中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、カバー・中身ともに綺麗なものを販売しております。万が一、実際の商品とコンディションが違っていた場合は、返金にて対応をさせて頂くのでご安心下さい。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カオティクス―波乱の時代のマーケティングと経営 単行本 – 2009/9/11

5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 5,513 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●不況・乱高下を逆手にとるマーケティング

「どのくらい深刻なのか。どの程度続くのか」。
2008年の米国で金融危機が突然発生したときに「近代マーケティングの父」フィリップ・コトラーと共著者のジョン・A・キャスリオーネは会う人、会う人にこう尋ねられたという。だれもが知りたがったのは、一時的な不況なのか、深刻な景気後退なのか、それとも大不況なのかということだった。
彼らの答えは、乱気流時代とも呼べる、新しい時代に入っているということであった。金融危機はほんの一時的なのかもしれない。従来まではこうした嵐の後には「通常」状態に戻るものであったが、これからはさまざまなレベルで乱気流が断続的に起こるというのが彼らの認識だ。
これを聞いて悲観するのは早計だ。不況もまたよしなのである。不況は転換点であり、実際、不況を境に多くの業界・業種トップクラスの4分の1~3分の1が過ちを犯し、転落し、トップクラスとは言えなかった企業が台頭するとも述べている。「売上げ挽回のための値下げ」「マーケティング費の削減」「全社一律のコスト削減・人員削減」「仕入先や販売業者を締めつける」、こうした不況期にありがちな対応はほとんどの場合は過ちで、企業の命取りになるとすら指摘する。不況を逆手にとり、機会を見出した企業が躍進するのだ。逆手にとるにはどうしたらよいか。
カオティクスという仕組みを備えることである。カオティクスとはリスクと不確実性を察知するための早期警報のしくみ、それらに対応するためのシナリオプランニングのしくみを企業の中に戦略として埋め込み、反応力が高く、強靱で、弾力性(回復力)のある組織をつくることだと説く。
著者陣はともに米国人であるが、短期的に利益を出そうとする、俗に言うアングロサクソン経営に対しての見方が非常に厳しいのが面白い。過去に乱気流を生き残った長寿企業を引き合いに出しながら、生き残る、しかも長期にわたって繁栄を収めるために何が必要かを解説している。

内容(「BOOK」データベースより)

どんな企業であろうとも、リスク(予測可能)と不確実性(予測不能)から逃れられない。リスクと不確実性への備えはあらゆる企業に必要だ。ところが、調べてみると、ほとんどの企業でその備えはなされていない。加えて、9・11のようなテロ、サブプライムショックから始まった世界金融危機、巨大台風や地震などの天変地異…、昨今は波乱が多い。突然、状況が変わってしまうのだ。「乱気流の時代」と呼べるほどで、リスクと不確実性に備える必要性がさらに増している。こうした時代に必要なものはなんだろうか?カオティクスである。カオティクスとは、リスクから身を守り、不確実性に対処するしくみのことだ。カオティクスのフレームワークを示すこと、これが本書のねらいである。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 東洋経済新報社 (2009/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4492556532
  • ISBN-13: 978-4492556535
  • 発売日: 2009/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 577,560位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 zigeunerweisen VINE メンバー 投稿日 2010/5/26
形式: 単行本 Amazonで購入
マーケティングの権威コトラー氏の著作である。しかして内容はどうかと言えば、 大上段に構えてカオティックスと命名したものの(この命名により本書のマーケティングには成功したかもしれないが)、何ひとつあたら新しい示唆を含んでいない。カオス理論とも全く無関係である。近年の経済ないしは経営環境の大きなうねりに関する大雑把でありきたりな解説が述べられているに過ぎず、経営学やマーケティング論に対して何ひとつ新たな分析視点も知的パラダイムも提示していない。この本を読む限りは、著者自身カオス理論を本格的に学んだことはなく、キーワードとして使いたかったというだけのことだろう。数理科学のキーワードを使うことで、科学性を装う経営系著作の一典型と言えるかもしれない。
グローバル経済の新潮流を学びたい学生諸君やビジネスパースンには、スティグリッツ『フリーフォール』などが何倍も収穫のある読書になるだろう。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 I am that I am. トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/2/27
形式: 単行本
市場がカオスであることの提言、カオスの状況の解説そのものは頷けるものが多いです。これについては現在の市場を俯瞰する上で役には立ちます。

しかし、ではカオス下で如何なるマネジメントが効果的なのか、という点については全くお粗末な内容しか提示されていません。まともなマネジメント書籍であれば既に提示されているものばかりです。読む価値はありません。

現在の市場は複雑系科学の知見を借りなければ紐解けないことは最近言われていますので、複雑系をベースとした体系的なマネジメント書籍を探していましたし、ドラッカー等の先人の延長線上に本書を書いているという本文中の触れ込みがありましたので読んでは見たのですが、全くの期待はずれでした。

ドラッカーの『乱気流時代の経営』原著初版1980年や『イノベーションと企業家精神』原著初版1985年をじっくりと読んだほうがはるかに役に立ちます。

ドラッカーのこれらの書籍から20年以上経ったあとで書かれた本書ですが、ドラッカーほどの知見はなく、かえってドラッカーの凄さを再確認させてくれる程度のものでした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Edgeworth-Kuiper Belt 殿堂入りレビュアートップ10レビュアー 投稿日 2009/11/14
形式: 単行本 Amazonで購入
「景気の厳しいときは、そもそもやっておくべきだったことを実行に移す機会」「景気の停滞によって、新たな販売の機会が生まれるのは間違いない」「景気の良くないときには、販売戦略の基本に立ち戻ること」。

本書は、世界は予想外の「乱気流」が突然訪れる時代に突入したということをまず説明している。注意しなければならないのは、それは現在の金融危機に端を発した世界的な不況に限った話でないということだ。なぜなら、グローバリゼーションや、イノベーションの進歩や、ビジネスのスピードアップといった要因によって、様々な結びつきが深まった今の世界は、規模の大きな乱高下が発生しやすい構造になってしまっているのだ。

だから、突然発生する「カオス」へのマネージメント力を意識して身につけることが、今後の企業の生き残り戦略において不可欠なのだと著者は説いている。そして、ではそのためには、何を、どうすればよいかということが、本書の「カオティクス・マネージメント」というテーマの中心である。

章立ては、ノーマルからニューノーマル、乱気流への対応を間違うと命取り、カオティクス・マネージメントの全体像、戦略的対応、マーケティング戦略、波乱の時代を逆手にとる、という流れになっている。

対策は他にもいろいろ考えられるように思われるし、この本に書いて
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 通常の景気循環経済から、予測不能なニューノーマル経済に入ったことを前提に、こうした時代に企業のとるべき戦略をカオティクス・マネジメントとして体系化して提示している。変化に敏感に対応し、リスクをチャンスに変え、「企業の持続可能性」を如何に実現するかを示している。
 全体を通して目新しい発見はなかったが、250ページというコンパクトな中に分かりやすく要領よくまとめられており、組織の「反応性・強靭性・弾力性」が高くなるよう、普段からプロアクティブな肉体鍛錬をしておくことが企業にとって肝要であることを、改めて整理されたかたちで再認識できる。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
本書には、様々な市況の大変動に見舞われる現代の経営環境において、企業がその複雑性を理解し、変化に対応して生き残っていくための道しるべが記されている。

従来の世界には無かった多くの要素(技術革新、金融機関、環境保全など)によって、われわれが生きる現在は乱気流の時代に入ったと著者は言う。この状況下では、大小様々な変化が企業を襲い、変動後に新たな平衡状態が生まれることはない。
科学の世界(力学系の理論)においては臨界状態というこの揺らぎやすい状態の中で、いかにしてリスク・不確実性に対処し、戦略を立てるか。本書のテーマは、おそらくは多くの企業が必要としているものだろう。

全体の構成は、乱気流とはどういうものか、なぜそれが引き起こされるかについて説明したのち、それに対処するシステム全体の構成について述べ、各部分での具体的な方法論を記述している。

企業の強靭性や弾力性を高めるために本書が提唱するカオティクス・マネジメント・システムは、シナリオプランニングなども内包していてなじみやすいし、企業の機能ごと、部門ごとに、どのようにシステムにかかわっていけばいいのかを詳しく書いている。

コトラーの本らしく、かっちりした内容となっており、具体性もちょうどいいと思う。自分たちがどんな状況下にいるのかを理解する
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー