通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
カイジから経済を学べ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。きれいで使用感もありませんがカバー(表紙)の縁にわずかなヨレがあります。記載のない付属品・特典等は付属しない場合がございます。ご了承ください。こちらの不手際により不備のある商品が届いた場合は、返品・返金に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

カイジから経済を学べ 単行本(ソフトカバー) – 2016/2/19

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2016/2/19
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 649

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • カイジから経済を学べ
  • +
  • カイジ「したたかにつかみとる」覚悟の話
  • +
  • カイジ逆転の心理学――困難に打ち勝つ・人生を切り開くテクニック――
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 141pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 ノミネート作品決定!
「サピエンス全史」や『鬼速PDCA』、『LIFE SHIFT』など話題作ほか >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

命懸けの勝負が暴く
マネーとビジネスに潜むワナ!

ギャンブルを前に「どうしたら勝てるか」?
この命題追求からさらけ出される生身の人間の姿、本性が描かれている「カイジ」の世界。
それは、説明のつかない選択をしてしまうことのほうが多い現実の株や為替取引、ビジネスの意思決定プロセスと同じだ。

なぜ、人はいつもパーフェクトな決断ができないのか?
「カイジ」のストーリーとともに、「不合理な選択」のナゾを説き明かす行動経済学の考え方が理解できる、画期的入門書。

出版社からのコメント

人気マンガ「カイジ」を、経済学の視点から読み解いた意欲作です。
象徴的な30のシーンを取り上げ、人間ならではの感情に基づく「不合理な選択」を考慮する
行動経済学の考え方を、やさしく解説します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 256ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2016/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532356792
  • ISBN-13: 978-4532356798
  • 発売日: 2016/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 330,201位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

特に良かったのは、シーン3「グーチョキパーを同数に」、シーン10「大負けのあとどこまで退くか」、シーン14「チンチロ3連勝かそろそろ落ち目か」、シーン21「なぜクルーンの傾きが逆なのか」、シーン26「中、発、と打つか一萬、一萬か」... とにかくギャンブルと経済を結びつける発想がスゴイわ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
目次を見ただけでざわざわしてきます。経済学の本かと思ったらもっと気楽な読み物でした。30のSceneに分かれているのでちょこちょこ読むのもOK。まあハズレでないことは言えます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
カイジの各シーンを使って、行動経済学の用語を解説している、非常に読みやすい本だと思いました。

たとえばデフォルトバイアスの項目では、エスポワールで利根川先生とEカードで対決した時のシーンで、カイジのこういう状況でのこういう行動はデフォルトバイアスによって…などと解説されています。

ぱぱっと読めて、行動経済学の用語やその概念を、ざっくりと把握できる良い本だとは思うのですが、あまりカイジの世界をメインには考えない方がいいように思います。カイジでの解説が終わると、その項目について、学術的な実験を行った際のレポートなどが出てきて、「何ドルの商品を~」という事例が多く、カイジが関係なくなってしまいます。

カイジで言うと、ざわざわざわ・・・ という感じがちょっとしなく、アカギで言うと、ぬるっと来ない感じなのですが、大学生さんなどがテスト対策などで読むにはうってつけの本なので星4つをつけました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告