カッコーの巣の上で [Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

カッコーの巣の上で [Blu-ray]

5つ星のうち 4.4 171件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,500
価格: ¥ 1,391 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,109 (44%)
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,391より 中古品の出品:4¥ 1,142より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でカッコーの巣の上で (字幕版)を今すぐ観る ¥ 1,000 より

ブルーレイ2枚3090円
人気ブルーレイタイトルが 2枚3,090円
この商品は 「ブルーレイ2枚で3,090円」 キャンペーンの対象商品です。※マーケットプレイスの商品は対象外となります。キャンペーン詳細につきましてはこちらの リンク をご参照ください。 対象商品の一覧はこちら

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • カッコーの巣の上で [Blu-ray]
  • +
  • ショーシャンクの空に [Blu-ray]
  • +
  • フォレスト・ガンプ 一期一会 [Blu-ray]
総額: ¥4,155
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・ニコルソン, ルイーズ・フレッチャー, マイケル・ベリーマン, ブラッド・ドゥーリフ
  • 監督: ミロス・フォアマン
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2010/10/06
  • 時間: 133 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 171件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003W9Y4B2
  • JAN: 4988135825810
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 5,600位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


ジャック・ニコルソン主演、マイケル・ダグラス製作。
1975年度アカデミー賞 主要5部門を独占した不朽の名作!


1963年9月のある日、オレゴン州立精神病院に一人の男が連れられてきた。
ランドル・P・マクマーフィ。彼は刑務所の強制労働を逃れるために狂人を装っていた。
しかし精神病院はもっと悲惨な状況にあった。絶対権限を持って君臨する婦長によって運営され、患者たちは無気力な人間にされていたのだ。
さまざまな手段で病院側に反抗しようとするマクマーフィに、患者たちも心を少しずつ取り戻し始めた。
そんな彼の行動に脅威を感じた病院は、電気ショック療法を開始するが、マクマーフィも脱走を計画し始める…。

ケン・キージー原作のベストセラーを映像化。
感動のラストシーンが印象的。


【映像特典】
・ メイキング 完全版 (86分)
・ ドキュメンタリー - マイケル・ダグラスが語る現代の精神医療(30分)
・ 未公開シーン集 (13分)
- マクマーフィーとスピービー医師
- チーフ モップに捕まる
- チーフのヒゲ剃り
- 誰が一番?
- マクマーフィーとラチェッド婦長
- ミーティング
- ミーティングの後
・ マクマーフィーの服は?
・ オリジナル劇場予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ジャック・ニコルソン主演、マイケル・ダグラス製作によるドラマ。強制労働から逃れるため狂人を装い、精神病院に連れられて来たマクマーフィ。だがそこにはさらに悲惨な状況が待っていて…。“ついに来たぜ!ワーナーのブルーレイ2,500円!”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
この映画と、フェリーニの「道」ほど感動した映画はありません。

主人公マクマーフィが訴えていることは、
「自分の人生を他人に決められるのではなく、自分の意思で生きるということ」
「自分に自信を持て!ということ」

ある日、刑務所からふとした理由で精神病院に移ったマクマーフィ。
精神病院の患者たちは、ちょっとねじが外れたような連中だが
頑張れば社会復帰が出来そうな人間ばかり。
マクマーフィの眼にはそう映った。
しかし、彼らは、あえて病院に居続けることを良しとしていた。
婦長や病院側のいいなりになって、退屈な毎日を過ごすことを良しとしていた。

患者たちは自信を失っていた。
社会復帰するよりも、管理される方が楽に生きていける
自分で考えずに、他人に身を任せた方がわずらわしさを回避できる。
そんなみんなの姿がマクマーフィには腹立たしかった!

「なんでお前たち、こんな酷いところに自分からすすんで入っているんだ!?」
「お前たち、街を歩いてる連中と変わらないぜ!」
「俺は今日ワールドシリーズが観たい!だから日課を変えて欲しい!!
 自分のやりたいことは自分で決めるんだ!!」
...続きを読む ›
コメント 129人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
★★★★★ずーっと見たつもりでいた映画。
簡潔に振り返るために、私が捉えたキーになる視点を3つ掲げます。
①あの精神病院は、鍵がないから本来自由に外にでらる(婦長は、「患者の多くが自ら望んでそこに留まることを望んでいる」と言っていたが、そうさせられた痕跡も見られる。)

②主人公のジャック・ニコルソンの振る舞いは、あの一見穏やかに見える婦長にコントロールされた人々の閉じ込められた世界観が、窮屈でならなかったことに起因している。

③ラストシーン、重たい水道設備を持ち上げて病院からの脱走を試みた大柄な、(インディアンの末裔の男)が、映画の中程で.主人公のジャック・ニコルソンがお前は大きいなぁといったのに対して言った「あんたこそ本当に内側に大きなものをもった男だ」と言うシーン。

おそらく、監督は”我々の社会もこの病院と同じようになにかコントロールされている”がそれに気がついている人は少なく、鍵もないし、囲いもない、それどころか、食べるものも、稼ぐことも自由な社会に生きていると思っている(思わされている)
でも、人生という自分の生き甲斐なるものを、追求することを放棄させられた不自由な社会を自分たちが、作り上げ、それに奔走している姿を”病院の中の穏やかな日常'として描いている。
...続きを読む ›
1 コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
カッコーの巣とは精神病院の蔑称なのだという。大好きな映画で、何度も繰り返して観た。男臭く、ある意味蛮人のようなジャック・ニコルソンに対し一歩も引かない力強さを見せる婦長のフレッチャー。どちらも非常に魅力的な人物だと思う。中盤、手に負えないランドルを持て余して病院から追放しようとする(要は事なかれ主義の)病院関係者たちに彼女は言う。「救えるはずです」原作は未読なので、ケン・キージーが果たして彼女を正確にはどんな役柄に描いていたのかはわからないけれど、私には芯から悪い人間とは思えない。院内の生活も、融通は利かないが清潔で規律に守られており、一見すると言うほど酷いものには見えない点が最初不思議だったのだが、体制支配の真に!怖いところはそういうところなのか!もしれない。終盤、人格矯正をされて「死んでしまった」ランドルを、ネイティヴアメリカンのチーフが抱きしめるシーン、そして小さく囁く台詞はあまりにも優しくて泣けてくる。セオリーから言えば絶望的なエンディングなのに、画面から伝わるのは美しいまでの清々しさ。何度でも観る価値のある、本当に素晴らしい映画だとやはり思う。
1 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
何とも複雑な心境にさせられる作品だ。主人公のマクマーフィは犯罪を犯して服役する受刑者なのだが、刑務所での労働を嫌い精神を患ったふりをして精神病院に収監される。精神病院に来たマクマーフィはずる賢く、その行動力を鑑みれば貪欲な男であると言えるだろう。そんなマクマーフィと精神と病んで入院している患者たちとの間に意識の違いが生じるのは当然であり、そこにスポットを当てるのが娯楽作品の定石だろう。

確かに本作もその意識の違いは重視している。しかしそこだけで終わらせず、もう一歩踏み込んだ世界を提供している。マクマーフィは患者たちを蔑む訳ではなく、患者たちに馴染んでいく。彼のずる賢さや貪欲さは良い方向に向かっていく。これは意識的にというよりも、半ば彼の本性なのだろう。患者たちの心を掴んだマクマーフィはまるでガキ大将のようである。

これが小学生を描いた作品であるのならば痛快で爽快な作品になっていたのかもしれない。だがマクマーフィは現実と正対していない。高い塀で囲まれた病院に嫌気が差しながらも、そこが安住の地になってしまっている。それこそマクマーフィの抱えた悲劇であろう。

加えて、患者たちの個々のキャラクターを蔑ろにしていないので作品に幅が生まれる。患者たちには入院している理由がある。更にラチェッド婦長を始めとする病院スタッフとの関係。
...続きを読む ›
2 コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す