通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわか... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編 単行本 – 2001/7/16

5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,511 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 銀行・郵貯・生命保険編
  • +
  • カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 世界経済編
  • +
  • カリスマ受験講師細野真宏の経済のニュースがよくわかる本 日本経済編
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あの大ベストセラーが最新のデータを使って登場!!
現代になくてはならない、経済ニュースの解説バイブル・ミリオンセラーシリーズ第2弾!
「金融の仕組み」「郵政民営化の目的と意味」「デジタル化の仕組み」「生命保険の仕組み」まで本当にわかる!!

出版社からのコメント

日本一わかりやすい説明で有名なカリスマ受験講師・細野真宏が銀行、郵便貯金、生命保険のあらゆる仕組みから、最新の郵政三事業の民営化、IT革命までイラスト入りでやさしく解説!わかったつもりが本当にわかる本!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 283ページ
  • 出版社: 小学館 (2001/7/16)
  • ISBN-10: 4093974616
  • ISBN-13: 978-4093974615
  • 発売日: 2001/7/16
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 32,461位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「経済のニュースがよくわかる本(日本経済編)」に続く
主に銀行・郵貯・生保に焦点を当てた金融テキスト。
前作同様、結果に至るまでのプロセスの解説が非常に論理的
で明快です。小学生から大人まで誰でも読めて「ため」になります。
日本では未だに「お金を貯めること」を卑しいと思う傾向が強いためか
学校で金融に関する教育はほとんど行われていないと言っても過言では
ありません。本書は特定思想に偏向せず、どのような選択を行えば
自己資産を守ることができるかのヒントが満載です。
 すべての方に100%の自信を持っておすすめします!!!
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 fiction 投稿日 2006/1/14
形式: 単行本
社会人となり社会の中で生きるようになった今、

経済についての勉強は、

自分の身となって生きてきます。

この本は、

図入りの解説、

事前知識が無くても理解できるように考慮された文章で、

銀行・郵貯・生命保険について分かり易く説明しています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「金利0.06%の1ヶ月定期預金」に100万円を1ヶ月預けたら結局いくらになって戻ってくるのか。ここ数年ずっと議論となっている郵政民営化はなぜ前進しないのか、そもそも現状の郵政では何が問題となっているのか。今自分が加入している生命保険は保険の適用期間が定まっているのか、それとも生涯保証されているのか。
これらの問いにすんなり答えられる方は意外に少ないのではないでしょうか。それは「お金」というテーマをタブー視してきた日本の教育の弊害によるものでしょう。
本書はそのようなマネーリテラシーを身に付ける機会に恵まれなかった大学生や社会人の方が、改めて金融について基礎から学びなおすのにうってつけのものです。銀行・郵貯・生保という金融の主要テーマについて、イラストを交えながら非常にわかりやすく解説されており、読後には上述の問いにさらりと答えられるようになっていることでしょう。
内容的には中高生でも十分理解可能なレベルなので、願わくば、これから社会に出る方には是非一読しておいて頂きたい書籍です。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
このシリーズは、簡単な説明でわかりやすいということが特徴なのでしょうが、本書では、『金利、ネットバンク、ゆうちょ銀行の運用方法、郵政民営化、生命保険、(+αでデジタル化)』などが織り込まれています。

もちろん10年前の本ですので内容が古くなっている部分もありますが、10年前から変わらない事象、たとえば

・なぜ低金利なのか
・低金利だと銀行・生命保険の経営はどう変わるのか
・ネット銀行のほうが金利が高いのはなぜか
・ネット保険のほうが安いのはなぜか
・国債の価格、金利についての基礎知識
・デジタル化とは何なのか

といった項目は、現在でも通用する内容だと思います。

図書館・中古市場で手軽に手に入る今、読んでおいて損はない内容だと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 身分証明書と化した車の免許書のように、あればなにかと便利だからという理由で銀行口座を持っている…。そんな方ならば、読まなくてもいいのかも。でも「やっぱりおカネは大事」と思っている方なら、この本に投資しても十分回収が可能だ。まだ、あなたの知らない(かもしれない)、インターネット・バンキングやスーパー普通口座など、得するサービスの話がたくさん載っているだろうから。
 途中で、デジタルのしくみを説明したページがある。あいかわらずわかりやすい。直接、銀行・郵貯・生保の話とは関係ないけれど、それぞれのシステムのデジタル化が市民生活にも利益を与えているという点から、外せない話と著者は考えたのだろう。
 実際この本を読めば、金融界にもデジタル化の波が押し寄せたことがわかる。ただ現実は、ネットバンクなどデジタル化で立ち上がった金融機関は、存在をアピールするために広告費が経営圧迫や低金利のモトになってしまっているという。いまだに市民はデジタル化による得よりも、昔からの大手銀行の信頼性を重視しているといったところか。
 その他、小泉構造改革の本丸とされた郵政三事業民営化の話などももちろん出てくる。どんなニュース解説よりもこの本の説明のほうがわかりやすかった。特殊法人の無駄遣いの問題に、政府がどう手を打って出たかなどの話もしかりだ。
 けっこう多くの人が、どのよ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す