中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: アマゾン専用在庫で即納いたします。帯びあり。表紙多少擦れ等ありますが中は書き込みなく概ね良好です。雨対策し出荷いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オールドボーイ―ルーズ戦記 (1) (Action comics) コミックス – 1997/4

5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作の原作!! 謎の軟禁施設7.5階に10年間幽閉された男が、見えざる敵を追う!! 『ボーダー』『ハード&ルーズ』の原作者・狩撫麻礼が新たなペンネーム・土屋ガロン名義で挑んだ超ディープな物語を、『天牌』の嶺岸信明が心血を注いで描ききった復讐劇!!


登録情報

  • コミック: 209ページ
  • 出版社: 双葉社 (1997/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 457582240X
  • ISBN-13: 978-4575822403
  • 発売日: 1997/04
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12.8 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ケイ 投稿日 2012/10/16
形式: コミック
ビルの7階と8階の間につくられた7.5階に軟禁された主人公が軟禁の謎を追い復讐を目指す物語。複雑に絡み合った人間関係が徐々に解かれていくが、その過程においても適度な緊張感があり飽きさせない。ストーリーがしっかりしてるため最後は消化不良のところもあるが、それがあっても面白さは変わらない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
めちゃくちゃかっこいいんですよ主人公。あまり女性向けではないのかもしれませんが是非、女性にも読んでもらいたいですね。ありえない話かもしれないが非日常的なところでもしかしたらあってもおかしくない設定なんですよ。でも普通の人なら耐えられないと思いますが。そしてなぜ原作の土屋ガロン氏(狩撫麻礼の名のほうが知られているかもしれませんが)の描く男性主人公はこうまで色っぽいんだろうか。
韓国で作成された映画も公開されることですし、なにやらハリウッドでリメイクされるのような話もあるようなので是非原作は目を通してもらいたいですね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
10年間私設監獄に幽閉されるという、とんでもない過酷な目にあいながら、体力も気力も衰えず、むしろ自らを鍛えてきた男が、解放されてからその幽閉の謎を解くというストーリー。タフで男っぽい主人公をめぐって複数の謎めいた女性が登場して話に花を添える。アクションだけでなくサイコサスペンスの要素もあり語り口のうまさ、展開の意外性にぐいぐい引き込まれて全8巻を一気に読んでしまった。今年のカンヌ映画祭でグランプリを取った韓国映画の原作にもなっている。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告