カッコーの巣の上で [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カッコーの巣の上で [DVD]

5つ星のうち 4.4 162件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,500
価格: ¥ 982 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 518 (35%)
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 895より 中古品の出品:2¥ 1,057より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でカッコーの巣の上で (字幕版)を今すぐ観る ¥ 1,000 より

人気タイトルをまとめ買い!
この商品は「DVD どれでも3枚 3,090円」キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらのリンクをご参照ください。 対象商品の一覧 へ


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【ワーナー・ストアはこちら】 - 『ブルーレイ2枚で3,000円セール』 や 『海外TVドラマ 1,980円』 など最新のセール情報はワーナー・ストアへ

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • カッコーの巣の上で [DVD]
  • +
  • ショーシャンクの空に [DVD]
  • +
  • フォレスト・ガンプ [DVD]
総額: ¥2,891
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン, ルイーズ・フレッチャー, ディーン・R・ブルックス
  • 監督: ミロス・フォアマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/04/21
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 162件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003EVW5GO
  • EAN: 4988135804884
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 9,214位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


ジャック・ニコルソン主演、マイケル・ダグラス製作。
1975年度アカデミー賞主要5部門を独占した不朽の名作!


1963年9月のある日、オレゴン州立精神病院に一人の男が連れられてきた。ランドル・P・マクマーフィ。彼は刑務所の強制労働を逃れるために狂人を装っていた。しかし精神病院はもっと悲惨な状況にあった。絶対権限を持って君臨する婦長によって運営され、患者たちは無気力な人間にされていたのだ。さまざまな手段で病院側に反抗しようとするマクマーフィに、患者たちも心を少しずつ取り戻し始めた。そんな彼の行動に脅威を感じた病院は、電気ショック療法を開始するが、マクマーフィも脱走を計画し始める…。ケン・キージー原作のベストセラーを映像化。感動のラストシーンが印象的。

内容(「Oricon」データベースより)

刑務所の強制労働から逃れるため、精神疾患を装って精神病院に入所させられた男の巻き起こす騒動と悲劇を描く、ケン・キージーのベストセラーを映画化した作品。ジャック・ニコルソン、ルイーズ・フレッチャーほか出演。「WARNER THE BEST ¥1,500」対象商品。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この映画と、フェリーニの「道」ほど感動した映画はありません。

主人公マクマーフィが訴えていることは、
「自分の人生を他人に決められるのではなく、自分の意思で生きるということ」
「自分に自信を持て!ということ」

ある日、刑務所からふとした理由で精神病院に移ったマクマーフィ。
精神病院の患者たちは、ちょっとねじが外れたような連中だが
頑張れば社会復帰が出来そうな人間ばかり。
マクマーフィの眼にはそう映った。
しかし、彼らは、あえて病院に居続けることを良しとしていた。
婦長や病院側のいいなりになって、退屈な毎日を過ごすことを良しとしていた。

患者たちは自信を失っていた。
社会復帰するよりも、管理される方が楽に生きていける
自分で考えずに、他人に身を任せた方がわずらわしさを回避できる。
そんなみんなの姿がマクマーフィには腹立たしかった!

「なんでお前たち、こんな酷いところに自分からすすんで入っているんだ!?」
「お前たち、街を歩いてる連中と変わらないぜ!」
「俺は今日ワールドシリーズが観たい!だから日課を変えて欲しい!!
 自分のやりたいことは自分で決めるんだ!!」
...続きを読む ›
コメント 110人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sato 投稿日 2004/6/21
形式: DVD
閉鎖空間の精神病棟で、患者を完璧に支配する管理体制
患者のささやかな願いが<にこやかに圧殺>されていく怖さ
緩慢な精神の死に追いやられる患者の姿に怒りを覚えます
小才の利いたならず者でも、マクマーフィーには健全な人間性があり、
彼のいきどおりが「あきらめ」と「恐れ」に支配されていた人々を解放していく
己の支配する世界を「完璧」に保とうとするラチェット&看護人との戦いが始まり、彼らの勝利に患者達の人間性が回復されると見えるが・・・
理不尽な社会で押しつぶされて病者を装うのが異常か
病者を支配するサディズムに酔うのが正常なのか
見るものは混乱し、怒り、ラストのマクマーフィーを見て驚愕し、無力感さえ味わっていまいます。
監獄のような「病院」を意思と肉体の力で脱出していくチーフの存在がなかったら、まったく救いのない映画です。
ラチェットとの戦いに敗れたマクマーフィーは無駄なあがきをしたのだろうか?
患者達に与えた生きる意味と自由はそれだけの価値があっただろうか?
アメリカ的なヒロイズムというのは簡単すぎて、この映画に対して失礼ですね。
マクマーフィーの自由と尊厳もチーフと共に「牢獄」を脱出し、旅立っていきました。
インディアンの巨漢チーフがマクマーフィーに語ったセリフ、示した愛情にわんわん泣いてしまいました。
2 コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
とある精神病棟のお話し。
ジャック・ニコルソンは淫行の疑いで連れてこられる。
「徴兵逃れの狂った振りじゃないのか?」という疑いを持たれるが、病棟に入ることになる。
入院患者はみな薬のせいで無気力に。ニコルソンは薬を飲んだフリをして飲まない。
そんなニコルソンに元気づけられる患者たち。しかしやはり無気力なまま。

インディアンが劇中で語る「お前はでかい」。
「お前こそ大男じゃないか」とニコルソン。
「おやじはでかかった。なんでもやれた。そのうち酒に溺れて、飲むより飲まれるようになって、衰弱したところを…」

当時、DVDで見たときは学生だった。様々なことを考えた。
自由は本当に存在するのか。人は本当に自由を求めているのか。自由を手にした後、人はどこへゆくのか。

ラスト、インディアンは「自由」をつかむ。
だが彼はいったいどこへゆくのか。それが自由だとしても、本当に幸せになれるのか。

私事だが、症状が症状だったらニコルソンと同じ目に遭っていたかもしれない。自分はオリには入れられていなかったが、本当に「自由」だったのか。

涙しながら、考え続けた。
自分はもしかしたら、すすんで不自由になっていたのか
...続きを読む ›
2 コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
カッコーの巣とは精神病院の蔑称なのだという。大好きな映画で、何度も繰り返して観た。男臭く、ある意味蛮人のようなジャック・ニコルソンに対し一歩も引かない力強さを見せる婦長のフレッチャー。どちらも非常に魅力的な人物だと思う。中盤、手に負えないランドルを持て余して病院から追放しようとする(要は事なかれ主義の)病院関係者たちに彼女は言う。「救えるはずです」原作は未読なので、ケン・キージーが果たして彼女を正確にはどんな役柄に描いていたのかはわからないけれど、私には芯から悪い人間とは思えない。院内の生活も、融通は利かないが清潔で規律に守られており、一見すると言うほど酷いものには見えない点が最初不思議だったのだが、体制支配の真に!怖いところはそういうところなのか!もしれない。終盤、人格矯正をされて「死んでしまった」ランドルを、ネイティヴアメリカンのチーフが抱きしめるシーン、そして小さく囁く台詞はあまりにも優しくて泣けてくる。セオリーから言えば絶望的なエンディングなのに、画面から伝わるのは美しいまでの清々しさ。何度でも観る価値のある、本当に素晴らしい映画だとやはり思う。
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック