通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カエルの楽園 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 外観にうすい擦れキズや上部に少し折れ小口に多少のよごれがある場合がございます。 ◆本文につきましては書き込みなどは見受けられませんが、見落としがあった場合は速やかに対応をさせていただきますのでご連絡くださいませ。★★お求め頂きました商品は、丁寧梱包の上、郵便局のゆうメールにてお届けさせて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カエルの楽園 単行本 – 2016/2/26

5つ星のうち 4.3 940件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 649

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カエルの楽園
  • +
  • 「カエルの楽園」が地獄と化す日
総額: ¥2,804
ポイントの合計: 86pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

内容(「BOOK」データベースより)

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、平和で豊かな国「ナパージュ」にたどり着く。そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守り穏やかに暮らしていた。ある事件が起こるまでは―。平和とは何か。愚かなのは誰か。大衆社会の本質を衝いた、寓話的「警世の書」。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: 新潮社 (2016/2/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103364122
  • ISBN-13: 978-4103364122
  • 発売日: 2016/2/26
  • 商品パッケージの寸法: 19.5 x 13.4 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 940件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 227位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
この本を読んでみると、今の日本は何もできないことになる。これを機に真剣にこれからの事を考えなければならないと思う。   アニメの「空母いぶき」もお勧めかも
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ごく一般的な日本人にとって、戦争とは、遠い外国の話で、自分たちには関係ないことと思っている。その現代の日本で、戦争の危機が近づきつつある現実の世界など、考えたこともないし、考えたくもない。例えば、そうした日本人が最近目の当たりにした安保関連法案の国会審議の一連の流れを見ていると、考えたくないことを考えざるを得ない今の平均的日本人が漠然と覚えた、ある種の苛立ち、切迫感は、寧ろ、ないこと、起こり得ないこと、考えてはいけないことにして、そんな議論からさっさと逃げて、一刻も早く楽になりたいという、逃避行動に結びつく人たちが浮き彫りになった。
何故なら、今まで、ずっとそうしてきたし、それでいて、何か不都合なことに自分たちが巻き込まれることはなかったからに他ならない。だから、余計な議論が生まれて、安泰だった平和な生活が脅かされるような場面は、甚だ迷惑なことなのだ。
この「カエルの楽園」が、一方から、徹底的にこき下ろしの材料に使われ、批判、非難、誹謗中傷の嵐に見舞われながら、また、一方で、絶賛と共鳴の声が、多く寄せられるような本も、近年では珍しい。
つまり、賛否両論が巻き起こる稀有な題材になった本だと言える。そして、この賛否の声は、そのまま、いみじくも日本の憲法論議を活発化させた顕著な例になっているのではないかと思う。寓話が、国の本質を議論する格好の材料を提供する題
...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
私が小さいころは、TVのアニメは必ず正義が勝ってハッピーエンド。
正義感って親の躾もありましたが、TVでも大いに培われました。

最近のTVではその正反対のものが少なからずあるように感じ、意図的な物のように思えてなりません。
カエルの楽園は百田尚樹さんが書かれているので、小さい頃のようなストーリー展開だと思っていましたが、
最後は大変ショックでした。

私は右でも左でもありませんが、左翼と称する方たちの考え方がどうしても理解できないので
この本を読んでいくうちに少しでも理解できるかと期待していました。
でも逆に極左の方の考え方に拒否反応するようになりました。

かなり現実的で、百田氏が「自分の最高傑作」言わしめる作品。
なるほどな、と思いました。
素晴らしい作品で皆さんも是非読まれることをお勧めします。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
誰だって戦争は嫌です。だからこそどうすれば戦争にならなくて済むのか、前の戦争では何が悪くて戦争になったのか、残念ながら腫れ物に触るように学校の先生は教えませんでした。

ネタバレになるかもしれませんが…
最後のローラの幸せ感は絶対嫌です!
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
この物語はフィクションであり、実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
この一文の重要性がここまで問われる本も少ないだろう。
主人公や登場人物がカエルや鷲だ。私はここまでの人生の中で、不幸なことに一度もカエルが話すのを見たことがない。が、もしかしたら、カエルのお話なのに、自分たちのことを言われているのではないか、と考える人がいるのかもしれない。想像力が豊かな彼らは、自分たちに置き換えてしまうかもしれない。傷ついた、賠償しろと言う人がいるのかもしれない。
より正確には、ラストシーンP248を一枚めくると、ページ数もないページに書かれている。
日本語が読めるならば、意味は分かるはずだ。日本語が読めないならば、そもそもこの本に何が書かれているのか分からないはずなのだから、カエルと自分たちをうっかり間違える心配はない。

一々解説が要らないくらい、日本を取り巻く現状ととてもよく似た、ファンタジー。
自分たちの国を捨てたアマガエルのソクラテスとロベルトが、美しいカエルの国ナパージュにたどり着き、その崩壊の過程を共にする。
ほんわかとした文章で、絶望的な状況がどんどん進んでしまう。
救いがない話だ。
絶対ルール「三戒」には致命的な欠陥がある。当たり前だが「三戒」のルールがない国は「三戒」を守る
...続きを読む ›
コメント 218人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー