Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,264

¥ 140の割引 (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad

カメの気持ちと飼い方がわかる本 Kindle版

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,264

紙の本の長さ: 176ページ

商品の説明

内容紹介

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

カメは一見、感情のわかりにくい動物ですが、飼い主を認識し、名前を呼ぶと反応したり、
食事をねだったりするカメもいるぐらい、実は感情豊かで頭のいい動物。
本書は、飼いやすく人気のリクガメの魅力たっぷりの飼い方入門書。
監修は爬虫類専門医の小家山仁先生。何万頭ものリクガメを見てきた経験から、しぐさや行動の秘密、
記憶や喜怒哀楽のメカニズム、何を好み・何をいやがるのか、しつけはできるのかなど、
カメ飼いさんがいちばん知りたい「カメの気持ち」についてもディープに解説。
カメ飼いさんたちの実例も豊富で、感情の読みとり方の実践ヒント、
リクガメと楽しく暮らすための方法など、マネしたい内容がぎっしり。
カメが快適に暮らせる飼育法や食事の注意、気をつけたい病気など、飼い方の最新情報もしっかり掲載。
オールカラー&写真やイラストが豊富なので、カメを飼う前からもイメージがわきやすく、飼った日から即お役立ち!



小家山 仁:爬虫類専門病院レプタイルクリニック(東京・御茶ノ水)院長。1971年東京生まれ。
1995年日本大学農獣医学部獣医学科卒業。『カメの家庭医学』(アートヴィレッジ)、
『リクガメ大百科』(マリン企画)など、カメに関する著書多数。
カメはもちろん、は虫類の知識の豊富さ、治療の的確さには定評があり、クリニックには遠方から通う人も多い。

内容(「BOOK」データベースより)

いちばんわかりやすい!リクガメはじめてBOOK。カメのしぐさや気持ちを探る最新アプローチ。カメ飼いさんたちの実例でわかる!カメともっと心が通じ合う方法。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 87299 KB
  • 紙の本の長さ: 179 ページ
  • 出版社: 主婦の友社 (2017/5/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B071VZCCDM
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 97,388位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 キアラ 投稿日 2017/6/11
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
我が家のカメも載っているので。ただ、以前の本と同じ写真なのは残念です
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
「内容紹介」にあるとおり本。インコ好きの僕が、なんでこんな本を手にしたかというと、子供の時、夏休みの宿題で、自然観察をかねて、ウミガメを一カ月だけだが、飼って観察日記を書いたことがあるから。ともあれ、海亀と陸亀とは、同じカメでも違うモノだろうし、記憶は薄れているけど、海亀のエサには刺身を時にはあげていたかのような。大きなタライに入れて夏休みの間飼ったのだが、当然、海水がいいということで、近くに太平洋があったから(?)毎朝、大きなバケツをお手伝いさんと共に、出かけて入れ換えていたかと。夏休みが終ったら、海に放ったけど。砂浜をテクテクと、いやノタノタと這って海の中に消えて行ったのはいまでもはっきりと覚えている。鶴は千年、亀は万年というけど、まだ生きているだろうか?昔、テレビで見たけど、ウミガメの産卵って、結構大変。砂浜を掘って、タマゴを何個も生んで…。そのタマゴから生まれた子亀たちがノタノタと砂浜から海に向かって必死になって這っていく…。そういう砂浜をバカな餓鬼がバイクでブルンブルンと走るために子亀の生地が危機になっているとか…そんな番組だったか? 「環境主義者」ではまったくないが、「海亀」は大切に?
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover