通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書) 新書 – 2009/6/19

5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,058
¥ 1,058 ¥ 630

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カラー版 インド・カレー紀行 (岩波ジュニア新書)
  • +
  • パスタでたどるイタリア史 (岩波ジュニア新書)
  • +
  • お菓子でたどるフランス史 (岩波ジュニア新書)
総額: ¥3,066
ポイントの合計: 93pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

カレーといえばインド。では、いつ、どこで、どうしてできたか、知っていますか。インドでは、どんなカレーを食べているのだろう。インド史研究の第一人者が、カレーライスの起源を探りながら、各地の特色あふれる料理を味わい、歴史と文化を語ります。バラエティにとむ料理の美しい写真に、本場カレーが食べたくなります。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

辛島/昇
1933年東京に生まれる。南アジア史を専攻し、東京大学・マドラス大学大学院に学ぶ。現在、東京大学・大正大学名誉教授。著書History and Society in South India(Oxford University Press)により日本学士院賞受賞。文化功労者

大村/次郷
1941年旧満州に生まれる。多摩芸術学園写真科・青山学院大学卒業。写真家。オリエント、インド、中国、トルコなどをフィールドにフォト・ルポルタージュ活動をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 195ページ
  • 出版社: 岩波書店 (2009/6/19)
  • ISBN-10: 4005006299
  • ISBN-13: 978-4005006298
  • 発売日: 2009/6/19
  • 商品パッケージの寸法: 17 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,859位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
読み終わってから、本書が青少年向けの「ジュニア新書」シリーズだということに気がついた。
正直、普通の岩波新書だと言われても気づかなかったかもしれない。
そんな、大人も十二分に楽しめる良書です。

著者は、インド滞在暦も長いインド専門家。
しかも、家庭でもスパイスを配合してカレーを作ったりするという。

それだけに、本書の記述は臨場感にあふれ、かつ豊富な歴史・文化知識に裏打ちされたしっかりしたものになっている。
カレーについて語るのに、これほど適任な人もいないだろう。

それにしても、インド料理の奥深さはすごい。
ものすごい量のスパイスの複雑な組み合わせ。
地域によってまったく違う、多彩な食文化。
下手をすると「ただ辛いだけ」と思われがちなインド料理を見る目が、明らかに違ってくる。

そして、料理の話から発展する著者のインド文化論も、非常に鋭く、読み応えがある。
豊富な写真も楽しく、一気に読んでしまった。
おすすめです。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 recluse VINE メンバー 投稿日 2009/6/29
形式: 新書
私は海外にいくとほとんどインド料理店と広東料理が夕食の定番です。インド料理は、初日はrogan josh, 2日目はvindaloo,3日目はbyriani(??)、4日目は、キーマといった具合です。というわけで、普通だったらこの種の本はパスしてしまうのですが(読むよりは食べた方がいい!)、どういうわけか著者の経歴を見て懐かしくなって読んでしまいました。著者はインド史の専門の学者でインドには前後通算して8年も滞在した人物です。それも最初の滞在は1961年というはるか彼方の伝説の時代です。中にはウーティのYWCAでのanglo indianのおばさんとの交流まででてくるほどです。最初の学食や寮でのインド料理の経験から話はスタートしますが、著者が強調するのは家庭料理の多様性とすばらしさです。話はどうしても南インド、マドラス、ケララ、マイソールやスリランカが中心となりラジャスターンなどは取り上げられませんが、できるだけ様々な地方のインド料理を紹介しようとしています。南のスパイスと北の乳製品の混合をインド料理の本質と捉えそこに多様性の中の統一を見出すのはさすが学者のインド料理本です。我が家でも南インド出身のコックと別なコックが作る料理はそれなりの差がありましたね。ところどころ触れられるインド史の解釈の部分は若干ご愛嬌ですが、どうしてこれが岩波ジュニア新書なのでしょう。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
インド料理はスパイスで成り立っていることがよくわかる。日本ではカレーとひとくくりにされてしまうが、そんなものではなくもっと奥深いものだと言うことが説明されている。文章も良いが、写真が多数あることもうれしい。日本料理とは全く別の料理感である。インドに行きたくなった。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
インド料理を通してみたインドの姿。
料理そのものよりも、そのアプローチと、結果見えてくるインドが面白いと思いました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告