通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カルトとしての創価学会=池田大作 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 表紙にわずかなスレ、使用感が確認できますが紙面の状態は非常に良好です。稀に値札シールがついている場合がございますが、納品書の記載価格となります。丁寧な検品、迅速な発送でゆうメールにてお届けいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カルトとしての創価学会=池田大作 単行本 – 2000/11

5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 336

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カルトとしての創価学会=池田大作
  • +
  • 創価学会・公明党の犯罪白書
総額: ¥2,160
ポイントの合計: 58pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

池田大作「天下取り」のダシにすぎない「反戦平和」。池田大作がもつ創価大学入試選考での「創立者枠」。池田大作が教祖にならない理由は「公明党議席減少」。創価学会の預金総額はトヨタより多く、1兆円以上。カルトは「宗教の貌をした全体主義」である。

内容(「MARC」データベースより)

池田大作による「天下取り」のダシにすぎない「反戦平和」、創価学会員子弟以外は「マル邪」と差別される創価学園などの他に、「宗教」の仮面をかぶった全体主義を実践するところの政治集団の実態を分析。


登録情報

  • 単行本: 306ページ
  • 出版社: 第三書館 (2000/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4807400177
  • ISBN-13: 978-4807400171
  • 発売日: 2000/11
  • 梱包サイズ: 19 x 13.2 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 479,015位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
カルト宗教団体、創価学会
カルト宗教団体の池田犬作はもう死んでいます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 脂カーニバル トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/1
形式: 単行本 Amazonで購入
池田大作氏を中心とした創価学会の内幕を実に説得力のある筆致で洗い出しており、なかなか読み応えがありますね。
池田氏の手腕は読めば読むほど、なんだか優秀なビジネスマン、経営者のようにすら思えてしまいますから困ってしまいますね(^^;
勿論その活動を肯定するつもりはないですが。
また同団体は、日韓を韓日と表記したりするのを見ても、政治的な立ち位置は「左側」との認識であり、また著者も自公連立により自民党の創価化を懸念してますが、政権与党の座欲しさに「(一応)保守政党」である自民と組んだことにより(まぁ組織票欲しさだけの自民もあれですが)、また池田氏が現実的に表に出ない状況で(ネットでは死亡説なんてのもありますね。自分には真偽は分かりませんが)、逆に日和ってんのは創価側の可能性も?などなど、本書が2000年刊行なので状況が変わってる点もあるのかな?なんて思ってます。とは言え「巨大カルト」が如何に生まれたかを理解するのに本書は十分参考になるかと。日本にとって「毒」であることは変わらないとの認識ですし。
ただ一点、著者は池田氏を昭和天皇になぞらえてますが、天皇制=カルト宗教ってのはちょっと軽率すぎるかなって思いました(まぁ毎日新聞とか東京新聞とかサヨク系新聞の記者さんだったみたいだし、その辺も影響してるのかな?)。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私のまわりには、人柄の良い創価学会の人も多い。
しかし、選挙の時期になると、「公明党への投票依頼」の話ばかり。

機関紙の聖教新聞を読ませてもらうと、どこかのお寺の変な住職の悪口ばかり。
殺人犯より、芸者遊びをする住職の方がはるかに悪人だという価値観?
どうも変だと思って、この本を読んでみました。

この芸者遊びの住職は創価学会を破門したお寺だそうです。
だから、毎日、悪口が書かれていて、そう書くことがこの団体の「正義」らしいです。

代表の池田氏のことはよく知らなかったのですが、とてもえらい人らしく
「世界桂冠詩人」だそうです。

この本の著者が、この「世界桂冠詩人」の称号を池田氏に与えたという、
インドのスリニバス氏に、わざわざインドまで足を運んで、直接会って確認したところ、
このスリニバス氏の団体(世界詩歌協会?)のパトロンが池田氏だったそうです。

「桂冠詩人」池田氏の詩集が本屋さんの「宗教」の場所にしかないので変だと思っていましたが、
普通に、「なるほど、そういうことか」、と思いました。

著者が、わざわざインドまで直接取材に行ったことに☆5つあげたいです。
内容はかなり面白いですが、いかにも暴露本的な装丁に、減点1。
コメント 352人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これを通常の書籍として販売するまでの過程に関わるすべて方の勇気に感じいります。
たくさんの人に読んでもらいたいです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は創価学会、池田大作についての情報量が凄いです。
著者は元新聞記者だそうですが、学会関係者や池田大作の知人への取材で得た情報、学会に関する資料が豊富に使われていて良くここまで調べたと思いました。 海外にいる池田の信奉者にまでわざわざ会いに行く行動力は凄いです。
池田大作という人は宗教心より自分がのし上がりたいと言う欲望で組織のトップに立った人だと言う事がわかりました。
自分がのし上がるために権謀術数を駆使して、忠実な信者を利用しては使い捨てる事を繰り返してきたようです。
学会員の人が読んだら怒るような事が沢山書いてあります。
しかし、是非学会員に読んで欲しい本です。
1 コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は勧誘の信者としか関わりが無かったのだが。信者から感じ取れた違和感の理由がこの一冊で納得できました。入会しなくて正解だった。念のため他のこの手の創価本も読んでみようかと思います。信者と話して疑問に思った通りの団体
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
創価学会や池田大作を、この一冊で理解しようとしても、無理。

というのは、前著「システムとしての創価学会」や「シンジケートとしての創価学会」などについて、しょっちゅう言及しているため、真にこの本の内容を理解するためには、前述の二冊を読んでいることが前提となってしまっている。
また、日常から創価学会に通じていないとわからない単語が、ふっとだされ、前提知識のない読者を置いてけぼりにしてしまう傾向も、まま見られた。

「『五十二年路線』、『第一次宗創戦争』ってなによ?」という人には薦められない一品。

また、ベクトルは違えど、筆者も創価・池田憎しのあまりに、創価信者と似たような、単純化や二元論といった、ある種膠着した思考体系に陥っているような印象を受けました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー