通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
オー!ファーザー がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ★中古になりますので多少のキズ、折れ、ヨゴレ、ヤケ、傷み等がありますが、いずれも重度のものではありません。状態の悪いものにつきましては、コメントを記載しております。また、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オー!ファーザー 単行本 – 2010/3

5つ星のうち 4.1 79件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 810 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • オー!ファーザー
  • +
  • 砂漠 (Jノベル・コレクション)
  • +
  • 終末のフール
総額: ¥4,248
ポイントの合計: 112pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

一人息子に四人の父親!? 由紀夫を守る四銃士は、ギャンブル好きに女好き、博学卓識、スポーツ万能。個性溢れる父×4に囲まれて、高校生が遭遇するは、事件、事件、事件――。知事選挙、不登校の野球部員、盗まれた鞄と心中の遺体。多声的な会話、思想、行動が一つの像を結ぶとき、思いもよらぬ物語が、あなたの眼前に姿を現す。伊坂ワールド第一期を締め括る、面白さ400%の長篇小説。 --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

みんな、俺の話を聞いたら尊敬したくなるよ。我が家は、六人家族で大変なんだ。そんなのは珍しくない?いや、そうじゃないんだ、母一人、子一人なのはいいとして、父親が四人もいるんだよ。しかも、みんなどこか変わっていて。俺は普通の高校生で、ごく普通に生活していたいだけなのに。そして、今回、変な事件に巻き込まれて―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 361ページ
  • 出版社: 新潮社 (2010/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4104596043
  • ISBN-13: 978-4104596041
  • 発売日: 2010/03
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 79件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 441,218位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 TEA 投稿日 2010/5/5
形式: 単行本
何より、にんまり笑えるセリフが多く、楽しめたことが一番。もちろん単なるコメディやドタバタ劇ではないが、伊坂作品では大きな魅力の一つだと思っている。特に最近は封印気味なので、その持ち味も毎作品とはいかないまでも発揮してほしいところだ。
父親4人という有り得ない設定の物語ではあるが、父親として何を子どもに教え伝えるのか、ということを考えさせられる場面がいくつもあった。1人で4要素は難しいけれど。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
いつも通り、です‼

奇妙だけれど、憎めないキャラクターが、強盗事件や、街で噂になっている事件に巻き込まれるドタバタミステリー‼

今回は、ギャグっぽいタッチで、ハッピーになれる作品なので、「陽気なギャング」シリーズ好きにオススメ‼

すごく読み易く、マンガっぽいので、今まで他の伊坂幸太郎作品で挫折した人や、普段はあまり小説を読まない人、忙しいけどなんとなく小説を読みたい人、にもオススメできると思います‼

ちなみに、個人的には映画の「オー!ブラザー」に雰囲気もすごく似てると思うのですが、タイトルがそこから来たのかは不明、です‼
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 き‾こ 投稿日 2010/3/27
形式: 単行本
伊坂幸太郎は大好きで、これまで発刊されている物は全て読んでいるつもりです。今回の本も発売日に買いました… が、読んでみてちょっと残念に感じました。 自分にとって、伊坂幸太郎の魅力は、張り巡らされた伏線の見事な回収、スマートな表現、魅力的な人物像なのですが、 伏線に関しては、あれっこれどうなってるの??という未回収なままの箇所がいくつかありました。次の行動のきっかけにはなっている物の、実はこうだったんです〜というのが明かされないまま終わってしまい、消化不良な感じ。 また、会話、人物像についても、マンネリ&気持ちが入らず、正直読みづらい感じでもありました。 初めての新聞連載ということで、ペース配分を間違えたか??という印象。 伊坂幸太郎はほんとに好きなんですけど、ここ2、3年で出された本は、雑な作りで残念と思ってましたが、今回も同様でした(‾_‾;)
コメント 40人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まずはなんというか
キャラクターの魅力があまり無い
四人の父親が惚れてる知代のどこがそんなに魅力的なのか
他の男と暮らしてまで一緒にいたいと思えるようなこれこそっ!!なエピソードが少しでもあったらよかったのに
それか母親はどっか行方不明になってて四人に子どもを押し付けたとかなら
なんかわかりやすくてキャラクター的にも締まったかも

あと多恵子がやたらうざかった
多恵子はいらないのでは??
鱒次だけで話を進めた方が読みやすかったかも

設定自体は実に面白いのにそれをいかしきれてないというか
あと伏線がやたらバラバラと多くてわかりずらかった

読むのが億劫で1ヶ月ぐらいかけて読んだ小説はこれが初めてです

まだグラスホッパーやマリアビートルの方が面白かったな
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 伊坂先生本人がゴールデンスランバー以前までを1期、以後を2期とすると、1期最後の作品と言ってますが、初期の作品ほど完成度は高くなかったです。
 父親が4人という設定が何かの伏線なのかな?とか思ってましたが、結局解決されず。
 その他にも、これも伏線?あれも伏線?と思いながら見ていましたが、あまり回収されないまま終わってしまった感が否めません。
 読後感を正直に言うと、「え?これでおしまい???」
 正直ちょっと期待はずれ・・・
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
一言で言うと中途半端。
キャラクターも面白いし、後から後から沸き起こる事件もどんな展開になるんだろうと
期待させてくれるのですが、最後はご都合主義でまとまってしまった感が否めません。
例えるなら、なんでもお見通しの探偵が、実は超能力者だったというような
「それは反則でしょう!?」というオチの付け方は、伊坂幸太郎らしくないかなぁ。
ちょっとがっかりな内容でした。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
最近映画化にもなり、話題の作品。
とにかく設定から面白く、キャラも今までの伊坂さんの作品と比較しても際立っている人が多い。
そんな人達から生まれる会話ややりとりは、第三者の目線で読んでいてとても楽しい。

正直、散らばめられた複線の回収が1つではなく、複数にまとめられていた部分もあった。
しかし、ラストには、ほんわかとした温かい気持ちにさせられる。

あとがきにもあったが、伊坂さんの第一部のラストとも言える今作品。
伊坂さんのファンで、ゆったりとした気持ちで読みたいという人には、とてもおすすめである。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー