この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

逆転裁判

プラットフォーム : GAMEBOY ADVANCE
5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


製品情報


登録情報

  • ASIN: B00005QF5O
  • 発売日: 2001/10/12
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 11,172位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

商品紹介

本邦初!法廷バトル!プレイヤーは新米弁護士となって、無実の容疑者の冤罪を晴らす。

Amazonより

   法廷を舞台にしたアドベンチャーゲーム。プレイヤーは正義に燃える若き弁護士・成歩堂龍一(なるほどう りゅういち)となり、有罪が確実な依頼人の無実を証明していく。自ら証拠を集め、法廷でのウソの証言を指摘し、その矛盾点を見つけだす。検察側の証人を追い詰めて真実を追求していくことで無罪を立証するのである。

   エピソードは全部で4つ。各エピソードには「法廷パート」と「探偵パート」に分かれている。ライバル天才検事「御剣 怜侍」や助手の霊媒師見習い「綾里 真宵」とのやりとりも楽しい。本製品は犯人当てゲームのような推理モノではなく、法廷でのやりとりに重心が置いてある。しかし裁判モノといっても決して難しい内容ではなく、大人にも子どもにも楽しめる内容となっている。(樋口浩二)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

あまりに非現実的な裁判制度や、弁護士が、被告が犯人でないことを証明(別の人間が犯人であることの証明)しなきゃいけないなど(ちなみに現在の世界中の司法では検事が、被告が犯人であることを証明しなければならない)、文句はたくさんあるが、それに対して全て目をつぶってしまえるほどに良い出来。大々傑作。ネタばれになるので詳しくは書けないが、「大のトノサマンファンの子供なのに、トノサマンの勝利シーンを写真に撮らなかったのは何故か?」、「第2の銃弾のありか、そしてその証明法」にはすごく痺れました。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
このゲームは、プレイヤーが新米弁護士、成歩道龍一となって依頼人を
無罪にするゲーム。なぜか依頼人はいつも絶対絶命の状況。
不利な証拠、不利な証言、そして手強い検事
そんな中で、不利な証拠を有利な証拠に、不利な証言の矛盾を探し、
検事をハッタリで言いくるめ(爆)頭を使いながらゲームを進めていく
登場人物も個性的で、何よりドラマがある。
ここまでハマるゲームはそうそうないとおもう。
買ったら、必ず続編も買いたくなるゲームだ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
今時珍しい?2Dタイプのアドベンチャーゲームです。
とはいえグラフィックはキレイですし、演出として一部にサンプリングによる音声があります。
GBAなので当然ですが、何時でも好きなときに保存して中断できるのも、「どこまでも自分のペースでゲームが出来る」ので実はとっても良い部分です。
主人公「成歩堂」は弁護士で、第三者から見れば「間違いなく犯人」というくらいに追い詰められている依頼人の無実を証明すべく、たった1日の間に探偵パートと呼ばれるパートで裁判で戦う為の物的証拠、証人、言質等を集め、翌日の裁判に臨みます、その裁判で判決が下せない場合には「探偵パート」以後を繰り返す、そして最終的に依頼人の無罪判決を勝ち取る、そういうゲームです。
探偵パートは従来のアドベンチャーゲーム同様、聞き込みだったり、画面の色んなところをカーソルで調べたりしながら進めていきます。そうして集めた証拠等を手に、裁判パートでは検察側が用意する物証や証人の証言から、事実と矛盾する部分を「異議あり」と叩きつけてやる訳です。
裁判パートはこれまでのアドベンチャーゲームにはない要素で、法廷という場所で、物証や証人の証言等あの手この手で依頼人を有罪にしようとする検察側相手に、こちらも物証を提示したり、あるいは相手側の物証、証人の証言の矛盾点を指摘していくのですが、1日しかない
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ユ。 投稿日 2006/4/21
たまたま他のゲームで買ったGBAを持て余していた時に何気なく買いましたが、こんなに面白いゲームに出会うとは思いませんでした。

所々に設けられているツボをついた笑い。

最後には泣かせる展開。

いちいち濃いキャラたち。

要求される情報集め+推理力。

いつでも何処でもセーブ可能。

究極な事を言ったら、上から下まで満遍なくコマンドを選んでいったら、いつかは攻略可能。(笑)

面白いです。推理ゲーム好きはぜひやって下さい。GBAでの更なる展開を希望します。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/4/25
なんとなく「面白そうだな」と、さほど大きな期待もせずに遊んでみたのですが、これがあまりに面白くてビックリ。
無実の罪を着せられた被告人を弁護士として救い出すのが目的で、
犯人(最初から分かっているんだコレが)である証人を、尋問や証拠提出で白状させていくのですが、
このやりとりがとてつもなく楽しくて。
淡々とやりとりするだけなら退屈な作品だったんでしょうが、
なんというかカプコン節が炸裂で大変です(笑)。
真面目に裁判を題材にした作品を希望される方には向きませんが、
人との対話式なタイプのゲーム作品などが好きな人、
「逆転裁判」というこのタイトルに興味をもった人にはぜひおすすめしたい作品です。
プレイ時間はあまり長くないのが残念なところですが、
クリアしてもまたやりたくなる不思議な作品です。
ゲームに離れつつあるこの頃でしたが、久しぶりに楽しませてもらいました。
続編にもぜひ期待したいです。ホントに。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー