この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

MARS MATRIX

プラットフォーム : Dreamcast
5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 45,000より 中古品の出品:7¥ 8,800より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


製品情報


登録情報

  • ASIN: B000069TER
  • 発売日: 2000/11/9
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 39,168位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

鬼畜段幕STG。しかし、巧くモスキート(敵弾吸着&跳ね返し)を使えば、道は開ける。しかも、お手本プレイを参考にすれば攻略法も解る為、クリアするだけなら誰でも何とかなる筈。またコレらのヒントやクリアに近付く為の要素を、「得点を稼いで購入する」というシステムにしてあるのがミソで、「クリアしたいが為に巧く稼ぐ」というモチベーションが発生しやすく、途中でヘタレずに、跳ね返し弾を大量のアイテムに変換する楽しさ(快感)を発見出来る仕組である。怒首領蜂シリーズの様な爽快感とはベクトルの違う味わいが有る。逆にモスキート未使用プレイに挑戦するなら、とてつもない超絶STGと化す事請け合い(笑)。また心地好いテクノBGMも独特で、意外とハマる(笑)。派手過ぎない絵や効果音等の演出が、作品の楽しさを上手く引き立てて好印象。キャラ売りとは無縁な硬派な作風も、長年のSTGファンには嬉しいかも。怒首領蜂がキャラゲー色を強めつつある今、今後のSTG業界の動向次第では、将来的に本作の評価は激変する可能性も有り、STGマニアには要注意な作品かも…!?
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
人を選ぶゲーム。
弾を吸収するというシステムに違和感を覚える人にはお勧めできないかもしれません。

ゲーム自体は良く出来ています。バランス調整も見事。
難易度は高めですが、何度もプレイしているうちに進めることが出来るようになっていきます。

ただ音楽が単調で、演出も全体を通して地味。
効果音も地味で、爽快感や迫力に欠けます。
そう言った部分は非常に残念。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 チビスケ 投稿日 2009/3/1
鬼の難易度だと思う。ケイブの怒首領蜂に代表される弾幕系シューティング。 ギガウイングで有名な匠コーポレーションの放ったマーズマトリクス…弾丸地獄と銘打つあってこの鬼畜っぷり個人的に怒首領蜂大往生と良い勝負じゃないかと(汗) メインショットに加え、敵弾を吸着するモスキートシステム、中距離攻撃のピアシングキャノン。しかも基本は1ボタンで全て行う取っ付きにくさ!そしてレベルアップの概念。硬派なポリゴンレンタリングで描かれたゲームグラフィック&アシッドなテクノミュージックで地味だけど未だにちょくちょくプレイしてしまう魅力のあるシューティングだと思います。プレイしてみては??
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告