カポーティ [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 927
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: TOMATON横浜
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カポーティ [DVD]

5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,533
価格: ¥ 927 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 606 (40%)
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:20¥ 780より 中古品の出品:4¥ 400より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • カポーティ [DVD]
  • +
  • 冷血 [DVD]
総額: ¥1,918
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: フィリップ・シーモア・ホフマン, キャサリン・キーナー, クリフトン・コリンズJr, クリス・クーパー
  • 監督: ベネット・ミラー
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2014/02/05
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 49件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00H1GZG50
  • JAN: 4988142977625
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 38,608位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

第78回アカデミー賞主演男優賞受賞!
天才作家トルーマン・カポーティ――。
最高傑作『冷血』誕生の陰に隠された真実を描く衝撃作!
映画の言葉“他人に誤解されながら生きていくのは辛い"


<キャスト&スタッフ>
トルーマン・カポーティ…フィリップ・シーモア・ホフマン(村治 学)
ネル・ハーパー・リー…キャサリン・キーナー(塩田朋子)
ペリー・スミス…クリフトン・コリンズJr.(桐本琢也)
アルヴィン・デューイ…クリス・クーパー(原 康義)

監督:ベネット・ミラー
脚本:ダン・ファターマン
原作:ジェラルド・クラーク
●字幕翻訳・吹替翻訳:松崎広幸

<ストーリー>
1959年、カンザスの田舎町で一家4人が惨殺される事件が発生。作家トルーマン・カポーティは、事件にかつてない好奇心をそそられ、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに近づく。6年間に及ぶペリーへの取材を経て、カポーティは衝撃の作品を描き上げた。その名は――「冷血」。しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった……。

<ポイント>
●『ティファニーで朝食を』の原作者、トルーマン・カポーティ。彼の苦悩と葛藤を、フィリップ・シーモア・ホフマンが迫真の演技でみせ見事アカデミー賞を受賞した秀作。
●第78回アカデミー賞主演男優賞受賞!
●アカデミー賞主要4部門ノミネート(作品賞/監督賞/助演女優賞/脚色賞)

<特典>
●フィリップ・シーモア・ホフマンとベネット・ミラー監督による音声解説
●メイキング・ドキュメンタリー集
・トルーマン・カポーティ叶えられた祈り
・『カポーティ』メイキング -PartI 構想から脚本へ
・『カポーティ』メイキング -PartII スタイルの決定
●オリジナル劇場予告編集

内容(「Oricon」データベースより)

1959年にカンザスで4人を惨殺し、死刑判決を受けた被告人ペリー・スミスに6年間に及ぶ取材を経て、衝撃の作品を書き上げた作家トルーマン・カポーティ。しかしその後、彼は一冊の本も完成させることはなかった…。天才作家トルーマン・カポーティの最高傑作「冷血」の誕生の陰に隠された衝撃の真実を描いた衝撃のドラマ。主演のフィリップ・シーモア・ホフマンは、本作でアカデミー賞主演男優賞を受賞。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
一言で表すなら「ミイラ取りがミイラ」になりそうになる話。

そのミイラ取りを演ずるP.S.ホフマンのカポーティなりきり演技はさすが。
カポーティ本人の肉声を聞いたことがありますが、ほとんど同じです。
そこまで役になりきったからこそ、アカデミー主演男優賞も獲得できたのでしょう。

作品については、原作を少し読んでいるので事件などの概要も知っていましたが、
あの小説を描いた背景には、ここまで深くリサーチし、そして犯人と半ば同一化してしまいそうになるまでのめり込んでいた、とは驚きでした。

劇中の「私たちは同じ家にいて、彼は裏口から、私は表玄関から出てきた」
これが素直な感情なのでしょう。

改めて、「冷血」を読みなおそうと思います。

余談ですが、エド・ハリスも出演しているという情報もありましたが、
見つけられませんでしたね・・・
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 こるこる 投稿日 2017/7/5
形式: DVD Amazonで購入
商品非常にきれいで早急なご対応ありがとうございました。
映画館で観た以来なので、これかれ故ホフマンさんの名演をじっくり鑑賞しようと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
カポーティの行為について、

「ジャーナリストなら当然」

という個人的見解を述べたい。

彼の行為とは、

「君らの刑を軽くするために小説を書く」

と味方を装って一家惨殺事件の犯人(少年達)に近づき、

彼らを騙して話を聞き出しベストセラー小説「冷血」を書き上げたことである。

彼が冷血か?と問われれば「否」だろう。

犯罪者の事を書こうとするジャーナリストは、多かれ少なかれカポーティと同じようなことをしている。犯罪者に近づかなければ真実なんて書けやしない。味方を装うか少なくとも理解を示さなければ、彼らに近づくことはできない。

しかし犯罪は犯罪であり、悪い事は悪いと書かなければ、ジャーナリストは犯罪組織の広報に成り下がる。いくら仲良しを装っても、犯罪者に取り込まれてはいけない。

もしカポーティが少年達の刑を軽くするために小説を書いていたら?

そっちの方が問題だろう。犯罪者の事を書こうとするジャーナリストの多くは、カポーティのようにおびえながらも勇気を持って書いている。

彼を冷血だと言いたいなら、「少年達が冤罪だった」という筋書きでなけ
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
トルーマン・カポーティが実際の殺人事件を取材し、殺人犯とも交流を深めながら「冷血」という小説を書き上げるまでの行動を映像化した作品。
人間としては加害者に同情を寄せながら、一方では作家としての業なのだろうか、執拗に加害者を問い詰めたり、挙句の果てには小説を書き上げるために、死刑執行を早めるような行為にまで及んでしまうという、人間の極端な二面性をものの見事に描ききった作品だ。
また実際のカポーティなんて知るわけもないが、その人物になりきっているだろうと思わせる主演のフィリップ・シーモア・ホフマンって役者さんにもビックリした。
後から知ったが、この役者さん、「マネー・ボール」では監督役で出ていたみたいだが、全く別人だな。
後は、これはあくまで僕の感覚的なものだが、ベネット・ミラー監督の映像演出は、イーストウッド監督に近い重厚で品の高いものを感じるな。
「マネー・ボール」も良かったが、個人的には「カポーティ」の方が好きになったし、ちょっと遅かったが、この監督のことを知れて良かった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2007/4/22
形式: DVD
ノンフィクション・ノベルという20世紀文学に多大な影響を与えたといわれるトルーマン・カポーティの「冷血」。
その「冷血」が世に送り出されるまでを描いた作品。
既に著名人であったカポーティは自分のスタイルを変えるために新聞で読んだ殺人事件に目をつける。
警察官、発見者と取材を進めてゆき遂に犯人と接触する。
犯人は死刑が宣告されるが控訴し取材時間を確保しようとするカポーティ。
カポーティは犯人の人物像を探るために友情を装う。途中まで書き上げた小説の題名を友人に聞かれ「冷血」と答えたとき「それは貴方のこと?」と尋ねられる。
殺人犯に偽の友情で近づき作品をモノにしようとする作家である自分と偽の友情を嗅ぎ分けながらも自分を信頼する殺人犯の間でにカポーティは次第に精神的に追いつめられてゆく。
社交界の有名人でもあったカポーティを演じたフィリップ・シーモア・ホフマンはオスカーに値する名演。名声を欲する性質と殺人犯にのめりこんでいく姿が感じ取れた。
カポーティは「冷血」以後作品を書けなくなったと言われているが、この作品に注がれたエネルギーの量が十分感じ取れる作品。
文学好きの方にはお勧め。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す