逆転検事(通常版) がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。プロダクト、ダウンロードコードは使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,233
41pt  (1%)
+ ¥ 344 関東への配送料
発売元: 家電のケンちゃん
カートに入れる
¥ 3,578
通常配送無料 詳細
発売元: カルムメゾン
カートに入れる
¥ 3,600
通常配送無料 詳細
発売元: 宝猫商店
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

逆転検事(通常版)

プラットフォーム : Nintendo DS
5つ星のうち 3.6 239件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,184
価格: ¥ 3,577 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,607 (31%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ロドステーションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
通常版
新品の出品:16¥ 3,180より 中古品の出品:56¥ 776より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

エディション: 通常版
  •  ◆◆◆ おすすめ!「 逆転検事 」体験版◆◆◆

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • 逆転検事(通常版)
  • +
  • 逆転検事2(通常版)
  • +
  • 逆転裁判4(通常版)(特典無し)
総額: ¥14,151
選択された商品をまとめて購入

登録情報

エディション: 通常版
  • ASIN: B0017PBWW2
  • 商品パッケージの寸法: 12.5 x 13.6 x 1.6 cm ; 82 g
  • 発売日: 2009/5/28
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 239件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 1,823位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

エディション:通常版

商品紹介

●新たな逆転の主人公は、検事御剣怜侍
主人公は、逆転裁判でおなじみの成歩堂龍一の親友であり、最大のライバルでもある検事御剣怜侍。弁護士ではなく検事側から事実の真相に迫る、逆転シリーズの新たな形。

●御剣を操作して、証拠品を探せ!
これまでの逆転裁判との最大の違いは、「画面に表示されている主人公を操作できる」という点。逆転裁判では調べたい場所を指摘してゲームを進めていたが、「逆転検事」では画面上の御剣を動かして捜査を進めてゆくことができる。調べた場所に何かあれば、情報や証拠品を入手できる。御剣が見せてくれる様々なアクションにも注目。

●現場に隠されたムジュンにつっこめ
逆転シリーズといえば、絶体絶命な状況からの大逆転が醍醐味。「逆転検事」では事件現場を舞台に衝撃の逆転劇が繰り広げられる。関係者から得た情報や入手した証拠品をもとに、事件現場に隠されたムジュンを探し当てて証拠をつきつければ、シリーズの伝統ともいえる逆転の展開に。果たして君(御剣)は事件の真相にたどり着けるか!?

●事件の真相を追い、舞台は様々な場所へ
逆転裁判では法廷を中心に物語が展開していたが、「逆転検事」は事件の現場を中心として様々な場所で物語が展開していく。御剣検事を捜査して様々な場所を巡り、事件解決に必要な証拠品や情報を入手していくことになるだろう。

●君の手でロジックを組み立てろ
検事・御剣となって事件の真相を追っていく上で最も重要なのが、ロジックの組み立てだ。ロジック組み立てのポイントとなる<情報>は事件現場を調べたり、事件の関係者と会話することで入手できる。入手した2つの<情報>を組み合わせてまとめることで、新たな真実が見えてくる!まさに天才検事・御剣らしい要素といえるだろう。

●対決!!発言のムジュンを指摘しよう
事件の捜査中、関係者との会話中に事件の真相をめぐって対決することも! 対決は逆転裁判シリーズの「証人尋問」とほとんど同じ流れで進めることができる。相手の主張や推理にゆさぶるコマンドでゆさぶりをかけ、発言と証拠品にムジュンを発見したらつきつけるコマンドで証拠品を叩きつけてやるのだ。法廷バトルで身につけた力を生かして、相手を論破してやろう。

Amazonより

人気AVG『逆転裁判』シリーズのスピンオフ作品。プレイヤーは、『逆転裁判』~『逆転裁判3』の主人公・成歩堂龍一のライバル検事・御剣怜侍となり、検事側の視点で事件の真相に迫る。法廷バトルが中心だった『逆転裁判』シリーズとは異なり、本作では"事件現場"を中心としてさまざまな場所で物語が進行。捜査中に得た情報や証拠品をもとに"ムジュン"を探し出すことで事件のキーパーソンと対決し、シリーズの醍醐味である衝撃の逆転劇を展開できる。捜査中に事件解決のカギを握るのが、本作で新たに採用された"ロジックモード"。これは、複数の情報を組み合わせて推理するという新システムで、天才検事・御剣のキャラクター性を色濃く表現した新要素となっている。

http://dol.dengeki.com/


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

版: 通常版
逆転裁判1〜4までクリア済みで、過去の作品がとても良い出来だったためこの作品もやってみました。
全5話の構成で、1話が短く2話から4話までが普通の長さで、5話が少し長い話になっていました。すべての話が最後につながりひとつの大きな事件となっています。
難易度は低く、誰でもクリアできるレベルです。DSの機能を使うような作りにはなっておらず、タッチペンを全く使うことなくプレイ出来てしまいます。
ストーリーに関しては、悪くはありませんが少し物足りないのがクリアした後の感想です。逆転というタイトルの割には、どんでん返しの展開が無く平坦な話であったように思います。また、殺人事件の容疑者が少ないため、すぐに犯人が分かってしまい、犯人あての楽しみが無いのが残念でした。
過去の作品の登場人物がけっこう登場するので、どちらかといえば初心者よりもファン向けのゲームだと感じました。初めての方は、逆転裁判のほうが作品の出来は良いのでそちらを先にプレイしたほうが良いと思います。
コメント 92人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
プレイし終えての印象はタイトルの通りです。

「逆転裁判」の正当続編であった4は、大半のキャラと舞台を一新し、
時代が変われば人も変わる…といった雰囲気の骨太な続編でした。
が、肝心のプロットや新キャラの扱いがあまりよろしくなく、
方向性そのものまで大多数に批判されるような結果となってしまいました。

「じゃあやっぱり旧作ファンに媚びよう」と既存キャラとネタをこねくり回して作ったのが本作。
それが好きな人にはたまらないが、そうでもない人には特に見所がない。
そんな作品です。

法廷パートをそのまま現場に持ってきたためにやることは本家と同じですが、
有罪判決が出れば即終了という“物語上の緊張感”はほとんど失われています。
ロジック・システムは本作の主人公『らしさ』を演出するための要素に過ぎず、
システム自体に目新しさはまったくありません。
実際の所、三人称視点である意味も特にありません。

つまりこれは旧作ファンを楽しませるためのキャラゲーに徹した作りとなっていて、
『逆転裁判』のキャラクターや世界観に愛着があるかどうかで
評価が大きく分かれる作品だと思います。

元々、3で完
...続きを読む ›
コメント 173人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
逆転裁判シリーズ1,2,3プレイ済です。
逆転検事ではキャラクターを直接操作してマップ移動ができたり
捜査のギミックが変わっていたりと
最初のうちは楽しくプレイすることができましたが
2話以降どんどんゲームから手が遠ざかり、
最後は修行のような精神状態に・・・
理由として
①キャラクターのエフェクトが多く時間がかさみ、進行の妨げになっている
②答え合わせのようなゲーム展開。新しいギミックがシナリオに無理やりあわせて進行しているので捜査がだらだらしているように感じる

出来ることはたくさん増えたはずなのに、
逆転裁判シリーズのほうがはるかに自由でした。。
サウンドノベルで自分のペースでサクサクと進行していけたその良さが今作には無かったのも原因かなあ。

良かったところ
①若い頃の御剣検事が見れる(かっこいい
②部屋を探索できる楽しさ(RPGならではのワクワク感は増していました

2はこれからプレイします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
版: 通常版
主人公が検事なので「逆転検事」というタイトルに偽りは無いのですが、ゲーム内容を
考えれば「逆転探偵」というタイトルの方が正しく思えるくらいに検事をしていないゲームです。

まさに事件は現場でおきているという風に、常に現場で話は進んでいきます。

今までの逆転シリーズでは探偵パートで様々な場所に移動し、証拠を集め法廷パートに
進んでいたわけですが、この探偵パートで必要な証拠を見つけられないとグルグルと同じトコロ
を回って中々先に進まずにダレる事があったのですが「逆転検事」では一つのMAPの中に
必要な情報、証拠が全て配置されている為、そのMAP内をくまなく調べれば、必ず先に進みます。
そういう点では詰まらずにサクサク進んでよかったです。

今回新たに導入された「ロジック」は中々面白いシステムです。
二つの証拠を合わせて一つの新たな証拠を作り出すという「逆転裁判4」の「みぬく」と違って
自分で推理できるので自分的には、良いと思いました。

やっぱ推理ゲームは自分の推理を活かせるシステムは必須だと思います。

相手の推理、証言を追及していくパートが今作の法廷パートにあたるわけですが、サイバンチョが
いないだけで
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す

エディション: 通常版