中古品:
¥ 1,500
+ ¥ 350 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★ チャプターリストあり ★コンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます★海外発送にも対応可能です★ケースは中古品として綺麗な状態です。ディスクは特に問題ありません★【日本国内正規販売品】JANコードでセル販売品であることを確認しています★出品商品は現物画像を掲載してますので参考にして下さい★商品をOPP袋で包装して保管してます♪「 管理番号 Am3 」
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カラー・ミー・ブラッド・レッド [DVD]

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でカラー・ミー・ブラッド・レッド (字幕版)を今すぐ観る ¥ 324 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ドン・ジョゼフ, キャンディ・コンダー, スコット・H・ホール, エリン・ワーナー
  • 監督: ハーシェル・ゴードン・ルイス
  • 形式: Color, Dolby, Letterboxed
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ハピネット・ピクチャーズ
  • 発売日 2001/10/25
  • 時間: 80 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005OO8V
  • JAN: 4947127517270
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 336,052位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

スランプに悩む売れない画家が、血糊を絵具の替わりに使うことを思いつく。彼は自分の芸術のため「絵具」を求めて猟奇的殺人を繰り返す…。

レビュー

製作: デヴィッド・F.フリードマン 監督・脚本・撮影: ハーシェル・ゴードン・ルイス 出演: ドン・ジョゼフ/キャンディ・コンダー/スコット・H.ホール/エリン・ワーナー/パトリシア・リー/ジェローム・イーデン
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
ハーシェル・G・ルイスのゴア映画初期の三部作の中では、趣の異なる狂人映画である(1965年製作)。

主人公の画家のアダムが、評論家に指摘された弱点を克服する為、倒錯していく過程の描写が面白い。
まさにタイトル通りの展開である。ルイスは前作「2000人の狂人」(64)とは、別の効果を狙った作風である。

不慮の怪我を負った恋人のキャンバスに飛び散った血を見て「人血」を絵具に使う狂気のアートという発想は、
単純ながらも強烈である。最初は自らの指を剃刀で切り、画を染めていたが貧血となり、失神するアダム。
ある日、恋人に詰め寄られてカッとなり、惨殺する。
彼は死体の血を使う事に味を占める。しかし、彼は殺人が目的ではなく、絵の具集めの為に人を殺めるのである。
これは、自分自身の罪悪感が、完全に麻痺してしまった恐怖を描いたサイコ・スリラーなのだ。

勿論、ゴア場面もある。海面にいる男女のカップルを襲った際、
銛で男を突刺し血の海とする光景は当時の描写では過激な演出だ。
掘り起こした腐乱死体の顔にミミズが蠢くという描写も大変グロテスクであり、
ルチオ・フルチ監督作「サンゲリア」(79)で、ミミズが蠢くゾンビ・メイクの先を行く事14年である。
犠牲
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
画家がどうしてもほしい赤が出なくて困っていたところ
たまたまキャンバスについた血を見て
「コレダーっ!」ってきちゃったことから起こる惨劇

映画としてはありそうでなかったかも

日本では東寺の血曼荼羅をはじめ
けっこう血って絵に使われてるみたいですけどね…

しかし
惨殺されるおねーちゃんのクオリティが高くてよいんですが(水着もいいね)
犯人がまぬけなのと
平和な雰囲気の展開に緊張感なし

悪趣味とまぬけが交互にぬるぬると展開いたします

ぬるぬるなんでちょっと冗長に感じます
なんか全体としてのデキは…

着眼点はいいんですけどね

ラストもなんだかまぬけ…
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 キャルU.K. トップ100レビュアー 投稿日 2012/1/17
形式: DVD
元祖血みどろ監督ハーシェル・ゴードン・ルイスによるホラー映画路線の映画で、
「血の祝祭日」(63)、「2000人の狂人」(64)に続く怪作ホラー(1965年製作)。

前作までとは一種異なる血に飢えた狂人殺人鬼が登場する。
人間の鮮血を絵の具として使う狂人画家を描いたサイコ・スリラー色が濃い作品。

最初の犠牲者が恋人。次々と絵の具の為に殺人を犯す。飽く迄も血の色の為である。
邪魔者は躊躇なく抹殺しては埋める。顔面ダラリのミミズが蠢く変死体の光景は強烈・圧巻。

シリアスな路線で描かれた(コミカル色は無い)、前作とは別な効果を狙った作風でもある。
リアルな残酷表現、粘着系の連続殺人鬼映画として不快指数は高い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す