通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カネとスパイとジャッキー・チェン がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 初版、帯びなし。カバーに小キズと若干ヨレがありますが、全体的にはまあまあだと思います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カネとスパイとジャッキー・チェン 単行本(ソフトカバー) – 2018/1/25


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2018/1/25
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 817

booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

書籍3冊以上を購入する際、クーポンコード「MATOME3」を入力すると最大8%ポイント還元!今すぐチェック
click to open popover


よく一緒に購入されている商品

  • カネとスパイとジャッキー・チェン
  • +
  • 国民のための戦争と平和
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【2018年本屋大賞】受賞作発表!
2018年本屋大賞は 『かがみの孤城』 辻村深月 、2位は『盤上の向日葵』 柚月裕子。 3~10位まではこちらへ

商品の説明

内容紹介

天安門事件の闘士が身を斬って明らかにした
中国がいつまでたっても変われない本当の理由!


「私が30年以上闘い続けてきた中国の本当の姿を、ここではっきりとさせよう」――。
天安門事件の主要メンバーでニューヨーク在住の亡命中国人民主活動家、陳破空が
★ なぜ19大後、習近平の権力が強まったとされるのか
★ なぜ中国は、いつまでたっても崩壊しないのか
★ なぜ中国の民主化運動は、常に失敗を繰り返すのか
★ なぜ世界に散らばる中国人は、母国に対して声を上げないのか
★ なぜ中国経済は、独裁体制下にもかかわらず伸びているのか
★ なぜジャッキー・チェンは、中国共産党にすり寄ったのか
★ なぜ、勝てる見込みが絶望的な民主化運動を闘い続けているのか

などなど、
自身の経験と世界を股にかけた独自の情報網、そして鋭い知性で、
日本人が知らない“紅い帝国"の本質をグローバルな視点から読み解いた
まったく新しい衝撃の中国論の登場!

世にはびこるマヤカシ、的はずれ、願望だけの「中国崩壊論」、
人々の苦悩と共産党の恐ろしさがすっぽり抜けた「中国繁栄論」は、
もういらない!
スパイ、裏切り、罠、裏工作、足の引っ張り合い、騙し合いから
台湾人の中国本土に対する視点、
ジャッキー・チェンや雨傘運動関係者など香港人の実情に至るまで、
闘い続ける人間にしかわからない
「一党独裁vs.民主化運動」の裏にうごめく
さまざまな歴史的感情、思惑、因縁、
そして真実を赤裸々に告白
した
中国に関係する、興味を持つすべての人必読の1冊! !

-------------------------------------------------------------------------
私は必死に自らを奮い立たせている。
私が生きている間に中国の民主化は実現しないかもしれない。
いや、冷静にみれば実現しない可能性のほうが高いだろう。
ならば、死んでいった者たちから託されたバトンを、
次の世代に託すのが私の使命だ――「本文」より
-------------------------------------------------------------------------




出版社からのコメント

「嫌中」でもなければ「親中」でもない、
中国を変えるために30年間闘い続ける男が冷徹に見据えた、
祖国の現状、そして来たるべき希望と絶望の未来像!

はじめに
「強大」なのに「荒廃」した祖国を冷静に見る



第1章
習近平は本当に「19大」で勝利を収めたのか?

――習家軍台頭、面従腹背、太子党消滅

旧態依然のまま終わった5年ぶりの党大会
習近平の戦果は2勝2敗1分け
新任常務委員の知られざる本性
19大は過去の党大会と何が違ったのか?
果たして「紅い皇帝」は誕生したのか
海外の民主化運動家は19大をどう評価しているのか
「すばらしい未来」へのニーズと不十分な発展
19大ではなぜ「太子党」が消えたのか?
“選択的"反腐敗運動の行く末


第2章
人民はなぜ共産党を持しているのか?

――功利主義、ノスタルジー、習近平変節

中国人にとって真の「豊かな暮らし」とは何か
共産党にとって「人権を守る」=「飯を食わせる」こと
世界標準から大きく逸脱した病的な「ダンベル型」社会
“意識の高い"3000万人に託す一縷の望み
反抗者たちを腰砕けにする中国流「功利主義」
中国人を縛る「個人問題」と「組織問題」
ネットにはびこるピンクの「紅衛兵」
50代以上のノスタルジーといまだ続く「吊し上げ」
共産党も手を焼く「毛左」の有効利用法
反汚職と腐敗が反比例する歴史的パラドクス
あえて、習近平の“変節"という荒唐無稽な仮説を考えてみる
リスクなき“上から下への改革"の可能性
1970年代の成功を台無しにした「老害」という伝統
習近平が自分の身を守れるたったひとつの道


第3章
中国の民主化運動はなぜ失敗を繰り返すのか?

――ダライ・ラマ効果、ジャッキー・チェン、劉暁波殺害

お家芸「弾圧」の幕開けとなった“毛沢東の罠"
中華民族が世界一不幸な本当の理由
戦いの主人公となった市民と消えた「タンクマン」
世界を怖気づかせる「ダライ・ラマ効果」
日本と欧米が同じ轍を踏んだ「東郭先生と狼」
なぜ香港人はジャッキー・チェンの話を嫌がるのか?
そろわぬ「天の時」「地の利」「人の和」
共産党幹部が手離さない“打ち出の小づち"

続きこちらから

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: ビジネス社 (2018/1/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4828420053
  • ISBN-13: 978-4828420059
  • 発売日: 2018/1/25
  • 梱包サイズ: 19 x 13 x 1.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 263,025位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう