カムイの剣 [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カムイの剣 [DVD]

5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,465 通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 2,550より 中古品の出品:1¥ 2,806より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でカムイの剣を今すぐ観る ¥ 324 より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • カムイの剣 [DVD]
  • +
  • 時空の旅人 [DVD]
  • +
  • 幻魔大戦 [DVD]
総額: ¥8,979
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 真田広之, 石田弦太郎, 小山茉美, 羽佐間道夫, 永井一郎
  • 監督: りんたろう
  • 形式: Color, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 角川エンタテインメント
  • 発売日 2008/04/25
  • 時間: 132 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 35件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0012ZN6W6
  • EAN: 4988111283818
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,889位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

角川アニメ映画第2弾!巨匠りんたろうが描く痛快冒険アドベンチャー!

●『幻魔大戦』の大ヒットを受けて作られた角川アニメ映画第2弾!
●監督は日本アニメの巨匠りんたろう!原作はSF作家・矢野徹の「カムイの剣」!
●主人公の声は真田広之!当時『里見八犬伝』『麻雀放浪記』で大人気だった真田がアニメ声優に初挑戦!
●音楽監督は宇崎竜童、主題歌は渡辺典子という人気者の顔合わせ!

<特典>
●予告編 ●キャラクターデザイン集

<ストーリー>
風雲急を告げる幕末、東北の地。孤児の次郎は、謎の法師・天海と出会って彼の元で修行に励み、一人前の忍者を目指していく。
だが、次郎は本当の母親の元を訪ね、彼女から天海の恐るべき正体を知らされて愕然とする。天海の狙いは、次郎が持つ剣=伝説の海賊キャプテンキッドの財宝の所在地が記されたカムイの剣だったのだ。

<声の出演>
真田広之、小山茉美、石田弦太郎、池田昌子、永井一郎、羽佐間道夫

<スタッフ>
原作:矢野徹
監督:りんたろう
脚本:真崎守
音楽:宇崎竜童/林英哲
主題歌:渡辺典子

(C)1985角川映画

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

矢野徹原作、りんたろう監督による、伝説の海賊・キャプテンキッドの財宝を巡る波乱万丈な痛快冒険スペクタクル。親殺しの汚名を着せられた次郎は、無罪を知る僧侶・天海に救われ忍者修行を始めるが、天海の狙いは次郎の“カムイの剣”だった…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
今から40年以上前に原作を読んだ事が有り、ダイナミックな世界観が大好きです。
駄作(少年ケニアとか)ばかりの角川アニメの中では、出色の出来であり一番好きな作品。りんたろう監督が、長い原作を非常に要領良く纏めている。主演の真田広之のたっての希望で実現した企画とのこと。
真田広之らしく現場に台本を持って来ない(台詞を丸暗記して来る)でアフレコ現場に来て、長編アニメを台本無しで収録すると言う伝説を作ったエピソードも有り、編集も効果音も完全に終了したフィルムを使用してアフレコをした唯一の長編アニメと言う伝説も作った。
観て損は無いと断言出来る。こんな作品が埋もれているのは勿体ないと思う。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
遠い昔、知人に「カッチョいい忍者映画を教えて欲しい」と頼んだところ、即座に勧められたのがこの映画でした。

ストーリー的には、謎を求めた旅先で出会った人に『では、どこどこに行ってみるがよい。なにかがわかるであろう』と言われ、
また新たな事実につきあたる。そしてまた別の地を目指して…
という具合に、実にRPGゲーム風というのか、そんな雰囲気もあるお話です。
時間や距離のすっ飛ばし方がなかなか大胆なので、本編の長さの割には話がポンポン進みます。
132分という時間もストレスには感じないのでは?
(後半、そろそろエンディングかなと思ったあたりから、さらにもう1イベントあったりして、なかなかボリューム感に満ち溢れています)

…が、私がお伝えしたいのはそこではない!
この映画の最大のセールスポイントは『ちっとも忍んでいないド派手な忍者が駆け巡るさまが無茶苦茶カッチョいい』という部分だと思うのです。
「なんで、わざわざそんな決めポーズで敵を斬るのだ!?」と、愛をもって突っ込みたくなる格好良さです。
他の方も書かれていますが、忍者に対する認識が180度変わります。
いや、本物の忍者はこの映画みたいなトンデモ技を使ったりはしないんでしょうが、それでもいいのです!
...続きを読む ›
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
りんたろう監督の角川アニメ大作。
何度見ても良い。
どうやってこんな映像を考えたんだろうというイメージ豊かな場面場面。
理屈では作れない、狂気や情熱の暴走が生み出したとしか思えない抽象表現。
それでいて基本はしっかりと守られているため、見ていて混乱することはない。
いやむしろ、この映像の先鋭性にも気づかないで鑑賞することが出来る。
現在、過多にリアル指向を強めるアニメーション。
リアルとは、映像がリアルという意味ではないのだ。
映像を見ることによって体感できる感触がリアルであるべきなのだ。
今作を見ればこの言葉の意味が痛い程良く分かるだろう。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この映画を見て、忍者に対する印象が全く違うものになりました。
忍者の動きのスピード感、くの一お雪の美しい術、その他、とにかくカッコいいです。
竜童組の音楽の躍動感がこれ以上ないくらい映像と融合しています。

演出の面でも工夫が凝らされていて古さを感じさせません。
例えば最近の映画やアニメではもう当たり前のようになってますが、
何かのインパクトの瞬間によく超スローモーションになったりしますが、
このカムイの剣でも既にやってたりします。

全体的に五感に訴えかけてくる映像で、観客に魅せると言う事を、
常に意識して作られていると言う気がします。

また重厚なストーリーも楽しませてくれます。小説も一気に最後まで読めてしまいました。
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
幼い頃に映画館で見て、鮮烈な印象を残したアニメ映画の傑作。
歴史や忍者に興味を持った記念碑的な作品。
一言で言えば冒険活劇ですが、宝探し・謎解き・復讐劇がミックスされた娯楽大作。

圧倒的かつ壮大なストーリー、個性的なキャラクターたちは勿論、様々な技術や特殊効果が駆使され、非常に美しい映像に仕上がっている。現在でも全く色褪せていないのは脱帽。

しかし、何と言っても最大の特徴は音楽だろう。ロックと和太鼓をジョイントし、双方をクロスオーバーした部分を組み合わせることで、独特のスタイルを生み出した。
また、随所にバリ島の民俗音楽・ケチャが盛り込まれ、場面の雰囲気やスピード感を盛り上げてくれる。不思議と忍者の疾走シーンにマッチしているのが楽しい。

個人的には、敵の首領天海の配下・松前三人衆がお気に入りです。外見といい技といい、もはや妖怪です。主人公である次郎よりキャラが際立っています(笑)

1度だけ深夜に地上波で放送され、それを録画したビデオを未だに保存しています。
これだけの傑作があまり有名でないのが不思議でなりません。
若干、残酷なシーンもあるので子供向きではありませんが、まだ見たことが無い方は、これを機会に是非!!
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック