中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 本の状態「非常に良い」の内容につきましてはアマゾンが定めるガイドライン規約の3つの項目の範囲に従っております。メール便にて発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

カウンセラー (小学館文庫) 文庫 – 2005/2

5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 679 ¥ 1
文庫, 2005/2
¥ 63,068 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

小学校教諭・響野由佳里は、独自の音楽療法で文部科学省からも高い評価を受けていた。だが、彼女の一家に突然の惨劇が――。臨床心理士・嵯峨敏也が彼女に注目する一方で、どんなに凶悪な犯行でも罰せられない犯罪少年に彼女は憤りと憎悪を燃やす。復讐という一線を越えたとき、彼女の中の冷酷な“もうひとりの自分”が目醒めた。リアリズム溢れる精神医学と臨床心理学を背景に描く、新機軸スリラー「催眠」シリーズ最新作。

出版社からのコメント

「催眠」嵯峨敏也の新サイコサスペンス

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 375ページ
  • 出版社: 小学館 (2005/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094037942
  • ISBN-13: 978-4094037944
  • 発売日: 2005/02
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 20件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,410,346位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 なんちゃって、お遍路くん トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2006/3/6
形式: 文庫
裸電球、タバコの煙、臭気をともなった『闇』からストーリーは始まる。そのあとにくる 華々しい授賞式の『光』の世界。
この好対照な導入が これから起こるであろう事件の異様さと、人の心の『光』と『闇』を想起させる。日常であったはず
の『人』や『こと』が日常でなくなる緊迫した瞬間と被害者の心理をみごとに描写しながらストーリーは進んでいく。
『事件』とその後を描いた前半の緊張感あふれる展開を描くペンは、後半に進むにしたがって ゆったりとした筆致に
変わる。事件の内容はエスカレートしていくが 描写は明らかに変わる。描写を抑えることで『事件』と『こころの深層』
の関係をみごとに描ききっている。ストーリーの途中に被害者?加害者?の心理背景が挿入され、これがストーリーを締め
くくる。冗長とも思える描写だが、これは著者の『人のこころ』は丁寧に扱わなければならない、 『魂(心の深層)』
は救済されなければならない との信念によるものからかもしれない。

ストーリーも、ペンタッチも堪能してみてください。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
5年前のドラマ「催眠」で稲垣吾郎さん演じた嵯峨がそのまま帰ってきたという感じです。
あるいは原作の「催眠」の嵯峨に、「サイコドクター」的要素も加わったというような・・・
とにかく知的でかっこいいです。
教師の鑑のようなピアノの先生の変貌ぶりに途中ぎょっとしますが、最後に救いがあって、
ほっとして心が温まります・・・
この話は岬美由紀さんと別れたあとの嵯峨先生の、単独主演作ということですね。おかえりなさい嵯峨先生。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一向に衰えないリーダビリティを発揮し続ける松岡氏に今回も脱帽です。

現実離れした千里眼シリーズも良いですが、社会問題となっている、犯罪の

低年齢化に正面から向き合った真摯な作品もまた素晴らしい出来でした。

まあ、少年への制裁の加え方と警察の対応は非現実的なんですが。

でもリアリティとアンリアリティのバランスが非常にうまくとれています。

今回も嵯峨先生の役回りは非常においしいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 aquatio 投稿日 2007/3/13
形式: 文庫
同じ臨床心理士ものでも、「千里眼」シリーズとは一線を画している、臨床心理士嵯峨敏也シリーズ第三弾。

と言っても、私はこっちのシリーズは本作が初めてでした。

本作は、かなりしんどい少年犯罪がメインで話が進みます。

正直、相当しんどい犯罪。これは好き嫌いが分かれるかも知れない。

人生と言うのは、こうして暴力的に消し去られるのかなぁ、と。

もちろん犯罪に遭遇することはどのみち理不尽だけど、本作の理不尽さは尋常ではない。

私にはちょっときつかったなぁ。

面白いことに、本作は主人公臨床心理士の嵯峨敏也シリーズなのに。。。

彼以上に、奏でる音楽で演奏者の心理を分かってしまう小学校の女性教諭にして特異な才能を持つ

響野由佳里(ひびのゆかり)の人間としての描写がとてもとても深い。

嵯峨さんの影はすっかり薄くなっちゃって、私実は響野由佳里さんのシリーズなの?なんてトンチンカンなことを思っていたくらいです。

音楽療法と言うか、音楽心理学(なんて言葉は私の造語)と言うか、その方面からもとても興味深い作品です。

内容、ストーリー展開、等々サイコホ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
『人が死なないミステリー』の万能鑑定士Qシリーズおよび特等添乗員αシリーズから本書の主人公:嵯峨に興味を持たれて本書に辿り着いた方は、注意が必要デス。
本シリーズでは、人が死にます。。。
ついでに描写が凄惨で、犯人が犯行に及んだ理由もやるせない感じ。
嵯峨のキャラクターが知りたいだけであれば、前作『催眠』だけで良いと思います。

と言っても、本書が面白くない訳ではありません。
さすが松岡圭祐作品!って感じで、楽しめる1冊デス。
私個人の希望としては、後日談的な部分にもっとボリュームが有ると嬉しかったですが。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー