カフーツ がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,650MP3アルバムを購入

カフーツ Limited Edition, SHM-CD

5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,600 通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:3¥ 1,980より 中古品の出品:3¥ 1,500より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ザ・バンド ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • カフーツ
  • +
  • ステージ・フライト+4
  • +
  • ムーンドッグ・マチネー+6
総額: ¥6,118
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/12/10)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Limited Edition, SHM-CD
  • レーベル: EMI MUSIC JAPAN(TO)(M)
  • 収録時間: 60 分
  • ASIN: B001I1D7C8
  • EAN: 4988006868915
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 638,732位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
4:00
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
2
30
4:21
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
3
30
3:41
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
4
30
3:50
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
5
30
4:33
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
6
30
2:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
7
30
4:09
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
8
30
3:20
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
9
30
5:10
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
10
30
3:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
11
30
4:39
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
12
30
3:45
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
13
30
3:57
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
14
30
4:17
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
15
30
3:54
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 
16
30
1:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

☆★☆EMI-CAPITOLのロック名盤が遂にSHM-CDで登場!☆★☆

1971年発表。ブラス・セクションを導入して新たなサウンドに挑戦した4作目。R&B、ジャズ、ケイジャンの要素も取り入れた名作!
ゲストにヴァン・モリソンを迎え、失われてゆくアメリカン・スピリットを描いた意欲作。ボーナス・トラック5曲収録。

●2000年デジタル・リマスタリング

メディア掲載レビューほか

ブラス・セクションを導入して新たなサウンドに挑戦した通算4枚目のアルバム。R&B、ジャズ、ケイジャンの要素も取り入れた名作。ゲストにヴァン・モリソンを迎え、失われてゆくアメリカン・スピリットを描いた意欲作。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
私が高校生になる前とっくにThe Bandは解散してたけど、Cahootsは私が初めて買ったThe Bandのレコードでした。2枚目に買ったのは南十字星(今は原題Northern Lights Southern Crossになってます)

たまたまラジオでUp On Cripple Creekが流れて街のレコード屋にレコード買いに行ったんですよ。でもなぜか、Cahootsと南十字星しか置いてなかったんですよね。ラジオで聞いた曲も曲名が分かんなかったんで、どっちかに入ってるかどうかさえ確かめようもなかったんだけど。。。

それまでは中学からBeatlesをずっと聞いてて初めてBeatles以外で買ったアルバムでした。比較的モダンなサウンドに、素朴で親しみやすいメロディを渋いボーカリスト達が歌っているというイメージ。実際、Beatlesから入っても聞きやすかったし、イイ感じに大人の音だし、演奏にパンチを感じてハマってしまったのでした。そんなこともあって、私のThe Band像はCahootsと南十字星で出来あがりました。

ひと月分貯金してやっとアルバム1枚が買える程しか親に小遣いを貰ってなかったこともあって、Big Pink‾やThe Band、Stage Flightを買いそろえたのは相当後になってです。加えて、その初期の
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
音が良くなったのに驚いた。The Band2000年リマスターで、一番印象に残ったのが、このCahootsだった。LPの時代から本作を知っていたが、音がどこかモコモコして霞がかかったような音質が嫌だった。ロビーもあるインタビューで「もう一度カフーツのオリジナルマスターを聞いてみたい。アルバムの音はエンジニアがリバーブやリミッターを掛け捲ってしまって生のスタジオの音とはかけ離れてしまっている。」と言っていた。霧が晴れて、各楽器の分離がグット良くなったこのオリジナルマスターテープからのリマスター盤を聴くとロビーの言葉の意味が良く理解できる。それぞれの楽器とボーカルがとてもバランス良くなっていて、あのザバンドの手触りの暖かいサウンドがしっかりとマスター刻まれていたことが明らかになった。これは今までのCDとも別物と言える程の音質向上で、手放しで喜びたいと思う。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
彼らはデビュー時からニュー・オリンズの音を意識していたと思います。アラン・トゥーサンにわたりをつけに行ったのは、ロビー・ロバートスンで、支持したのはガース・ハドスンだったようです。このアルバムの主なテーマはファンク、そしてケイジャンなのではないでしょうか。疲労感や孤独といったエモーショナルに欠けるかもしれないですが、緻密になったビートは彼らの魅力を新たにしているようです。リトル・フィートがザ・バンドに直接影響されているとは思えないですけれど、1.Life Is A Carnival の感触はフィートによく似ています。

リック・ダンコのフレットレス・ベースもこのアルバムからです。リックとヴァン・モリスンが共演する5.4% Pantomime は、ロバートスンの作。「おお、リチャード」「おお、ベルファスト・カウボーイ」と互いに呼び合うさまが男らしくてカッコよいです。芸能活動の浮き沈みをポーカーに例えていて、賭けに負けて怒っているのか、受けが良くなくていらだっているのか、飲んだくれてわからなくなってくる曲です。

作曲に参加していないリチャード・マニュエルの存在の薄さに引き換え、ガース・ハドスンの多彩なシンセサイザーが見事です。どちらかと言うとアコースティック、オーソドックスな印象が強いメンバーの中で、自分はハドスンにアグレッシブさを感じています。バンドが単なるルーツ音楽愛好家になってしまわないのは彼の挑戦的な姿勢あってこそだと思うんです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
1stや2stとは別のTHE BANDの世界。聴いても聴いてもまた聴きたくなる不思議な魅力があります。全編を通しロビーの多種多彩なギターサウンドを楽しめるのが大きな魅力の一つ。「Smoke Signal」のラストなんかひえっ〜キレキレ。「Shootout in Chinatown」では何だか茶目っ気を感じますし。ボーナストラックの「Bessie Smith」は珍しくリック(いわば天使の声)とロビー(いわば魔女チックな声?)の絶妙なハーモニーが楽しめる必聴曲。独自の揺らぎと温かみを感じて好きです。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック