中古品:
¥ 1,094
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オーメン (特別編) [DVD]

5つ星のうち 4.6 68件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 1,550より 中古品の出品:4¥ 1,057より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: グレゴリー・ペック, リー・レミック, デイビッド・ワーナー, ビリー・ホワイトロー, ハーベイ・ステファンス
  • 監督: リチャード・ドナー
  • 形式: Color, Dolby, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2010/08/04
  • 時間: 111 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 68件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003QUCYMI
  • JAN: 4988142803023
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,015位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

6月6日6時──。
2人の子供が生まれ、1人が死んだ……。
それが<オーメン>の始まりだった。

<キャスト&スタッフ>
ロバート・ソーン…グレゴリー・ペック
キャサリン・ソーン…リー・レミック
ジェニングス…デイビッド・ワーナー
ミセス・ベイロック…ビリー・ホワイトロー
ダミアン…ハーベイ・ステファンス

監督:リチャード・ドナー
製作:ハーベイ・バーンハード
脚本:デイビッド・セルツァー
音楽:ジェリー・ゴールドスミス

●字幕翻訳:佐藤一公

<ストーリー>
6月6日6時。妻が死産した駐英大使は、同じ日に生まれた孤児を引き取りダミアンと名付け育てる。ダミアンの周辺では不吉な殺人事件が多発、事件を追う大使はエクソシストであるブーゲン・バーゲンから、ダミアンこそが地上に復活した悪魔の子であることを知らされる……。

<特典>
●監督のリチャード・ドナーと編集のスチュアート・バードによる音声解説
●ドキュメンタリー:「666オーメンの啓示」
●メイキング:「呪いの因果」
●インタビュー:ジェリー・ゴールドスミスが語る『オーメン』の音楽
●オリジナル劇場予告編

内容(「Oricon」データベースより)

6月6日6時に生まれた悪魔の申し子、やがて彼の正体を知ろうとする者が、次々と謎の死をとげていく。グレゴリー・ペックをはじめとする名優陣の演技がいっそう恐怖感を高めてくれる傑作ホラー。

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
あのジャケットはどうなんでしょう。作品自体は画質も良く問題ありません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
串刺しや輪切りなど残酷描写で有名な本作ですが、作品の本質は宗教映画だと感じます。
オーメンがシリーズを通して描くテーマは残酷な描写でも悪魔の強さでもなく「いかにサタンの子ダミアンが神の子イエスと人間たちに負けるか」です。惨たらしくダミアンの毒牙にかかる人間はあくまでもその過程に過ぎず、物語の結論は最初からイエスの勝ちが決まっています。なぜならベースの価値観が聖書で、その聖書には神の勝利が約束されているからです。
よってキリスト教系ホラー映画の批評に使われる「クリスチャンでなければ怖くない」説には、現役のカトリック信者として異議を唱えたく思います。多少なりとも聖書知識(とその信仰)があれば「悪魔が勝ってしまうのかも」という最大の恐怖描写が成り立たないからです。つまるところ「クリスチャンでなければ怖くない」ではなく「クリスチャンでなければストーリー読解が難しい」になるのではないでしょうか。
本作は知識がなくともある程度楽しめますが、2、3とシリーズを通して観る予定がある方は、聖書初学本などに一度目を通しておくとより一層面白いかと思います。
ちなみに観てみたいが残酷描写が苦手だからちょっとという方もいらっしゃるかと思いますが、アナログ時代の残酷描写なので今から見ると大したことはありません。残酷描写嫌いを理由に避けるのはいささかもったいないレベルの名作なので、ぜひチャレンジされることをおすすめします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
前回発売のBOXを買ってしまっていたので購入するか悩みましたが結局購入。

前回の盤にあったパラパラとしたフィルムのゴミやキズなどが綺麗に消えてるし、音声も5.1chになってるし、買って正解でした。

で、今見てもものすごく怖い。

リメイク版は見ていませんが、この傑作の前では霞んでしまうんではないでしょうか。

ホラーなんですけど品格が漂っています。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
最後のダミアンの笑いが考えさせられ、さらに、恐怖感をとても与えています。
何を考えているのか?そして、何が狙いなのか?などなど色々です。
この映画はホラー映画が好きな人、または初めてホラー映画を見てみようという人にお勧めします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
オーメン、サスペリア、シャイニング・・・ 子供の頃、見て、怖くなった映画です。
映像は、ブルーレイによって綺麗に蘇りました。

避雷針が折れて、牧師の体を串刺しにするシーン、廊下で遊んでいて、義母を階下に落としてしまうシーン、
子供には衝撃的なシーンが次々と出てきます。

2000年に入って、「オーメン666」の名で作り直され、映像的にはさらに綺麗になっていますが、やはり、元祖「ダミアン」の方が不気味にさえ感じます。CGなどなかった時代、動きがぎこちない、ちょっと不自然、という要素もあるためでしょうか?

ひとつ言えば、オーメン2、3は必要なかったのでは?とさえ思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
私たちの世代(50代)のホラー映画といえば、フリードキン監督の『エクソシスト』(73年)、スティーブン・キング原作、デ・パルマ監督の『キャリー』(76年)、同じくキングの小説をキューブリックが監督した『シャイニング』(80年)などが古典的名作の地位を獲得していると思うが、本作『オーメン』(76年)もホラー映画の金字塔としてファンの記憶に残っている。
その後ホラー映画は、ジョン・カーペンター監督の『ハロウィン』(78年)を経て、ショーン・カニンガム監督『13日の金曜日』(80年)、ウェス・クレイヴンの『エルム街の悪夢』など、血しぶきが吹き上がり、生首が飛ぶ“スプラッター映画系”へ人気がシフトしていく。元祖というべきトビー・フーパー監督(74年に『悪魔のいけにえ』を監督)や『ゾンビ』もので有名なジョージ・A・ロメロ作品などには、明らかにB級映画の雰囲気が漂っているが、ホラーというジャンルが、興行的な要因でエンターテインメント性が強いスプラッター映画の要素が優勢になっていったのは仕方のないことかもしれない。

ごくごく単純化して書いたが、そんな中『オーメン』は重厚な作りで、ホラー映画にも、ある種の「美」というものが存在することを改めてわからせてくれた作品の一つだと思う。映像的な「美しさ」というよりも、作品の核となるイデアのようなものに直接結びつく「美」のこと
...続きを読む ›
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す