新品の出品:1¥ 7,632より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カラヴァッジョ~天才画家の光と影~【完全版】 [DVD]

5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,632より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: アレッシオ・ボーニ, クレール・ケーム, ジョルディ・モリャ
  • 監督: アンジェロ・ロンゴーニ
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2010/11/03
  • 時間: 200 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003V42YUG
  • JAN: 4988013455528
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 61,964位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

「この身は愛するために、命は描くために。」
400年の時を経て、なぜ彼の絵画は光り輝き続けるのか-?
いま明かされる名画誕生の秘密。

★200分の完全版で明かされる名画誕生の秘密!
DVDには劇場公開用(133分)にカットした70分のシーンを収録。
カラウ゛ァッシ゛ョの生涯や歴史的な名画を3時間というコ゛ーシ゛ャスな内容で堪能できる。

★名匠ストラーロが完璧に再現した「カラウ゛ァッシ゛ョ的」世界!
撮影監督は『地獄の黙示録』『レッス゛』『ラストエンヘ゜ラー』で3度のアカテ゛ミー賞に輝く「光の魔術師」ことウ゛ィットリオ・ストラーロ。
カラウ゛ァシ゛ョ絵画のもつ光と影のコントラストの強さを見事に再現し、絵画と映画の完璧な融合を見せている。

★2010年はカラッウ゛ァシ゛ョ没後400年記念!

16世紀イタリアを代表するバロック絵画最大の巨匠カラヴァッジョ。
彼が存在しなければレンブラントもベラスケスも誕生しなかった!
華やかなルネサンスが終焉した時代に、徹底した写実描写、劇的な明暗対比や感情表現で数々の傑作を遺し、多くの人を魅了した画家カラヴァッジョ。
彼は芸術の中心地ローマで才能を開花させながら、栄誉に甘んじることなく、描きたい絵を描き、愛したい女性を愛した。
自身の信念を貫くために戦いを挑み、そのために多くの敵を作った彼の人生はローマ、ナポリ、シチリアへと流転する。

アカデミー賞を3回受賞したイタリアを代表する撮影監督ヴィットリオ・ストラーロをはじめ、ローマ・ミュージアム・センター最高責任者や美術史家が監修に入り、
ある時は時代の寵児に、ある時は反逆者の烙印をおされた数奇な画家の生涯を忠実に描き出し、感動的にいろどる。

■完全版(200分)を収録
DISC1 前編
DISC2 後編、特典映像
※本作は本国で2話構成のTVドラマとして制作され、【完全版】はそのTV版を収録します。
劇場公開版はTVドラマを元に133分に編集したものです。

【初回限定生産】アウターケース付
【特典内容(予定)】・メイキング ・イメージ・ギャラリー:Masterpieces by Caravaggio~映画を飾る24枚の名画たち~

【スタッフ】
監督:アンジェロ・ロンゴーニ
撮影監督:ヴィットリオ・ストラーロ
脚本:ジェームズ・キャリントン/アンドレア・プルガトーリ
音楽:ルイス・バカロフ
歴史監修:クラウディオ・ストリナーティ/マウリツィオ・マリーニ

【キャスト】
カラヴァッジョ:アレッシオ・ボーニ
フィリデ・メランドローニ:クレール・ケーム
デル・モンテ枢機卿:ジョルディ・モリャ

オリジナル:DOLBY DIGITAL 2chステレオ イタリア語
日本語字幕

(C)2007 RAI FICTION-TITANIA PRODUZIONI-INSTITUT DEL CINEMA CATALA'-EOS ENTERTAINMENT-GTM PRODUCTIONS

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

イタリアを代表する画家・カラヴァッジョの波乱万丈の人生を、『輝ける青春』のアレッシオ・ボーニ主演で描いた伝記ドラマ。ミラノで絵の修行に励むカラヴァッジョは、幼い頃から恋焦がれていたコロンナ侯爵夫人の協力の下、芸術の都・ローマへ向かう。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 La dolce Vita 殿堂入りレビュアートップ50レビュアー 投稿日 2010/11/3
現在ローマの多くの教会や美術館を飾っているカラヴァッジョの絵画のいくつかは、当時そのあまりにも生々しい現実描写と画家自身の風紀上の問題で発注者から受け取りを拒否された。

この伝記映画は彼の押さえ難い理想の芸術への渇望と、現実社会に適応できない激しい性格の為に数奇な運命を辿ることになった画家の生涯を、絵画制作時の逸話をからめて描いている。彼の作品に感動した人なら、少なからずその作品が生み出された背景や制作過程、あるいは彼の人生にも興味を持つだろう。

イタリアでは2回に分けて放映されたテレビ・ドラマで、全体的に画家の人物像が当時の資料から忠実に探られ、時代考証にも凝っているが、万人向けの番組に相応しく、多少ロマンティックに演出されているところに評価が分かれるかも知れない。また優れた作品であることには違いないが、絵画制作のエピソードを多数挿入したことによって物語としてはいくらか集中力をそぐ冗長な印象も否めない。その点ではむしろイタリアで市販されている劇場公開版のほうが簡潔で疲れない。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
カラバッジョの芸術の素晴らしさはもちろん、とかく犯罪者呼ばわりされがちな荒々しいばかりの人間性とは打って変わった意外に温かく親しみやすい一面が随所に感じられファンとなってしまう。アレッシオ・ボーニの役の成り切りぶりがいいし音楽も素晴らしく特にタイトル音楽が何度もリピートして聞きたくなるほどいい。カラバッジョの画集や評伝・小説などもいくつも見ている上であえて言えば、よーく研究されて作られた映画だ。
また同名のもう1つの映画で、監督:デレク・ジャーマン、出演:ナイジェル・テリーのものも購入して見たが、バロックと現代とをシンクロしさせて描かれた全く変わった切り口が特徴でこちらも大変面白かった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 響子 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/11/4
Amazonで購入
この映画は劇場版を見た事があって、その時はなんとなく物足りない感じがした。
今回この完全版を見て、カラヴァッジョの生涯を補完できた思いがする。

私は光と闇をとらえた天才画家、カラヴァッジョの作品の大ファンなので★4・5
初めて彼の作品を見たのは、バチカンの一枚。すっかり心を奪われ、2度目のローマ訪問はカラヴァッジョとベルニーニの作品を見るために、市内を歩き回った。

彼が辛い修行時代の少年期、自分の才能を初めて認めてくれたマルタの騎士に憧れ、騎士から譲り受けた剣を肌身離さずに持ち歩き、その剣で身を滅ぼしていく、という皮肉が非常に哀しい。
ボルゲーゼ美術館の至宝ともいうべき、数々の絵画の作成経緯も見ごたえがあると思う。
また、傑作「聖マタイの召命」の製作過程と、神の啓示のごとく自然光が差し込み指をさす手を照らす演出の見事さは、必見。
後半、娼婦レナへの愛が、坂道を転がるように、カラヴァッジョを殺人犯としてローマを追われる破滅の運命へと向かわせる。
幼少期に父をペストで失い、家族のもとを一人離れ、ミラノへと向かった少年カラヴァッジョ、彼の欠落した愛情を埋めてくれる女は、みな去っていくか傷つく運命だった。
当時の宗教絵画の常識を破り、聖人は裸足、聖母や聖女のモデルは娼婦、殉教者
...続きを読む ›
1 コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 本作にみられるカラヴァッジオの「狂気」を、その「天才」のゆえに、残念に思うわれわれとしては、なぜ、そうなってしまったのかを、考えざるをえないのだ。「狂気」の背景となりそうな事柄をまとめてみると、以下のようになる。

 (1)ペストで亡くなった父親と祖父の姿を見たこと、さらには、ペストの恐ろしさを、馬上から威嚇してくる黒い装束の騎士として幻視した体験(これは、本作の最終場面で、再び姿を現わす)。

 (2)スペインとの闘争に明け暮れるイタリアで、貴族の財産没収を企む教会が異端審問を口実におこなった数々の公開処刑(カラヴァッジオと知り合った貴族の娘も)、ジョルダーノ・ブルーノの焚刑など。その目撃体験は、絵の登場人物に反映されるが、そのイメージが、描いた画家本人の心をむしばんでいき、彼がみる悪夢のなかにも登場するようになる。

 (3)パトロンに恵まれなかった頃に罹ったマラリアが完治せず、ぶりかえしてくる状態のまま、画業に専念していた。すぐにカッとなる(キレやすい)性格も、ひとつには、病気のはたらきによるのかもしれない。

 (4)そして、少年時代に「ミケリーノ坊や」などと呼んで可愛がってくれた騎士マルテッリに剣をねだったのが切っ掛けとなり、以後、肌身離さず持ち歩くことになったこと。銃もそうだが、武器は、持
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す