中古品
¥93
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2014年12月発行。使用感有り。擦れ、ヤケ、折れ、ヨゴレ等のイタミが少々ございます。ご注文を頂いてから2日以内に発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カジノ利権の正体 (別冊宝島 2261) 大型本 – 2014/11/14


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
大型本, 2014/11/14
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

アベノミクス成長戦略の目玉のひとつ「IR(統合リゾート)推進法」によって、ほぼ「解禁は確実」といわれ続けている日本のカジノ。
ただし、解禁と言えどまずつくられるIRは3カ所程度といわれており、その席をめぐって20を超える自治体が名乗りを挙げている。
それら自治体に水面下でさまざまな企業がアプローチし、外資も市場参入の機会をうかがう。
加えて省庁間でも「省益」抗争が勃発。
カジノをめぐって政財官、多彩なプレイヤーが蠢く混沌とした状況になってきた。
本誌は、そうした複雑な状況を丁寧に整理しつつ、「どこが候補地となるのか」「どこが利権を得るのか」を中心に、カジノ解禁が日本に与える影響まで、カジノ解禁にまつわるすべてを網羅しました。
カジノ解禁は株式相場の材料としても注目されており、今後株価上昇が見込まれる「いま買いのカジノ株」も紹介しています。いまの「日本のカジノ」がわかる一冊です。


登録情報

  • 大型本: 127ページ
  • 出版社: 宝島社 (2014/11/14)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4800232678
  • ISBN-13: 978-4800232670
  • 発売日: 2014/11/14
  • 梱包サイズ: 25.4 x 18.2 x 1 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 813,709位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう