通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カフカ/夜の時間―― メモ・ランダム がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【綺麗なお品】中古品としては使用感が少なくきれいな状態です。本のカバーや中身には書き込みやラインはなく非常に良い商品状態です。※帯がない場合がございます。通常、ゆうメールで丁寧に発送させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カフカ/夜の時間―― メモ・ランダム 単行本 – 2011/10/21

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,456
¥ 3,456 ¥ 3,109

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カフカ/夜の時間―― メモ・ランダム
  • +
  • カフカノート
  • +
  • 高橋悠治 対談選 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥8,532
ポイントの合計: 184pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

始まりは病室の闇で読んだカフカ。耳を澄まし、目を閉じて読んだカフカの記録。他、日々の思索を研ぎ澄まされた文体で綴った一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

はじまりは病室の闇で読んだカフカ。読みなおされ、書きなおされ、翻訳しなおされてゆくカフカとの濃密な時間が、まじりけのないことばで書き留められている。高橋悠治の書きかた、音楽のつくりかたの秘密にみちた一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: みすず書房 (2011/10/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622076411
  • ISBN-13: 978-4622076414
  • 発売日: 2011/10/21
  • 梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 489,893位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
異様な魅力にみちた本だ。ぼくは音楽家・高橋悠治の活動をほとんど知らないのだが、彼が「メモ・ランダム」として書いたこの本は現在の日本語で書かれるほとんどの詩集よりも詩的に強いことは断言できる。「つくること」を生活の中心にすえている人間でも、ここまで「つくること」の秘密を言語的に探っている人はどのジャンルでも珍しいだろう。天才の面目躍如。たとえばこんな一節がある。「カフカは自分が書くことをKritzelnと称していた。ひっかくこと。文字通り紙をペンでひっかくこと。このことば自体、もう文字通りにうけとる以外にない。これを「書きなぐる」と訳せば、日本語に写しながら、もとはなかった意味をつけたすことになる。」さらに「streckenという単語を書きつけながら、小動物がのびをするのをおもいうかべ、同時に書き手の筋肉のすみずみにいきわたる緊張を意識する。/文章を解釈する訳文は、書く行為を、手を通さない論理と経験の操作に変えている。そこには発見はない。光の消えた後のかたちだけの再現しかない。」翻訳論として読んでもみごとな一節で、「理解」のすべてが翻訳、「制作」のすべてが理解に立つ以上、この音楽家の言葉には真剣に耳を傾けなくてはならないという気になる。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告