通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カフーを待ちわびて (宝島社文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆小口に薄い汚れがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カフーを待ちわびて (宝島社文庫) 文庫 – 2008/5/12

5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 49
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 494
¥ 494 ¥ 29

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カフーを待ちわびて (宝島社文庫)
  • +
  • 楽園のカンヴァス (新潮文庫)
  • +
  • ジヴェルニーの食卓 (集英社文庫)
総額: ¥1,823
ポイントの合計: 173pt (9%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「嫁に来ないか。幸せにします」
「絵馬の言葉が本当なら、私をお嫁さんにしてください」
から始まるスピリチュアルなほどピュアなラブストーリー。
ゆるやかな時間が流れる、沖縄の小さな島。一枚の絵馬と一通の手紙から始まる、明青(あきお)と幸(さち)の出会い。偶然に見えた二人の出会いは、思いも寄らない運命的な愛の結末へ。
第1回「日本ラブストーリー大賞」大賞受賞作品。

出版社からのコメント

特別選考委員のシンガーソングライター大塚 愛さん、俳優成宮寛貴さんも大絶賛!【本書帯より】

ゆっくりと芽生えゆっくりと育む そんなあったかいラブストーリーです …… (シンガーソングライター)大塚 愛

主人公の不器用さが、ずっと自分の中に在ったものとリンクしていて、何だかすごく愛おしく思えた ……(俳優)成宮寛貴

沖縄の離島の空気感やゆったりとした時間の流れが、心憎いほど鮮やかに描写されている。 …… (作家)桜井亜美

ドラマ作りのツボをよく心得てると思います。大賞にふさわしい力作でした。…… (作家・漫画家)柴門ふみ

…ほか --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 346ページ
  • 出版社: 宝島社 (2008/5/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796663525
  • ISBN-13: 978-4796663526
  • 発売日: 2008/5/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 73件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,917位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
カフーとは果報の意味で主人公の明青のパートナーであるラブラドールの名前。親の愛を受けることが出来ず、子供の頃から孤独な時間を過ごしてきた明青と幸。拠り所がなく、母がかつて働いていた北陸のホテルで寒くつらい日々を送っていた幸にとって、暖かく静かな沖縄の海で明青、おばあ、カフーと一緒に過ごした日々はどれだけ幸せだっただろうか。幸は本当の自分を明青に打ち明けることが出来ず、また明青も幸への気持ちを伝えられなかった。だが最後に幸が送ってくれた一通の手紙を見て、明青は幸を一生愛していこうと決意する。この二人が最終的に結ばれたか本書では分からない。ただ本書のスピンオフ的な一冊である「花々」を読むと、どうやらハッピーエンドになったような事が想像される。本書はストーリー設定だけでなく、著者の描写表現が上手なので、とても読みやすかった。心を動かされる内容で多くの人に読んでもらいたい一冊。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
心に温かいものを沁みこませてくれる物語です。

人物描写が丁寧で、ストーリーも平易なので
スっと物語に入り込め、素直に感動できます。

明青と幸の‘絶妙なすれちがい’が多すぎる気がしないでもないですが(笑)
人生って、人と人との関わり合いって、
実際こんな感じのタイミングの積み重ねなのかもなぁとも思いました。

他の原田氏の作品も読んでみたくなりました。
著者の面白い経歴に惹かれて手に取ったんですけどね、そもそも。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
リゾート開発の描写がいま一つツメが甘かったりするのはファンタジーとして目をつぶるとして、どうしても解せない点が二点。作者は女性ですよね?下記二点はどうも、「男性が書いた幻想」っぽいにおいです。

ひとつめ、幸を「絶世の美女」扱いにする意味はあったのか?
明青が幸の内面にドキリとしたり惹かれたりする描写より、彼女の容姿に対するそればかりで、感情移入できなかった。
ふたつめ、「わたしのあの子」は完全な自己責任では?
ネタバレを避けて書くと、上記の一行でしか表せないのですが…同じ女として、白けました。

こういったティーン〜夢見がちなOL向けの小説を読む歳ではないんですね、私。
沖縄の描写が好きで、二回読みましたが、三回目はないと思います。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
南の島の主人公と本島からやってきた女性とのラブストーリー。

確かに2人の物語としてだけ読めば、良い作品なのだが、

読み終わったあとに気分は晴れず、かえって悪くなってしまった。

それは、物語のなかにリゾート開発は人々を幸せにするという

人間(作者)の傲慢さがにじみ出ているからだと思う。

その気分の悪さは物語の後半で主人公に開発に反対していた自分を

反省させるくだりに最高潮に達する。

人間“だけ”が幸せになれば、海や山が破壊され汚されてもいいの

だろうか?

過疎化が進み人がいなくなり島が元の持ち主に返される。それが自然

の摂理ではないのだろうか。

読み進むうちに島の情景や神が近くにいる生活が感じえられる物語。

リゾート開発はその総てを打ち砕く。

一度壊した自然は二度と同じ姿には戻らない。

2人が島に帰ってきても幸の好きだった島はもうそこにはない。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
沖縄のゆったりとした暮らしや、自然や、それらの描写は、沖縄好きにとってはある程度楽しく読めましたが、そもそも文章が硬く、「文章を読む楽しみ」がまったく感じられない小説でした。
そして、ストーリーがあまりにもご都合主義的で、読後感が本当に悪い!
なにもないけど豊かな島を舞台にしながらも、結局作者は物資的豊かさを良しとしているのか、リゾート建設に反対していたのに、最終的には賛成した主人公に、「もっと早く賛成しとけばよかった」と思わせたり、主人公を裏切った親友から持ちかけられた、高給取りなリゾートの広報という仕事に就くことを、主人公に真剣に検討させたり…
そして、主人公にリゾート建設に賛成させるための親友がとる手段も最悪だし、それを知って、主人公が幸にとる行動も本当に最悪。幸がどれだけ傷ついたろう…と。まっとうな人がやることとは思えない。なのに、ストーリーは「良い話でしょ♪」とばかりに進んでいく。どこが心温まるラブストーリーなのか。私は、読んですごく傷つきました。。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー