日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

カノジョは嘘を愛しすぎてる

 (471)6.71時間57分2013G
「一目惚れって信じますか?」天才サウンドクリエーターであり、大人気バンド「CRUDE PLAY」の元メンバーである小笠原秋は、ビジネスとしての音楽の世界に嫌気が差し、自分の現状にもつまらなさを感じていた。そんな時、ふと気まぐれに女子高生・小枝理子に声をかけ、自分の正体を隠したまま付き合い始める。最初は軽い気持ちだった秋も、理子の純粋な想いに惹かれ、真剣に付き合うように。そんな折、理子が「CRUDE PLAY」のプロデューサーでもある高樹総一郎からスカウトされ、デビューすることに。実は理子は、天性の歌声の持ち主だった。理子の夢の実現が近づくにつれ、秋と理子の、嘘から始まった恋が大きく動き始める――(C)2013青木琴美・小学館/「カノジョは嘘を愛しすぎてる」製作委員会
監督
小泉徳宏
出演
佐藤健大原櫻子三浦翔平
ジャンル
外国映画ロマンス
オーディオ言語
日本語
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Amazonオリジナル『シンデレラ』9月3日独占配信開始

「ピッチ・パーフェクト」の脚本家ケイ・キャノンが、有名なおとぎ話を大胆に作り変えた現代風ミュージカル映画「シンデレラ」。大きな夢を抱く野心家のヒロイン(カミラ・カベロ)が、ファビュラス・ゴッドマザーの魔法の力を借りて、夢を実現させようと奮闘。共演者は、イディナ・メンゼル、ミニー・ドライヴァー、ジェームズ・コーデン、ニコラス・ガリツィン、ビリー・ポーター、ピアース・ブロスナンと豪華な顔ぶれ。
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
窪田正孝水田航生浅香航大吉沢亮森永悠希谷村美月勝村政信相武紗季反町隆史
プロデューサー
土屋健石田和義
提供
フジテレビムービー
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.4

471件のグローバルレーティング

  1. 70%のレビュー結果:星5つ
  2. 16%のレビュー結果:星4つ
  3. 6%のレビュー結果:星3つ
  4. 2%のレビュー結果:星2つ
  5. 6%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

panpancube2019/08/31に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
ふと恋愛映画でも流そうと思ったら
確認済みの購入
作業中、普段見ないような恋愛映画を流そうと思った
「亜人」を見たばかりで、俳優佐藤健が気に入ったので彼の作品が出てる今作に決めた
結果、作業が二時間ばかり遅れてしまった⋯

ストイックな作曲家のいるバンドの話。
続ける苦悩の中で、バンド内でのいざこざや、反町と相武紗季と愛憎あっていろいろ
⋯という話を勝手に想像してた。

様子が変わったのは、途中でいきなり出てくる天然な女の子
この朴訥な子はなんだ?このメンツにこの子が横やりを入れるにはほんわかしすぎている

告白からの思っていなかった流れが気になり、作業の手は止まり気味
彼女が歌い始めた時、ブラウザは全画面、ヘッドホン装着してしまった。

柔軟で、やさしくて強靭な歌声。癖と嫌みのない、明るいのに訴えてくる声
プロが整音、色付けしてるにしてもなお飛び抜けたフレッシュさにびっくり!

恋愛の差し引き加減も、感情過多にならず、語りすぎず語らなさすぎずで良い
さらによかったのは、この手の恋愛ものにありがちな、お仕着せがましいBGMがないこと
二人の音楽に、繊細なオケをかぶせた程度で全体の流れを包み込んでる。

物語は進み、佐藤健の静かで曇りがかった感情と、女の子の自然で芯のある感情が折り重なって、離れて行く。

ラスト、女の子は最後に一つ、自分に宛てたであろう歌のことを聞く。
あなたの作る歌は、あなたそのものですか?
色んな不安がある中で唯一聞きたかったこと。
「この歌詞は、あなたの気持ちですか?」ということ
佐藤健は、「ちがうよ」と一言

最後に二人でその曲を演奏する。
それはエンディングで完全体になって流れる。彼女の歌う、歌の詞は佐藤健からの全力のラブレターだった
ただ、女の子にとっては、この歌詞の全てが嘘であり、ただ通り過ぎて行くものだった

スタッフロール明けのシーン
大泣きしながら歩く女の子。全部が虚しくて、彼はもういない。
そして映画は終わる。佐藤健は最後に嘘をついた。
34人のお客様がこれが役に立ったと考えています
mk2019/10/16に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
もっと早く知ればよかった
確認済みの購入
6年前にこの映画に出会わなかった事を後悔した。
大原櫻子という名前は知っていたけれど、特に興味を持つ事もなかったが最近になってふとしたきっかけでちゃんと一曲聴く機会があり、もう一耳惚れだった。
その曲は「瞳」、なんて真っ直ぐに想いがブッ飛んでくる歌声なんだと衝撃だった。
それからCDを買い漁り、「ちっぽけな愛のうた」を知り、この映画にたどり着いた。
はっきり言えば内容は普通の恋愛映画なのかもしれないけれど、もうこれは大原櫻子を知るための映画なのかもしれないと思う。
こんなにピュアな人がこの世に存在したのかと思った。これはもう惚れてしまうでしょう。
まるでミュージシャンの秋が憑依したかの様な佐藤健の演技も素晴らしい。
彼女の歌を守るために嘘をついて突き放し泣き崩れるシーンに自然に涙が溢れていた。
ラストシーンだけはどう受け取ればよいのか答は見つからないけれど、「音楽」について真剣に考えさせてくれる映画だと思う。
もっと早くこの映画に出会っていたら、もっとリアルタイムに大原櫻子の歌を聴くことができたのにと思って少し後悔した。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
yoshi2017/08/19に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
大原櫻子の歌がすごくいい(※ネタバレ注意)
確認済みの購入
役柄と同じ高校生でオーディションを受け、本作の座を掴んだ大原櫻子の歌唱力にびっくり。
他の方のレビューにもある通り、映画内で歌っている歌をシングルカットしてもいいくらいの出来だと思う。
これで大原櫻子のファンになり、映画内の歌をAmazonでダウンロードして聴いてます。

そしてここから早速ネタバレですが・・・
映画の後半は、一つの出来事により別れてお互いの道を進むことになってしまった二人の切ない関係が
描かれていて、ハッピーエンドの密かな期待を抱いてしまう人が多いと思うが、自分もその一人(笑)。
そしてラストのセッションでの理子の歌の途中からエンドロールが流れ始め、まさかこれで終わりでは・・・
と心配していた中でのエンドロール後の本編挿入!
やっぱりハッピーエンドきたー!と思ったら、二人はそのまま別れ、理子は泣きながら歩いているところに
秋が近づいて最後のキス。
これはどういうラストと捉えればいいのだろう。。。
これはヨリが戻ったと考えていいのか・・・、だとしたら別れなくてはいけない約束はどうなるのか・・・、
秋のロンドン行きはどうなるのか・・・、実は理子の空想なのか・・・
等、最後に疑問が生じた気持ち悪い状態でエンドを迎えてしまった(ToT)
これなら理子の歌のあとに、「ロンドンで一回り大きくなって、わたしの歌を作りに戻ってきて!」とかの
理子のセリフのあとにキスがあり、二人に明るい未来が間違いなく訪れるという期待を持たせてエンドロール、
とかのほうが全然分かりやすい・・・などと個人的には思ってしまう。

とはいえ、ラスト以外全体的にはいい映画だと思うので、評価は☆4つ。
あくまでコミックもブルーレイ付属のサイドストーリー等も見ておらず、映画本編を見ただけの個人的な感想ですので、
ラストの見解で違うご意見があったら聞かせてほしいです。
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Amazonカスタマー2017/09/21に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
サヨナラの準備は終わった
確認済みの購入
とてもいい作品でした。シチュエーションが少しばかり、かつて歌手のYUIが
主演した「タイヨウのうた」(2006年)に似ていると思いました。そのどちらも
ヒロインの歌声が相手の心に響き、よりお互いを深く知ろうとするきっかけ
になるもので、人の心、魂を揺さぶる内容となっています。

「一目惚れって信じますか?」 信じますとも!案外世の中の恋愛の多くは
一目惚れで成り立っているかもしれませんね。

それにしても天真爛漫な女子高生役を演じた大原櫻子の歌はとてものび
のびとした歌唱で心躍ります。「明日も」「ちっぽけな愛のうた」「サンキュー」
「瞳」なんかは、曲が今さらながらすごく新鮮に感じられます。

主役の二人、佐藤健と大原櫻子の好演が目立ちました。冒頭で佐藤がつぶ
やく「いつでもどこでも音楽が聴けるようになったが、その分軽くなってしまった」
とは便利になり過ぎた現代社会に疑問を呈しています。
25人のお客様がこれが役に立ったと考えています
ミント2017/12/23に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
あまりにかっこよすぎる
確認済みの購入
佐藤健くんがあまりにかっこよすぎる。サウンドクリエーターなる職種も、見たことはありませんが、よく勉強されたのでしょう。リアリティが半端ない感じでした。理子ちゃんの声もよかった。最後の歌は涙なしには聞けませんでした。佐藤君のキスシーンは、どの女優さん相手でもきれいで、同じ時代に生まれてよかったといつも思ってしまいます。
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
alfa_no_12018/12/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
エンドロールが始まっても止めちゃダメですよ!その先にラストが!!
確認済みの購入
オススメ!!
大原櫻子の演技が光りました。
上戸彩と門脇麦をたして2で割ったような雰囲気といい、
存在感といい17歳とは思えないものを感じました。
嘘つきの嘘は本当!
理子は気づいてましたね。待ってましたね。
大人の世界ですが、二人に希望が持ててハッピーでした。
歌も良かったです。
♬「サヨナラの準備は、もうできていた」♪をDLしてしまいました。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
wahy.deeeeno2018/02/14に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
主演は…
確認済みの購入
「カノジョ」とは理子(大原櫻子)のこと。
1にも2にも、大原櫻子の可愛さと伸びやで清々しい声がすごく印象に残る作品でした。
私にとっては、大原櫻子が主演の映画でした。
とはいえ、本来の主演である佐藤健を始め、助演俳優の配役の良さあっての作品になっていると思います。

切なく悲しい気分で迎えるエンドロール…
と、同時に流れてくる「ちっぽけな愛のうた」。
そして、そして、まさかのラストカットで…
ほんの少しだけ、救われました。
ほんのり温かい気持ちで見終えることができました。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Mechtatel2018/09/20に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
歌うますぎてビックリ
確認済みの購入
主人公のカノジョの歌唱力が良すぎて驚いた。
調べてみると、
本映画制作にあたりオーディションを実施し、
数ある応募者の中から、ダントツの歌唱力ということで抜擢されたとのこと。
納得。
演技も初主演?とは思えないほど素晴らしいと思うが、
主人公の性質によくマッチしている。
ストーリーはかなりありきたりな点を加味しても非常に感動的。
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示