¥ 994
Kindle Unlimited でこの本を読み放題で読む
電子書籍のカバーの画像
Kindle Unlimitedのロゴ
Kindle Unlimitedでは、豊富なKindle本、コミック、雑誌を読み放題でお楽しみいただけます。

Kindleアプリのロゴ iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
<オールカラー版>欲望の美術史 (光文社新書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


<オールカラー版>欲望の美術史 (光文社新書) 新書 – 2013/5/17

5つ星のうち 4.5 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 994
¥ 994 ¥ 1

booksPMP

【2冊で最大4%、3冊以上で最大8%、10冊以上で最大10%】ポイント還元

2冊を購入する際クーポンコード「2BOOKS」を、3冊以上は「MATOME」を入力すると最大8~10%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • <オールカラー版>欲望の美術史 (光文社新書)
  • +
  • 〈オールカラー版〉美術の誘惑 (光文社新書)
  • +
  • 美術の力 表現の原点を辿る (光文社新書)
総額: ¥3,067
ポイントの合計: 78pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

◎<まえがき>より
誰にでも美を求める気持ちはある。
一輪の花を飾るだけで、一枚の絵を掛けるだけで、どんな殺風景な空間でも少しは華やぐだろう。
美術はこうした心性の上に成り立っている。
生きるために必要なものではないが、あれば生活に彩りが生まれ、人生が豊かになる。
明日をも知れない身の死刑囚が独房に飾り、余命いくばくもない患者が病室で眺める絵。
それらはたとえ質的には劣っていても、美術本来の力と強度をもっているはずである。

◎<本書の内容>
本書は、美術を生み出し、求めるときの様々な欲望に光を当て、
美術というものをいろいろな観点から眺めたエッセイ集である。
扱った作品は、世界的な名作から、通常は美術とは目されない特殊なものまで様々だが、
いずれも美術史上の重要な問題につながると思っている。
(「まえがき」より)
あらゆる人間の営みは欲望によって成り立っている。美術といえども例外ではない。
美術は、人間の様々な欲望を映し出す鏡でもある。
「欲望とモラル」「美術の原点」「自己と他者」「信仰、破壊、創造」という四つの観点から、
「美が生まれる瞬間」を探る。<オールカラー>

◎<本書の目次>
<まえがき>
<第一章>欲望とモラル
食欲の罠/愛欲の果てに/金銭への執着/見栄と虚勢の彩る町
ヌードという危ういジャンル/日本のヌード/風景への憧れ
<第二章>美術の原点
空間恐怖/ミニマル・アートの禁欲と豊饒/作品と展示空間/
バロック空間の恍惚/〈本物そっくり〉への嗜好/治癒への祈り/追悼と鎮魂
<第三章>自己と他者
「私」に向き合う/芸術としての刺青/集団肖像画の魅惑/権力の表象
歴史画と政治批判/アール・ブリュット/ライバル意識
<第四章>信仰、破壊、創造
「母なるもの」と聖母像/保守か前衛か/美術と戦争/土佐・絵金の芝居絵
名画への敬意と反発/破壊衝動とイコノクラスム/よき死への願い
<あとがき>

◎<著者プロフィール>
宮下規久朗(みやしたきくろう)
1963年愛知県生まれ。美術史家、神戸大学大学院人文学研究科准教授。東京大学文学部卒業、同大学院修了。
『カラヴァッジョ――聖性とヴィジョン』(名古屋大学出版会)でサントリー学芸賞などを受賞。
他の著書に、『食べる西洋美術史』『ウォーホルの芸術』(以上、光文社新書)、
『カラヴァッジョへの旅』(角川選書)、『刺青とヌードの美術史』(NHKブックス)、『裏側からみた美術史』(日経プレミアシリーズ)、
『フェルメールの光とラ・トゥールの焔』(小学館101ビジュアル新書)など多数。

内容(「BOOK」データベースより)

美術を生み出し、求めるときの様々な欲望に光を当て、美術というものをいろいろな観点から眺めたエッセイ。世界的な名作から、通常は美術とは目されない特殊なものまで様々な作品を扱い、四つの観点から、「美が生まれる瞬間」を探る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 182ページ
  • 出版社: 光文社 (2013/5/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334037453
  • ISBN-13: 978-4334037451
  • 発売日: 2013/5/17
  • 梱包サイズ: 17 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,976位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

9件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.5

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2013年8月8日
形式: 新書Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年8月27日
形式: 新書Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月30日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2016年10月18日
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2014年3月31日
形式: 新書
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2017年4月21日
形式: Kindle版
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年5月27日
形式: 新書
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2013年7月18日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告