カラーパープル [Blu-ray] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カラーパープル [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,571
価格: ¥ 1,473 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,098 (43%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 1,414より 中古品の出品:2¥ 1,513より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • カラーパープル [Blu-ray]
  • +
  • 太陽の帝国 (2枚組) [Blu-ray]
  • +
  • アミスタッド [Blu-ray]
総額: ¥4,337
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ダニー・グローバー, ウピー・ゴールドバーグ, マーガレット・エブリー, オプラ・ウィンフリー
  • 監督: スティーブン・スピルバーグ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/01/26
  • 時間: 154 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 10件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B004CRSF4A
  • EAN: 4988135841957
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 68,934位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

スティーブン・スピルバーグ監督・製作、ウーピー・ゴールドバーグ主演による人間ドラマ。南部・ジョージアの町で出産した少女・セリーは、“ミスター”と呼ばれる男の下に嫁ぐことになり…。“どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

内容(「Oricon」データベースより)

精神的、肉体的に虐げられていた少女が1人の人間として目覚めていく過程を描く、スティーブン・スピルバーグ監督が贈る感動巨編。ダニー・グローバー、ウーピー・ゴールドバーグほか出演。「どんどんやるぜ!ワーナーのブルーレイ 2,500円」対象商品。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray
スピルバーグ作品といえど、ジョン・ウィリアムズが音楽を担当していないという理由と、パッケージに記された概要の悲惨さから観る気が起きなかった作品でした。でも、スピルバーグ節ヒューマンドラマが炸裂の大作でした。黒人差別、女性差別、虐待という凄惨なテーマを「シンドラーのリスト」のようなリアリティな陰惨さではなくコメディタッチと感動路線で描くという凄腕監督。娯楽映画として楽しめてラストの感動は衝撃的です。凡庸監督がこの映画を撮ってたら大して印象に残らない映画として永遠に埋もれたことでしょうね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
スピルバーグ監督作だが、全盛期の80年代の監督作にしては、あまり積極的には見る気の起こらない内容のため、あまり見ている人がいないように思われる本作。
原作はピュリッツアー賞作品で、ほぼオール黒人キャストというハードルの高い作品だが、そこは天下のスピルバーグ監督である、誰が見ても楽しめる娯楽性たっぷりの分かりやすいドラマに仕上げている。
原作の黒人差別や歴史などの難しいところはうまくはしょってエモーショナルな箇所だけを強調することによって、2時間半の長尺ながら、波瀾万丈のストーリーが展開し、飽きさせない。
この時期のスピルバーグはやはり凄くて、時間経過のモンタージュによる表現や、空間と構図にこだわったダイナミックな風景画像など、映像技巧派の天才ぶりをいかんなく発揮。ここらへんの天才ぶりが、当時の同業者から鼻につくとアカデミー監督賞を外されのも納得がいく。要するに鼻につくほどこういうシリアスドラマを演出してもスピルバーグはうまいのだ。
映画としての面白さを重視したこともあり、細部のディテールが時々よく分からないまま話が展開している感もあるが、細かいことはまあいいんだよ。
要するに本作は堅苦しく構えないで、NHK朝の連続テレビ小説のノリで黒人版おしんみたいな感じで手に取る方が望ましい。
ほどよくユーモアがあふれ、要所で泣かせ所ありなど、まさに朝ドラ的に楽しめる一級のドラマである。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
本当の強さと勇気。
揺るぎない絆。
信じ続ける事。
罪は罪として返ってってくる事。
そして罪を犯した者にも許される日が来る事。

人種差別だけがテーマでなく
人生の色々な道しるべが詰まった作品。

本編2時間30分、素晴しい時間旅行をさせてくれます。
間違いなくスピルバーグ最高の1本です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 麗しのタカリナ トップ100レビュアーVINE メンバー 投稿日 2015/2/21
形式: DVD
1985年公開作品、主演は歌手でもある女優のウーピー ゴールドバーグ、公開時30歳(代表作「ゴースト・ニューヨークの幻」)、アリス ウォーカーの小説の映画化作品、社会の底辺で生きる黒人の更に女性として生きる辛さをリアルに描いた人間ドラマ、不遇な境遇に育ち、若くして愛する妹と離され、とても長い年月の末に再会をするふたり、涙なくして観られない名作に仕上がっていました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 emir1969 VINE メンバー 投稿日 2014/11/1
形式: DVD
本作品の良さは「弱者がいつも必ずしも善人ではない」という至極当然な価値観が物語を貫いていることだと思う、
人の集まるところなら世界中みな同じ、 ろくでなしはやはりロクデナシ、 バカは常に馬鹿であることが遠慮なく描写されている痛快さが詰まった映画だと思う、

本作について長い間、 きっとスピルバーグがアカデミー賞欲しさと弱者黒人贔屓の映画を作って正義の味方面(づら)している幼稚で破廉恥な映画だろうと、 かってな偏見を持っていたことを反省させられた、

ただし演出はしょうしょう過剰な判りやすさのようなものがあるので好みが分かれると思う、
3時間の長い物語は、さて必ずしも映画で語る必要のないもの、 つまりテレビドラマで充分な内容だとも感じる、

音楽ファンにとっては、字幕では酒場と掲示されるジュークジョイント(黒人向けの安酒場)のシーンが面白い、
確かに100年前のジュークジョイントは本作の描写のようだったろうと思う、
本作はスピルバーグ映画にしては珍しくクインシー・ジョーンズが音楽を付けている面白さがあるのだが、 80年代風の洗練され過ぎる音であることは確かである、
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック