通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫) 文庫 – 2011/3/15

5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700
¥ 700 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カラット探偵事務所の事件簿 1 (PHP文芸文庫)
  • +
  • カラット探偵事務所の事件簿 2 (PHP文芸文庫)
  • +
  • セブン (ハルキ文庫)
総額: ¥2,026
ポイントの合計: 63pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

あなたの頭を悩ます謎をカラッと解決いたします! 浮気調査や信用調査などを扱う普通の私立探偵とは異なり、謎解きだけを専門に扱うカラット探偵事務所。 探偵・古谷と助手・井上は毎回事件現場を訪れ、持ち込まれた事件を鮮やかに解決する! ファンとのメールのやりとりから作家の夫の浮気をあぶり出す「卵消失事件」、武家屋敷と呼ばれる豪邸で建物に突き刺さった矢が次々と見つかる「三本の矢」、祖父が作ったという三つの和歌から屋敷内に隠されたお宝を掘り当てる「兎の暗号」、差出人不明の手紙に同封された写真から父の居場所を見つけ出す「別荘写真事件」、団地内に配られた住人の不倫を告発する怪文書の謎を解く「怪文書事件」、古谷と井上の同級生の結婚式で、新婦の父親から風変わりな相談をされる「三つの時計」の6つのファイルを収録。 『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大反響を巻き起こした、乾くるみの連作短篇ミステリ、待望の文庫化。

内容(「BOOK」データベースより)

謎解きだけを専門に扱う探偵事務所に持ち込まれた六つの事件を、探偵・古谷が鮮やかに解決!メールのやりとりから夫の浮気をあぶり出す「卵消失事件」、三つの和歌からお宝を掘り当てる「兎の暗号」、差出人不明の手紙から父の居場所を見つけ出す「別荘写真事件」など、『イニシエーション・ラブ』『リピート』で大反響を巻き起こし、練達の愛好家を唸らせつづける著者の連作短篇集、待望の文庫化。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 355ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2011/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569676154
  • ISBN-13: 978-4569676159
  • 発売日: 2011/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 357,778位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
「乾くるみ」という可憐なペンネームに惹かれて読み始めましたが、文章力は言うに及ばず謎の仕掛けもなかなか堂に入ったもので、一日かけて一気に読んでしまいました。

うかつにも作者が男性で、それも著名な人気推理作家である事を知ったのは読了後のことでした。

しばらく推理小説から遠ざかっていた私ですが、本書がキッカケでまたミステリー文学にどっぷり嵌まってしまいそうです。

本書は6篇からなる推理短編集ですが、探偵補佐である主人公の「おれ」と同級生かつ上司の探偵事務所長の二人が、人の生死に拘るほど深刻ではない難問や珍事件を依頼者の求めに応じて鮮やかに解明していきます。

なかには話の途中でほぼ真相がバレてしまうような事件もありますが、総じて読者の推理をうまく裏切る著者のテクニックは、映画「シックスセンス」に通じるものを感じてしまいます。

他の評者も述べているように最終エピソードのサプライズは大変小気味良いものですが、それまですっかり主人公になりきっていたオッサン読者としては妙に気恥ずかしく、その点で無理矢理マイナス1ポイントです!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 gonroku 投稿日 2015/6/25
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白いが、この手の小説はよく見かける。

でも、

他と違うところは、作者のイニシエーションラブと同じように、

最後の最後、残り2ページ(kindle)紙の本では1ページ?でどんでん返しが起きる。

本編に大きく影響がある内容ではないが、

大きく裏切られる最後の2ページに「あ!やられた!!」とわたしは小さく

つぶやいていたかもしれない。

ここで、それを言いたいが、我慢します・・・。

作者の小説の面白いところです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
カラット探偵事務所の売り文句は、
「あなたの頭を悩ます謎を、カラッと解決いたします」。
謎とき専門の探偵事務所です。
事務所を構成するのは、謎とき担当の所長・古谷と
調査を担当する元新聞記者の井上。
高校時代の同級生でもある、当年30歳のコンビです。

この小説は、古谷が見事に解き明かした謎を
井上が記録するという形式で書かれており、
短編が六作収められています。

お話に登場する謎は、小説家の浮気疑惑や、宝の地図の暗号解読、
団地にまかれた怪文書の謎をさぐることなどで、血なまぐさい事件はおこりません。
事件に関わる登場人物たちも極悪人などはおらず、ごく普通の人々ばかりで
たんたんとした軽い筆致で描かれていますが、温かさを感じる人物像でした。
ラストにはサプライズもあり、楽しさ2倍。
読後もすっきりしたお話でした。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
 すっきりした印象のタイトル、表紙。
 書店で手に取り、初めて知った作者名。
 軽い読み物という感じ。頭の体操のような謎解き。
 解けそうで解けない。推理を読んで納得。
 決して重たい事件ではない。血なまぐさくもなく、本当に明るく読める。
 ホームズとか古典的な推理小説が好きな人は気に入るはず。
 と、そこまでは思ったとおりだったのです。
 基本的に想定の範囲内で、安心して読み終わるだろうと。
 しかし、最後の最後で意外な展開がふいにやってきました。
 警戒も防備も何もなかったので、簡単にやられてしまいました。作者に完敗です。
 最後の1ページを読んでいてもまったくわかりませんでした。そういえば伏線はいっぱいあったのに……。
 こんなふうにやられたのは、レイモンド・チャンドラーの『湖中の女』、『長いお別れ』以来です。読んでよかった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
乾くるみ氏の売れ線の変則ミステリーの作品群とは別にあまりこちらの方は注目もされてないが、殺人事件の起こらない日常の謎系のミステリーも結構書いており、林真紅郎と五つの謎や北乃杜高校探偵部などがあるが、それらの系統のシリーズの1作目である。
日常の謎系ミステリーはあまり突出した出来にはならないのが定番だが、本作は非常に読みやすく、謎と解決が分かりやすいこともあり、乾氏の日常の謎系作品では林真紅郎と五つの謎などと比べても面白さという観点からは最もお勧めできる作品である。
最後の最後で定番とも言える○○トリックによる落ちまで付いている。まあこれはあくまで余興ということであろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック