カミュなんて知らない [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カミュなんて知らない [DVD]

5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 4,600 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 584 (11%)
ポイント: 46pt  (1%)  詳細はこちら
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Sepia-Shop ”Wings of the DOVE” - 鳩の翼 -が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 3,844より 中古品の出品:8¥ 479より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 柏原収史, 吉川ひなの, 黒木メイサ, 田口トモロヲ
  • 監督: 柳町光男
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エスピーオー
  • 発売日 2006/09/22
  • 時間: 115 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000HA4A2C
  • EAN: 4988131906476
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 7,936位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『さらば愛しき大地』『火まつり』の鬼才・柳町光男監督が、柏原収史、吉川ひなのら若手俳優を主演に迎えた青春群像サスペンス。2000年に実際に起きた少年による老婆刺殺事件を元に、その事件の映画化に取り組む大学生たちの葛藤と苦悩を描く。

内容(「Oricon」データベースより)

ある都心の大学で“映像ワークショップ”を受講する学生たちは、高校生が犯した〈不条理殺人〉をテーマに「タイクツな殺人者」という映画を製作することになるが…。柳町光男監督が、殺人の衝動と倫理、生と死の本質という難題を投げかける青春サスペンス・ドラマ。出演は柏原収史、吉川ひなの、前田愛ほか。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 一色町民 殿堂入りレビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/8/2
学生たちが制作する映画「タイクツな殺人者」というのが「人殺しを経験してみたかった。人を殺したらどうなるか、実験してみたかった」という、2000年5月、愛知県豊川市で実際に起きた老婆刺殺事件の犯人である男子高校生の証言を手がかりに作られています。

不条理殺人が題材であり、重いテーマも内包していますが、学生達による映画製作の過程、クランクイン直前の緊迫感、彼らの映画への純粋な情熱。そして、恋と友情が交錯する青春映画としても、とっても面白い。

「ザ・プレイヤー」「ベニスに死す」「アデルの恋の物語」などへのオマージュ(パロディ?)ゴダール、ヒッチコック、コッポラ、カラックス、タランティーノ、等々の監督の名が飛び交う小ネタも映画ファンのオタク心をくすぐります。(笑) 実際はもっと細かくて複雑なんでしょうけど、製作時のスタッフたちの精神状態や考え方、感性のぶつかりあいなど、映画製作の過程を疑似体験できるという面もあります。

学生の物語なので、若手の俳優(35歳の大学生役の田口トモロヲもいますが)が大勢出演しています。それぞれ個性的で良かったのですが、中泉英雄という新人俳優が素晴らしい!! また、吉川ひなのが、適役というか、圧倒的な存在感で本当にスゴかった。

現実なのか映画なのか? あの迫力と観客を惑わすラスト。また、エンドロールに付随する映像も圧倒的です。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 実に奇妙で、コメントしづらい映画です。珍味ですよ、これ。「いわゆる映画好き」な人にはたまらないんでしょう。

 冒頭の立教大での長回しと、ラストの現実と虚構の入り乱れた撮影シーンは圧巻なんですが、あとがもう、つらかったです。

 とにかく彼らのやる事為す事「え〜」「うわ〜」「あは」と私は実際に声に出していたのかどうか憶えてませんが、そんな言葉で支配されていたのは間違いないです。それが監督が意図的に、確信犯的に仕組んだものなのか、単に私のツボを刺激したのか、往年の名作へのオマージュを散りばめたりしてちょっと頭良さそうな作品だから、それがよく分からなくて困りました。

 ただ、前田愛扮する女の子は実務型の助監督的存在なんですが、これがまあ実にモテるところがリアル。ぶっちゃけあんなモテるほどかわいくはないです。ただ、ああいう映画サークルとかワークショップは、撮影前後ずっと一緒にいるから閉塞感あるし、かつ女性率低いわけです。そしたらやっぱああいう実務型姉ちゃんに必然的に群がるんですよ。この映画はそんな実態を暴露したに過ぎない気がします。当初池脇千鶴が出るはずだったらしいんですが、もし彼女だったらこのリアルさは簡単に失われ、違った映画になったでしょう。
 しかも、映画制作という同一の目標に突き進んでいるようで、どこかみんなバラバラで、希薄な関係です。そこも何だかリアルです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
役者の演技とかは 申し分ありません。青春映画だと思えばいいんでしょうか。最後のシーンは 現実なのか劇中劇なのかわからなくなりました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック