通常配送無料 詳細
残り10点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 御来店頂きありがとうございます。感謝いたします。■【カバー】細かいすれきず、上下に若干のよれがありますが、汚れ等無く見た目きれいで良好です。帯はありません。■【本】書き込み、折れ、汚れ、開き癖無く良好です。■【商品発送】中身が見えない特約ゆうメールでのお届けになります。アルコールクリーニング、防水パック、プチプチ(緩衝包装材)にて厳重梱包後、20:00までの御注文は翌日の午前中に発送いたします。(20:00以降の御注文は土、日、祝日は翌日の午後発送、平日は翌々日の午前中になります。)追跡コード、速達便はございません。■【返金保障】万が一商品に不具合がございましたら、100%返金保障いたしますので安心して御注文願います。商品に不具合がございましたら評価される前に御連絡ください。お客様の御負担無きよう誠心誠意対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス) 新書 – 2010/2/19

5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 488

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第1巻 細胞生物学 (ブルーバックス)
  • +
  • カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第2巻 分子遺伝学 (ブルーバックス)
  • +
  • カラー図解 アメリカ版 大学生物学の教科書 第3巻 分子生物学 (ブルーバックス)
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

見て楽しい! 世界基準の生物学教科書!

MITをはじめ米大で広く使われる『LIFE』を翻訳。
美しい図や写真が多用され、見て楽しめる。
2巻「分子遺伝学」、3巻「分子生物学」を4月以降刊行予定。

内容(「BOOK」データベースより)

MIT(マサチューセッツ工科大学)を始めとするアメリカの各大学で採用される世界基準の生物学の教科書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 318ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062576724
  • ISBN-13: 978-4062576727
  • 発売日: 2010/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 28件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,403位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 mozartfan トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/2/23
形式: 新書
 書き出しがショックだった、ダーウィンのジレンマから始まっているからである。しかし、進化の教科書ではない。単純な生物体の化石が発見されていない時代の彼のジレンマであった。その後、35億年前のシアノバクテリアの化石が発見されたが、その化石が生物体と判断された理由は何だったのだろうか。こんな風にして生物の定義や細胞の説明に入っていくのである。うーん、見事!そして、最初に細胞はなぜ小さいのかを説明する。あまりにも当たり前の事実なので考えてもいなかった!進化にしろスケールの問題にしろ原理原則を外さない記述は心地よい。
 細胞膜の章を「コレラ菌」で始める、代謝の章を「アルコール感受性」で始める、呼吸の章を「マラソンマウス」で始める、光合成の章を「生態系の生産者の役割」で始めるなど、始まりの工夫も面白い。図版は正確で美しい。この第一巻は原著の第二部の翻訳で、原著の第一部に当たる三つの章(「生物学を学ぶにあたって」「生命の化学」「マクロ分子と生命の起源」)は翻訳されていない。訳書を読んで、化学式がアメリカの教科書にあまり出て来ないのかと思ったら大間違いで、第一部第2章にはしっかり記述してある(訳書では削除されていますから御注意)。この後、分子生物学関連の部中心に三巻まで出る予定だそうである。
 訳者はこの本の読者として(1)教科書にあきたらない高校生、(2)医学・生物学を学び
...続きを読む ›
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
大学で生物学をやっているものです。
生物学を大学から始めた私としてはとても理解しやすく、ほぼ大学1年でやる内容がすべて網羅されていました。
ヴォート生化学やThe Cellを持ち歩くよりは持ち歩きに便利で体力もいりません(笑

ただ、翻訳本にありがちな内容が間違った記述もところどころ見受けられます。
例えばコレステロールの含有が多いほど膜の流動性が云々だとか・・・

入門書としてはオススメです。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
アメリカ留学中で、この本の原書が教科書として指定されている生物学の授業を取っています。それで興味を持って購入してみたのですが、あまりにも原書と違うお粗末さにがっかりさせられました。所詮ブルーバックスの新書という感じです。訳は中途半端に端折っており、構成も無意味に変更されています。

何よりも気に入らないのは、いくら翻訳だとはいっても、こうした本に興味を持つ人は当然英語圏での生物学にも興味がある可能性が高いのに、わざわざ英語のテクニカルタームを完全に日本語「だけ」でしか表示していないことです。せめて、( )して英語でのテクニカルタームを表示するぐらいのことはするべきでは? 

索引もあまりにお粗末で、全体としてせいぜい高校1,2年生か雑学知識を得たい専門外の一般人が読む程度のレベルになってしまっています。この教科書は本来、もっとしっかりと言葉を尽くして説明された、大変内容の良いものです。翻訳もそれに見合うものにしていただきたいと切に願います。こんなものを読んで、「アメリカの教科書を読んだ!」という感動にひたるのは、全くの誤解です。
1 コメント 107人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 MITで一般教養科目の生物学教科書として指定されている定番教科書「LIFE」の一部を訳出した本である。「大学生物学の教科書」と銘打っているように、高校化学・生物学の素養はほぼ必須である。生物学を専門としている人にとっては常識的な内容なのかもしれないが、私のような門外漢の人間からすると難しい。とはいえ、丁寧に読めば「歯がたたない」というほど難解というほどではない。全5章のうち、第4章だけちょっと「教科書」っぽくて興味が喚起されなかったが、それ以外はおおむね図解ベースで丁寧に説明されており、読み応えある。特に第3章はよかった。
 ただし、翻訳はまだるっこしい。悪い意味でも「教科書」である。著者たちのレベルからすればやさしく書かれているのだろうとは思うが、事実をカチッカチッと正確に説明していくような雰囲気なので、やや入り込みにくい。いい意味でも、「教科書」であり、しっかりと熟読すればちゃんと栄養になる濃密な本である。
 本巻は「細胞生物学」がテーマであり、細胞がどのように栄養やらエネルギー(アデノシン三リン酸など)を外部環境とやりとりしているかというメカニズムを中心として記載されている。高分子化学の知識があるとよりしっかりと理解できるのではないか。高分子の知識がなくてもそういうもんかとある程度は得心可能だと思うが。この本をどれだけ楽しめるかは、手持ちの知識にかなり依存すると思われる。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック