無料配送: 10月21日 - 22日 詳細を見る
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
☯令和書店☯ ★毎日発送中です!【安心の返金保証適用品】
販売元
出荷元
☯令和書店☯ ★毎日発送中です!【安心の返金保証適用品】
この商品は1-Click注文できません。
お届け日 (配送料: ¥200 ): 10月24日 - 25日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 若干の使用感やいたみはありますが、中古品としては良い状態です。書き込み、水濡れ一切ありません。最後まで気持ち良くお読みいただけると思います。午前11時までの注文で当日出荷致します!【注文日もしくは翌日が土日祝、その他休日の場合は休日明けの出荷になります】アルコール除菌、拭き取り清掃実施済み。発送は防水封筒に入れ、ゆうメール、もしくはクリックポストで発送致します。ゆうメールでの発送には追跡番号はございませんので予めご了承願います。発送方法は変更できませんのでご注意下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話のカメラを使用する - 以下のコードをスキャンし、Kindleアプリをダウンロードしてください。

KindleアプリをダウンロードするためのQRコード

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖〈上〉 単行本 – 2000/11/1

5つ星のうち4.3 7個の評価

価格
新品 中古品
単行本
¥4,699
¥4,699 ¥946

購入を強化する

よく一緒に購入されている商品

  • カミング・プレイグ―迫りくる病原体の恐怖〈上〉
  • +
  • ペスト大流行: ヨーロッパ中世の崩壊 (岩波新書 黄版 225)
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちの1つが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

商品の説明

商品説明

第二次世界大戦後の一時期、医学関係者たちの間では、地球上のあらゆる疫病を撲滅できるという楽観論が支配していた、これは、当時次々と開発された抗生物質によって、感染症を抑え込めるようになっていたからだ。だが1960年代以降、致死率の驚くほど高い感染症、マールブルグ病、ラッサ熱、エボラ出血症などがつぎつぎと人類に襲いかかってきた。しかもこれまでの抗生物質をいくら投与しても一向に効力がない。そこでアメリカのCDC(疾病制圧センター)の「病気のカウボーイ」と呼ばれるスペシャリストたちがまさしく命賭けで、これらの微生物病原体への闘いへと挑んでいく。

本書は、そうした人間と疫病との壮絶な闘いを描いた大著である。最後まで読者を飽きさせない筆者の筆力は並々ならぬものがある。しかも医学のみならず、政治、経済、文化、社会というあらゆる分野を視野に入れた、ひとつの壮大な文明論であり、著者のことばに従えば、「人々が病気についてどう考えるかという新しい枠組み」を提供する試みでもある。そしてその試みは、見事に成功している。今後、世界規模で人々の交流が盛んになるにつれ、疫病が伝播する危険性もますます高くなる。本書を読み進むうちに、未知の感染症に対する日本の危機管理体制に対する不安が頭をもたげてきた。本書は、レイチェル・カーソンの『沈黙の春』に匹敵、もしくは凌駕する傑作といっても過言ではなかろう。(新田弘光)

著者からのコメント

このような公開の場を借りて、読者、書評家、評論家の皆様にお礼を申し上げられることは著者の非常な喜びであります。本を買っていただいたこと、お褒めいただいたこと、そして何よりも、『The Coming Plague(邦訳:カミング・プレイグ)』を読んでくださったことに感謝しています。また、本書の出版以来、各種疾病の出現と再出現に、影響力のある機関から注目が寄せられていることを喜ばしく思っています。クリントン政権は疾病の出現を国家安全保障上の脅威であると宣言し、この問題を直接的軍事脅威と並ぶものとして、公式に懸念事項優先リストに位置づけています。WHO(世界保健機関)とCDC(米国疾病管理センター)も、全世界の感染症と伝染病に対する監視および迅速な対応をさらに重視し、桟橋の再編成に取り組んでいます。

残念なことに、このような前向きな取り組みをよそに、状況は悪化の一途をたどっています。1995年にエボラ出血熱がザイールで再び現れたばかりか、強い薬剤耐性をもったタイプの結核菌やブドウ球菌、連鎖球菌、その他無数の微生物群が私たちのまっただ中に存在しているのです。

2000年の春には新著、『BETRAYAL OF TRUST』が出版されることになっています。次の著書は感染力のある微生物に関する懸念を論じ、さらに大きな枠組み、つまり地球規模の公衆衛生に話の舞台を置いています。『The Coming Plague』をお褒めくださった読者の皆さんなら、『BETRAYAL OF TRUST』のために5大陸で行なった、5年間の困難を極めた私の研究と調査を評価してくださると信じています。

最後に、このような場を設けてくだったAmazon.comにお礼を申し上げます。そして、『The Coming Plague』を読んでくださった方、感動的なコメントを寄せてくださった方、そして何よりも、医師や政治家のような指導的な立場にいる人々に感染症の恐怖を伝えてくださった方々に感謝してやみません。皆さん、ありがとう。
(Amazon.co.jp注:このコメントは1999年11月5日付でいただいたものです。)

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 河出書房新社 (2000/11/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2000/11/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 単行本 ‏ : ‎ 486ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4309251307
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4309251301
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.3 7個の評価

著者について

著者をフォローして、新作のアップデートや改善されたおすすめを入手してください。

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
星5つ中の4.3
7 件のグローバル評価
星5つ
51%
星4つ
30%
星3つ
19%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

殿堂入りVINEメンバー
2007年5月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年1月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年5月13日に日本でレビュー済み
2017年10月15日に日本でレビュー済み
2009年5月4日に日本でレビュー済み