中古品
¥ 240
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【中古商品です。スレ・ヤケ・多少の汚れ等、経年による劣化がございます。】表紙カバーに若干の傷みがありますが、中身はおおむねきれいな状態です。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

オープンソース徹底活用Slim3onGoogleAppEngineforJava 単行本 – 2010/7/30

5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 239
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小川/信一
1976年大阪府生まれ。1997年にコンピュータ系の専門学校を卒業。卒業後3年間Microsoft系の環境で業務システムの開発に携わった後、転職。その後9年間、JavaとSwingを使ったリッチクライアントフレームワークの開発や、そのフレームワークを適用した業務システム開発の支援を行う。2009年夏より株式会社トップゲートにてGoogle App Engine, Google Apps, Androidについての案件をこなしている。個人ではブログ等での情報提供、appengine ja nightというコミュニティでの活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 280ページ
  • 出版社: 秀和システム (2010/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4798026999
  • ISBN-13: 978-4798026992
  • 発売日: 2010/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 23.4 x 19.4 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 454,201位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
GAEのDatastoreServiceの扱いに特化した本です。
この本を読むことで、GAEのLow Level Apiの扱い方が理解できます。

Low Level Apiは他のデータApiであるJDOとかJPAに比べて高速なため、
GAEという30秒ルールに対処しなければならないプラットフォーム上では避けて通れないApiです。
一方でLow Level ApiではJava1.4のような型安全性を保証できない部分があります。

Slim3はLow Level Apiを薄くWrapしただけで高速であり、
Javaの基本思想である型安全にも配慮したフレームワークです。

そのSlim3を丁寧に解説している本書はGAE開発者は必読であると思われます。

本書の内容は以上述べたところになりますが、
この本を本当に特徴づける点は別のところにあります。

大抵のフレームワーク解説書ではサンプルコードが書いてあり、
これを写経すれば動くよということしか書いてありません。
この手の本で一番問題になるのは、コードが動かないときに、
どの値がどうなっていて動かないというのがわからないことがあります。

...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
日本語でBigtableの仕様を詳細に説明しているドキュメントとしては、書籍、WEBにかかわらず、今現在ではこれが唯一のドキュメントだと思います。
RDBとKVSは全然取扱い方が違うのでRDB脳で読み始めると途中で「???」となってしまいます。
そんなときはローカルに環境をつくってサンプルを動かしてみるとよいと思います。APIの説明に簡単なJavaのサンプルが載っていますが、これも文章でだらだら説明されるより、コンパクトなソースで「こんな感じ」と書かれていてます。この方がプログラマーとしてはすっきりわかります。
サンプルはJavaでかかれていますがとてもシンプルで解り易いものだけです。Javaプログラマーに限らず、Pythonを使ってGAEのアプリを作る人でも「BigTableって何?」と思っている人は買って損はないとおもいます。

この本の趣旨としては内容的に十分、文句なしです。

ただ、この本を読んで自分の力で作れるのは掲示板ぐらいでして…。これは私の力不足のせいですがRDB脳に引っ張られてしまって複数のテーブルを利用して作っていたものどうやってKVSで実現すればいいのか…。そもそもテーブルの正規化と言う作業はKVSで有効なのか、どうなのか…。BigTableの仕組みは理解できたのですが、それを利用して今まで
...続きを読む ›
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
出版から時間が経ってしまいましたが、基本的な事を学ぼうと手に取りました。
しかし、ひたすらデータの扱いを述べているので、実例としてどのようなサイト構築に役立っていくのか分かりにくかったです。
Eclipseが日本語化されていなかったのも(細かい事ですが)気になりました。
Production環境へデプロイすることも終わりごろに出てくるのですが、それが、実際に活用することが後回しにされていることを象徴しているような気がします。何か動きを見つつ学んでいくのならば、少し簡単なものを作ってみて、すぐプロダクションにデプロイしてみてという手順で進んだ方が分かりやすいので、デプロイの説明がもっと早めに出てきてもおかしくなかったのですが。
だから「徹底活用」というのはどうかな?という疑問がわきました。構文等をひたすら学ぶには良いかもしれません。しかし国語辞典を指し示して、この辞書を持ってして日本語を徹底活用するぞって言っても、それは違うだろうというのと似ています。まあ、本書は辞書ではないのですが、ひたすらサンプルリストを試すというスタイルでは少し退屈です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
RDBと仕組みが異なる、Bigtableの入門の第一歩に役立ちました。

解説文では少し端折っている部分が目立ち、一度読んだだけでは頭の中が「?」になりますが
何度か読み直すと理解できる程度ですので★4つです。

カバーが紫色っぽい「オープンソース徹底活用 Slim3によるWebアプリケーション開発」という、
もうひとつのSlim3の本がありますが、こちらは設計寄りの内容なので、先に本書を読むことをオススメします。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告