この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

オープン・ユア・アイズ [DVD]

5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でオープン・ユア・アイズを今すぐ観る ¥ 200 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: エドゥアルド・リノエガ, アレハンドロ・アメナーバル, ペネロペ・クルス, フェレ・マルティネス
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: スペイン語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/08/20
  • 時間: 117 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 46件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000A4HUQ
  • JAN: 4988013539402
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 121,326位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   『オープン・ユア・アイズ』(『Abre Los Ojos』)は、トム・クルーズ主演の『バニラ・スカイ』(2001年)を既に観ている人の多くにデジャ・ヴを感じさせる。実際のところこのハリウッドバージョンは、秀逸なスペイン語版オリジナル作品の、出来の悪いリメイクなのである。両作品のあらすじはほとんど同じであり、ペネロペ・クルスなどは両方で同じ役柄を演じているが、本作品の方がすべてにおいてヨーロッパ的な繊細さと知性を漂わせている。また、両作品を見比べてみると、危機的な運命に巻き込まれた都会的でハンサムなプレイボーイの演技にトム・クルーズが影響を受けていることは間違いなく、エドゥアルド・ノリエガ演じる主人公は、このハリウッドのスーパースターのお手本になっているものと思われる。
   自動車事故の後に主人公の人生は完全に暗転し、人を殺してしまったことで悪夢さいなまれて現実と夢の境界も曖昧になり、周囲の人間の態度も一変する。クリストファー・プリーストの小説、特に『The Affirmation』や『魔法』のようにSF的色合いの強い作品であり、人格、記憶、アイデンティティの本質を描いている。アレハンドロ・アメナーバル監督(『アザーズ』ほか)の力強い脚本、音楽、指揮により、『オープン・ユア・アイズ』は精神錯乱的でエロティックだがスタイリッシュな要素を持ったスリラー作品に仕上がっており、回帰的なエンディングシーンによって独特の結末が用意されている。『メメント』に通じるような精神を刺激する映画であり、トム・クルーズ主演で似たタイトルを持つ『アイズ・ワイド・シャット』と混同することなど決してない。(Gary S Dalkin, Amazon.co.uk)

内容(「Oricon」データベースより)

一人の女に運命を狂わされた男の恐怖を描いたサイコスリラー。エドゥアルド・ノリエガ、ペネロペ・クルスほか出演。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
SF映画が大好きです。『バニラ・スカイ』を映画館で見て衝撃を受けました。今までのハリウッドSF映画とまったく違う作り方に、新しい世界観を見るようでした。それがこの映画のリメイク映画と知りました。今回はじめてオリジナル作品を見て納得、元の映画の編集エッセンスをそのままハリウッドっぽく作り直したことがわかりました。瞳を開けて、から始まるこのストーリーは、タイトルがちいさな朝のめざめから永遠へのめざめまで様々な色彩で不思議なパラドックスへいざないます。
昔のSF映画は3Dとかないので、私たちはアタマの中でイメージを膨らませて世界観を構築する作業を余儀なくされます。だからこそ生まれる名作もあります。1956年のモノクロ映画『渚にて』やギリシャの『魚が出てきた日』など今も語り継がれる名作SF、そんな良さがこの映画にはあります。それはどちらが良いということではなく、映画に何を求めるかの好みということだと思います。
奇をてらった特撮はないけれど、しっかりとした伏線がちりばめられたプロットに感動しました。またスペインというお国柄を思う時、最後のシーンの美しい空にダリの絵のようなすがすがしさを感じます。バニラスカイよりも作者の意図がわかりやすかったので、皆さんがコメントしてらしてるとおり理解する一助になること、うけあいです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
現実と非現実が同居して観客を悩ませるという映画ジャンルを「マインド・ファック」と呼ぶが、この作品もそれ。

ハンサムで金持ちの男が、パーティで出会った美女ソフィア(ペネロペ・クルース)を見て一目惚れ、前の彼女は無視してソフィアにゾッコンになると、前の彼女が狂って、無理心中を図る。男は奇跡的に助かったものの顔面損傷を受け、金にいとめをつけないと言えど最新技術でも元の顔に戻らず、男は失意のどん底へ。ソフィアも友人に奪われて、ボロボロになって酔っぱらって道路で倒れていると、翌朝、ソフィアがやさしく起こしてくれる。友人に奪われたと思っていたのに「あなたが好き」。しかも顔面も突如最新医療により完全復帰する。

なにもかも元通り、と思っていると、突然ソフィアが前の彼女とすりかわったり、治ったはずの顔面が前の崩れた顔にかわったり、だんだんと現実と幻想の区別がつかなくなってくる、というストーリー。

ちょっと前にみた「複製された男」も違う自分が二人登場して悩ませたが、この作品は周りも二重になってくるからさらに難しい。

これはどういう意味なのだろう?といろいろ考えながら見ていると、なんと、この作品、最後はちゃんと理由が明らかにされるのです。

最初は恋愛ドラマからサスペンスにかわり、ミステリー、カル
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
 初めてこの映画をWOWOWで見た時、ペネロペ・クルスも何も知りませんでした(当然ですね)。しかし映画は最高で、彼女の存在感も圧倒的で、忘れられない女優となりました。そうしたらその直後『オール・アバウト・マイ・マザー』で大ブレイク、そしてトム・クルーズとのゴシップで見る見るうちに2000年代を代表する女優になりました。「錐の嚢中に居るが如し」、優れた人物は必ず評価されるのです。
 同じ事は監督のアメナバールにも言えます。映画は素晴らしいもので、『バニラ・スカイ』としてリメイクされて後、いよいよ声望が高まっているのは多くの識者のカスタマーレビューを読めば明らか。トリッキーで、伏線がしっかりとちりばめられ、そして最後の大詰めであっと言わせる完璧な作り。本当に映画の天才っているんだな、と感じ入ります。脚本も音楽も1人でやり、それもまた完璧なのですから。
 そして主演女優の使い方が絶妙です。ペネロペ・クルスの色気、情熱、活力、聖母性、清潔感、魔性、しなやかさ等々を十二分に生かして、抜群に魅力のあるヒロイン像を作り上げました。同じ事は同監督作の『テシス』や『アザーズ』にも言えます。ここではアナ・トレントやニコール・キッドマンの過去の名作のイメージも見事に生かして、役柄に役柄以上の説得力を持たせています。そしてペネロペ・クルスはこの映画のイメージを自らのものとして女優人生を
...続きを読む ›
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告
形式: DVD
夢落ちという言葉が存在するように
実は夢だったという話しはもう使い古された古典的な手法であるし
しかも若手の弱冠25歳の監督(脚本・音楽とかかなり兼任してる)で低予算で登場人物もやたら少ない

しかし、これがとても面白いからビックリ
トムクルーズがリメイク権を獲得した理由がよく分かる

劇中幾度となく繰り返される「目を覚まして・・・」という言葉
そして複雑怪奇な夢落ちの反復
徐々に明確になってくる真実と虚構
いつしか見てる人間も現実と夢がわからなくなってきて
ここまで夢だと辻褄が合うとか
新しい事実が分かってあぁ違ったとか
とーっても頭を使って楽しめる映画でした

最後にちゃんと解答があるのも親切設定

ペネロペ・クルスの若く純粋な美しさもいいし
もう一人のヒロインの女性もデビットリンチ的な怪しい雰囲気発しててとてもいいです

サスペンス好きなら素人から玄人まで万人にオススメできる映画です
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー