通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■帯無しです。■中身は、書き込みはございませんが、古い商品の場合淡いヤケがある場合がございます。■状態はカバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■丁寧に梱包してから迅速に発送いたします。■原則2営業日以内に発送いたします。■発送は原則ゆうめーるとなりますが、大型商品の場合はレターパック又は宅急便にて発送致します。※商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたら誠意を持って、ご対応致しますのでご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫) 文庫 – 1978/7/20

5つ星のうち 4.7 118件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カラマーゾフの兄弟〈上〉 (新潮文庫)
  • +
  • カラマーゾフの兄弟〈中〉 (新潮文庫)
  • +
  • カラマーゾフの兄弟〈下〉 (新潮文庫)
総額: ¥2,721
ポイントの合計: 208pt (8%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

物欲の権化のような父フョードル・カラマーゾフの血を、それぞれ相異なりながらも色濃く引いた三人の兄弟。放蕩無頼な情熱漢ドミートリイ、冷徹な知性人イワン、敬虔な修道者で物語の主人公であるアリョーシャ。そして、フョードルの私生児と噂されるスメルジャコフ。これらの人物の交錯が作り出す愛憎の地獄図絵の中に、神と人間という根本問題を据え置いた世界文学屈指の名作。

内容(「BOOK」データベースより)

物欲の権化のような父フョードル・カラマーゾフの血を、それぞれ相異なりながらも色濃く引いた三人の兄弟。放蕩無頼な情熱漢ドミートリイ、冷徹な知性人イワン、敬虔な修道者で物語の主人公であるアリョーシャ。そして、フョードルの私生児と噂されるスメルジャコフ。これらの人物の交錯が作り出す愛憎の地獄図絵の中に、神と人間という根本問題を据え置いた世界文学屈指の名作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 667ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1978/7/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4102010106
  • ISBN-13: 978-4102010105
  • 発売日: 1978/7/20
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 11 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 118件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 3,373位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
私は海外小説をよく購入しますが、内容の良し悪しよりも翻訳の文体で決めることがしばしばあります。
というのも、特に文学ともなれば購入が前提であることが多いのがひとつ、もう一つは、訳者によっては雰囲気ががらりと変わってしまうからです。

内容についてはもう他の方が沢山レビューしてくださっているので、内容ではなく翻訳内容をレビューすることにします。

これの翻訳者は原さんですが、文は適度な難易度でした。一文が長いのは海外小説ではもうお約束ですが、これは所々で長すぎる印象を抱くかもしれません。ですが、活字にあまり触れない方でも頑張れば読破できるレベルです。

文字の大きさの面でも読みやすいと思いますし、何より注訳が多いのは助かりました。
人名の注訳はもちろん、慣用句、引用の注訳までついているので、初めて読む方に特におすすめしたいのはこれ(新潮文庫)です。

あと、新潮文庫にはしおりがついているのが良いですね。しおりを落として読んだ場所が分からなくなるといったことも滅多にありません。

比較として、Amazonにおいてある岩波文庫と光文社古典新訳文庫の方も軽く紹介します。

【岩波文庫】の米川さん訳は、非常に漢字が多く、振り仮名も少ないので初見には向いて
...続きを読む ›
コメント 205人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
「カラマーゾフの兄弟」は最初、岩波文庫で読み始めた。米川さんの仰々しく、もったいぶった日本語訳は、複雑に人間関係が絡み合うこの小説を理解するには、混乱をもたらすだけで、私は途中で投げ出した。小説の面白さもあまり伝わらなかったかと思う。それに比べて、新潮文庫の本書の日本語訳は非常によい。この凄まじいまでの人間ドラマを十二分に堪能できた。
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 john*2 投稿日 2017/2/22
形式: 文庫 Amazonで購入
上巻は「大審問官」まで。兄イワンが弟アリョーシャに語る「大審問官」はドストエフスキーのキリスト教に対する考えを知るうえで最も重要と言われている部分。多くの専門家が様々な解釈をしているようだが、それほど深読みせずとも面白い。個人的にはカトリックに対する痛烈な皮肉ともとれたが、これは素人の読み方かもしれない。父フョードルとドミートリイ、イワン、アリョーシャの三兄弟、スメルジャコフ、ゾシマ長老、カテリーナ・イワーノヴナ、グルーシェニカといった物語の中心となる人物が次々登場する。一方で、話題があちこちに飛んで錯綜する。本筋が現れてこないと感じる。カラマーゾフをなかなか読破できないという人のほとんどはこの上巻で挫折してしまうのではないか。しかし上巻は今後の展開の伏線ともなっているので頑張って読もう。上巻を読み通せば、中・下巻は一気に読み通せる。ロシア文学にあまりなじみのない人は、ロシア人独特の名前の呼び方を整理してから読んだ方がいいと思う。ドミートリイはドミートリイ・フョードロヴィチ(丁寧な呼びかけ。父がフョードルなのでフョードルの息子ドミートリイという意味)だったりミーチャ(親しい間柄)だったり、ミーチカ(もっと親しい)だったりします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ドストエフスキーの最高傑作にして、集大成的作品。
カラマーゾフの3兄弟に人間の全てがあるとまで言われます。
世界文学屈指の傑作ということでためらう方もいるでしょうが、ミステリー小説的な楽しみもあるので素直に楽しめるはずです。
まあ、なんといっても食い入るように読んだのはプロとコントラの章、そしてその中でも特に大審問官ですね。作者に目の前で説き伏せられているような迫力を感じました。
まあそういった神の問題を別にしても、長兄ドミートリィの話などは大爆笑ですし、ギャグなどではなく、人間の誰もが持っているリアリティに笑かしてもらえます。
先ほども言ったミステリとしての面白さ、息を呑む審判のシーンなど、小説のあらゆる面白さが詰め込まれています。そして最後には感動が・・・。
長編小説なのにあっという間に読了してしまう面白さ。後悔はないはずです!!
コメント 79人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
かねがね読みたいと思っていたが、やっと読了した。
感想としては、凄まじく濃厚。購入した上巻の帯に「非常に強い酒のような小説」である旨記述があるが、そのとおりだと思う。上巻は物語が始まるまでの前置きなので、読み進めるのが辛いと感じることもあるが、読み進むと展開が気になって、手が止まらなくなる。

欲望の権化フョードル、
父の影響を表面だって受けた長兄ドミートリィ、
父の血を思想で防御せんとした次兄イワン、
もう一人の父を見出すことにより、父の影響から遠ざかっている三男、主人公のアリョーシャ。
そうした男達の周囲をさまよう三人の女性。
その者のたちを一歩離れた視点から見つめる私生児スメルジャコフと、
主人公の拠り所たる、もう一人の父親、ゾシマ長老、
そして一家が巻き込まれる事件の裁判官たち。

自分が読み進める際にメモを取っていた人物相関図の人数も、全巻合わせると70人を超え、(すべての登場人物ならば80人は超えていると思う)
凄まじいエピソードの洪水と人物達の心的洞察の中物語は進む。(また、登場人物も本名、渾名、と様々な呼び方をされるため、人物関係が非常に把握しづらいですので、これから詠み始める方にはぜひ人物相関図を作りながら読むことをオススメします)また
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー