法もですが、作者のバトルシーンの書き方が段々上手くなっている点も良いと思います。
新キャラが本当に(どちらも)魅力的なので、ライトノベルはキャラだ!的な方にもお薦めできるかと。
玲の意外(?)が過去が見れます・・・!ファン必見です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 3巻目では正直ラブコメに傾いていましたが、この巻では召喚魔法とラブコメの配分がちょうど良かったです。“オリジナル”という設定を上手く使った話は面白かったです。また、玲と新キャラ・ゼルフィとの関係、カレとカノジョの恋模様などが目を引きます。しかし、なにか定番なような気がして…、いや、面白いので良しとする。

 しかし、いよいよ最終回が近くなってきました。次回はどうなることやら…。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告