通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
カルメン (岩波文庫 赤 534-3) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 経年による茶ヤケあり。通常中古品ですので、多少の傷み、使用感がございます。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は返金いたします。ご了承ください。ゆうメールにてお届けします。 32365
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カルメン (岩波文庫 赤 534-3) 文庫 – 1960/12/5

5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 1960/12/5
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カルメン (岩波文庫 赤 534-3)
  • +
  • 椿姫 (岩波文庫)
  • +
  • マノン・レスコー (新潮文庫)
総額: ¥1,815
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 108ページ
  • 出版社: 岩波書店; 改版 (1960/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4003253434
  • ISBN-13: 978-4003253434
  • 発売日: 1960/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 14.4 x 10.4 x 0.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 115,661位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 JurupariJuok@July 殿堂入りレビュアー 投稿日 2010/4/16
杉氏の翻訳は「戦前」に訳されたモノだが全然いまでも楽しめるものとなってる。

岩波文庫の19世紀の海外小説ではゴーゴリの平井さんやプーシキンの神西さんの翻訳も「戦前」の翻訳だが
とても良い翻訳で、そういうものは21世紀になっても残して行ってもらいたいもの。
新訳との差別化も図れるし

ということで新潮文庫からは著名な「堀口大學」氏の翻訳が出てるが、自分はこちらの杉氏の翻訳をお勧めしたい。
2007年10月に「読みやすくなった岩波文庫」として改版されて文字も大きくなってるので、買う時は発行日を注意してもらいたい

内容は説明する必要はないぐらい有名だけど天下のビッチ・カルメン様が男をもてあそび、そして破滅へ向かう話。
オペラ、DVDはアグネス版がおすすめ。
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
美しい日本語の文章を書くことにおいて天才であった
三島由紀夫も絶賛する杉捷夫の訳文(「文章読本」参照)。
やはり調子がよくこなれていて、時代を感じさせません。
ストーリーについてはある盗賊一味の「男女の物語」と
だけ書けばいいでしょうか。十分に気化した油に
一気に「バッ!」と火がつき、そして燃え尽きるように。
メリメの短編は気付け薬のようですね。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 100名山 VINE メンバー 投稿日 2014/8/29
我が家の本箱に埋もれていました。
何の知識もなく読み始めた私にはメリメは民俗学者かと思わせるほど
その形式からして民俗学者宮本常一の作品を読むようです。
今でもそうなのでしょうが多民族が人為的に区切られた国境で 犇き蠢く様が理解できます。
しかし最新訳の書籍は頁数が200ページを超えます。 何が違うのでしょうか。
「ティファニーで朝食を」にも通じるでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
小悪魔というより大悪魔なカルメン。自由奔放に生きている(ようにみえる)一方、自分の未来を客観的にみる発言をしており、なかなか捉えがたい。カルメンがホセに対して、ロム(夫)になったホセはミンチョーロ(愛人)のときより好きじゃないみたいなことを言う場面が印象に残っている。現代にも十分言えることではなかろうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
ビゼーの「カルメン」は名曲ですが、原作を読んで何か違うものを感じました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック