¥ 2,268
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カミング・ホーム―文化横断的“悟り”論 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カミング・ホーム―文化横断的“悟り”論 単行本 – 2001/5

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,268
¥ 2,268 ¥ 616

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現代アメリカの最も卓越したスピリチュアリティの探求者ケン・ウィルバーをして「世界の偉大な神秘主義的伝統についてこれまでに書かれたもののうちで最良の入門書」と激賞せしめた本書は、「“悟り”とは、われわれの根源的調和に―あるいは神秘主義的な別の言い方をすれば、我々が神性に根ざしているという事実に―目覚めること」と定義し、それが現代に生きる我々の日常生活にどのような意味を持ちうるかを明らかにした画期的論考集である。

内容(「MARC」データベースより)

「悟りとは、我々の根源的調和に目覚めること」と定義し、それが現代に生きる人間の日常生活にどのような意味を持ちうるかを明らかにした論考集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 286ページ
  • 出版社: コスモスライブラリー (2001/05)
  • ISBN-10: 4434010476
  • ISBN-13: 978-4434010477
  • 発売日: 2001/05
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,007,732位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
これ1冊で、欧羅巴と東洋(印度や中国、日本等)主要な神秘学の一貫とそれに纏わる文化も解説してある画期的な書!
其々の悟りに至るものにおける驚くべき共通性と又その違いを比べるのも面白く、単なる解釈や表現法の違い?歴史文化
の違い?等といろいろと感じ取れます…

20世紀以降の霊学・神秘学の発達で、何かその様なものは最近発達したものの様に思われる節がありますが、実はそも
そもの宗教は霊的・神秘的なものからスタートし、それが徐々に人々や社会に受け入れられ文化を形成してきた〜という
経緯でしょう!

偶々、購入した後にある事情から、ユダヤ教のハシディズム(この本ではハシド派)の事を研究する事になり、これもと
ても参考になりましたし、キリスト・メシアニズムのパウロやイスラム・スーフィーイズムとの比較もこれででき、他の
本には余りない様な見解もあり面白かったですし、欧羅巴で発展したプロティノス形而上学とカバラの驚くべき共通点と
影響も改めて分かりました…

又最近、印度系ヨガ行者の方々と会う機会もあり、その時やその後にもこの本の解説も為になりました〜
易経については、所謂占いとしての吉凶ではなく、森羅万象から得た人生における歩みについての深い洞察について、
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告